和(kazu)スペース

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

金沢の魅力的建築物

2017-04-18 22:31:19 | 旅行
金沢市内は歴史建築と現代建築が違和感なく共存しているところが魅力的である
 
 
金沢城は咲き誇る桜を更に引き立て、存在感に満ち満ちていた

 
石川県立博物館:重厚なレンガの外壁                                   「旧陸軍金沢偕行舎(かいこうしゃ)」:明治ロマンを感じさせる建物                             
 
しいのき迎賓館:旧県庁の趣きを残す憩いの場                                 石川県立能楽堂(右):能舞台とミスマッチの洋風建築 

21世紀美術館のコンセプト
 ・まちに開かれた公園のような美術館
 ・多方向性=開かれた円形デザイン                            
 ・水平性=街のような広がりを生み出す、各施設の並置
 ・透明性=出会いと開放感の演出
 
 
 
 


ひがし茶屋街:江戸時代の雰囲気を残しており重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている
 
 
 

長町 武家屋敷跡:サムライの時代にタイムスリップしつつ、ところどころに九谷焼の器やアクセサリーのお店も
 
 
 
 
 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学卒業45周年クラス旅行プ... | トップ | 金沢城の石垣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。