西やん中洲にいます。

西やん60歳、日々の出来事独り言

思い出話79 【仕事の辞め方9】

2017-02-11 19:49:55 | 思い出話
こんばんは。

今日は、休日出勤+夜の仕事の日です。
今日のペアは、おしゃべり好きの Tさんです。

昨日は、『セクハラ』があって、当時の課長を追放した事を書きました。
ただ、私にとっても、相当な賭けでした。

その後は、所長が替わり、本社の部長が兼務され、やはり、毎週2日ほど来られる体制が続きました。

福岡の事業所の管理職は、私と事務を担当する自衛隊OBのM課長の2人になりました。
その頃から、私は出張などで事業所に居ない時を除いて、最後に帰宅するようにしていました。

若い人が多く、一人二人で残業をして、もし問題が起きた場合に、無駄な時間を使う事になるからで、私は居ても、自分の仕事をして、手出しをする事はありませんでした。

私が転職で入社したのは、福岡に事業所が出来て2年目の平成4年4月でした。
事業所開設時には、所長、課長、係長の3人が本社から来ていて、地元の中途採用が3人。新卒が、男性2人、女性4人でした。

私が入社した日に、他に中途採用が1人。新卒が男性2人、女性6人が入社しました。

新人の割合が多く、大変でしたが、それぞれ、少しずつですが、育ってくれました。
それぞれが2年目を迎える頃から、徐々に力の差が見えてきます。

でも、早いか遅いかはあるのですが、だんだんと、あるレベルには到達するものです。

ただ、私の入社前に新卒で採用された男性2人は、育たなかった。
3年、4年たっても覚えが悪く、性格がおとなしく、前に出る積極性もなく、客先に出すための面接に行かせても、ことごとくNG。
当然、同期だけでなく、後輩にも抜かれ。

彼ら2人を見ていて、この先も、この仕事で伸びるのは難しい。私達は、技術職で、営業や事務の部門がある訳でもないので、配置転換と言う事もできない状況。

入社4年か5年目の頃、2人を面接しました。それで。
『このまま続けて、5年後、10年後の自分の姿が描けるか。』
『他に自分に合った仕事を探した方がいいんじゃないか』
と諭すように、その方向に持っていきました。

それは、評価に差が付いたとしても、若いうちは給与面での差は大きくなく、昇進を伴って、顕著に差が出てきます。
昇進の目処もたたず、後輩に抜かれていくのも、本人にとってきつい面もあるであろうし、仕事の差があっても給与の差がないと、周りの士気にも関わります。

そうして、向いていない事を伝える事も、時には必要ではないでしょうか。


ドライバーKさん。
やはり、向いてないかな。

昨日、2時過ぎに2人の方を送って、お店に戻ったのが3時頃だったそうです。
一昨日、私がほぼ同じコースを走り、店に戻ったのが、2時40分頃でした。

『何処を走ってるんだろう?』
これが、みんなの疑問。
ただ、いろんな話を総合すると、頭の中で、道がつながらないような感じです。
地図が読めないというか。

一度走ったコースを外れると分からなくなるので、分かるところまで戻っている感じです。応用が利かないというか、新しい道を覚えようとしないと言うか。

私を含めた他のドライバーは、ルートに関して、情報交換をするのですが、Kさんは全くしません。

いつまで、この状況が続くかな。


忙しくなり、少しずつ入力していたので、日が替わってしまいました。

では、また。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の私は813 【2月11日の... | トップ | 今日の私は814 【2月12日の博... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思い出話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。