ゆみちゃんの365日

日々の出来事を綴っています。

1年ぶりのご対面”御衣黄桜”

2017-04-20 17:04:29 | 

4月20日(木曜日)
3年前に城陽市尼塚第七公園で初めて見た御衣黄桜。それまでは、宇治田原町の公園に咲いているウコン(鬱金)を御衣黄と教えてもらい、疑わず愛でていました。
間違いに気づいたのは、テレビを観ていた3年前のことでした。「ウコン(鬱金)」の紹介でしたが、宇治田原町で毎年見ている桜と同じです。

これはおかしいと、ネット検索して両者の違いを調べました。御衣黄は、「花弁に葉緑素があるため、開花が進むにつれて、花弁の中心に紅色の縦線が現れてくる」と記述されています。決定的な違いは、花弁の数は御衣黄が13枚。ウコンが10枚と12枚。
今年もぼちぼち咲いているのではと、1週間前に尼塚第七公園に行きました。桜の木は短く切られ、花はまったく咲いていません。リベンジで本日再度行きました。御衣黄は薄緑色なので、遠くから見ただけでは、咲いているのかどうか分かりません。
石段を上がり、右手に御衣黄の木が有ります。

傍に行くと「お待ちしていました」と御衣黄が歓迎してくれます。

1年ぶりのご対面!

花弁は口紅を付けて、 「口づけして!」と訴えています。 いいとも!
チュッ! おそれ多くもしちゃいました。

【参  考】
1.御衣黄は、天皇家や貴族しか着ることが許されなかった高貴な「御衣」の色に似ていることからついた名前です。
2.京都で遅咲きの御衣黄、鬱金を観賞できる「お寺、神社」は、平野神社を筆頭にあちこち有ります。

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これは何だ! gooブログラン... | トップ | 夏野菜の植え付け”ゴーヤー編” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。