のんびり散歩

ぶら~りと歩きながら、家々のガーデニングを楽しみです。

別れ

2017-08-10 11:15:12 | 日記

あの日から一週間余が経ちました。

あの日(8月4日)携帯電話にAさんから (ある人の死)を知らされました。

Aさんは、先輩にあたる同僚で長い間一緒に働いていた人です。

(ある人)とは 以前お世話になった職場の「社長」です。

「社長」が、脳梗塞で倒れられたのは 平成21年の12月でした。

脳梗塞の後遺症は {重く、厳しい}・・人生が一変しました。 

右半身不随は利き手の自由を奪い 立つことも出来ずにベッドに身を臥す

日々が始まりました。

更に、言語をつかさどる機能がマヒしたせいで

声と言葉を失いました。 アーとかウーの声も出ません。

治療と リハビリを続ける闘病は 8年間余の長い年月でした。

 

当初は自宅療養が 数年間続き 体調を崩すたびに短期入院を

繰り返すも、「回復の兆し」はなく 痩せて弱々しい姿から

”笑顔”が消え、無表情となり 話しかけに 目をパチパチさせて応える

「会話のキャッチボール」がなくなりました。

その頃から{見舞い⇒会いに行く}のを ためらい

遠慮する自分がいました。

 

昨年の2月に「誤嚥性肺炎」を発症し病院からそのまま

「施設に移動」された事は 奥様から聞き案じていました。

ずーと、寄り添い心を尽くされた「奥様」にエールをおくります。

いつかは来るであろう(別れ)は心の隅で覚悟をしてはいたものの、

すぐには受け入れることが出来ずにいました。

 

昔の同僚達4人で、弔問からお通夜、そして告別式に参列しました。

奥様は 喪主として 今まで涙を見せずに気丈に振る舞われました、が、

最後のお別れの時、人目も気にせず「棺にもたれかかり ご主人さまの

お顔」に触れながら声をあげて泣かれました。。

別れの儀は、参列の皆さんの嗚咽とすすり泣く声が聞こえて

悲しいお別れとなりました。   

 

   8月3日 17:16 侘  享年69歳  合掌 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
かなしい
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甘いかな 🍈 | トップ | 別れの後で・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (soramame)
2017-08-10 17:18:44
読んでいて涙が出てきました、いつかは来ると思っていて

も別れはかなしいですね.本人も奥様も大変でしたね。

これからは、自分の人生を楽しんでもらいたいです。
 (ななちゃん)
2017-08-11 21:32:37
Soramameさん、有り難うございます。

脳卒中の怖さは「半身不随」の後遺症ですが、過酷なリハビリを行うには他の持病があり うまくいかなかったようです。

喋る事が出来ない現実は「意思の疎通」が出来ずに ストレスでしたね。
奥様の献身的な看病&介護は 長期にわたり ご苦労やご心痛は、いかばかりと察しました。

生きるって 心身ともに健やかであることなんですね。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。