のんびり散歩

ぶら~りと歩きながら、家々のガーデニングを楽しみです。

花のお寺へ・②

2017-06-19 14:28:07 | 日記

四季花の寺 本土寺)は奥に進むと 花菖蒲の池があります。

 6月15日(木)  「花菖蒲」と「紫陽花」が見頃でした。

 紫陽花」と「菖蒲」の両方を見る事が出来て、

    とても得をした気分になります。

 色とりどりに綺麗な花を咲かせて、

    境内は{参拝客花見客}で賑やかでした

 菖蒲池」の木道の所々に

休憩スポットが設置され 腰を下ろして「花観賞」が楽しめます。

 本土寺」は、源氏の名門の屋敷跡と伝えられ 

     重厚な建造物が自然の景観と相まって

      散策していて 落ち着ける「空間」です。 

 木陰はさわやかでも、15日は晴天で気温は上昇する昼下がりです。

花見お客さん」は、日焼け防止に帽子や日傘で、

熱中症対策には水分補給と飴をなめて防衛対策はバッチリでした。 

               

 

 私の目にとまった二人のご婦人は、

   「着物をお召し」になっていらっしゃいました。  

    立ち振る舞いが美しく (素敵なお方)と印象的でした。 

 

 梅雨入り後は 雨が降らない関東地方です。

   「紫陽花」と「花菖蒲」は生き生きと「」を咲かせて

    見る者に{癒し和み}を分け与えてくれます。

 

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花のお寺へ・① | トップ | 清々しいブルーの景色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。