ゆみちゃんの365日

日々の出来事を綴っています。

牡蠣&アグー豚のしゃぶしゃぶを食す

2016-10-12 01:46:35 | 食事処

10月10日(月曜日) (祝日:体育の日)
夕食を食べる予定の店「アダン烏丸店」は、17時30分オープンです。開店まで40分ほど有り、時間つぶしに錦市場に入りました。錦市場は、今年何年かぶりに散策しましたが、外人の観光客の多さにはビックリしたものです。
高倉通りから市場に入り、真っ先に目についた店は「かき屋 だいやす」です。

入口のカウンターが空いていたので、酒でも飲んで開店時間まで過ごしましょ。メニユーにあるアレコレを言うとどちらも売り切れ。店の方に聞けば、「開店時間の早いうちに来ていただければ食べれますよ」。

焼き牡蠣は産地によって値段が違います。2個540円の安いやつを注文。

高いやつは1個が630円しています。
日本酒を頼み、牡蠣を食べながらチビリチビリと飲みましょか。飲んでいると隣の席に女性が座りました。
彼女の注文した品も売り切れ。同情して声を掛けました。京都美術館で開催(10月4日 - 12月4日)の江戸時代に活躍した画家伊藤若沖(いとうじゃくじちゅう)生誕300年 の絵画展を、関東からはるばる見に来られたようです。
彼女も友達との待ち合わせ時間調整中。

牡蠣フライ 720円

5時半になり、「京都を楽しんで下さいね」と別れの挨拶をして「アダン烏丸店」へ。錦市場のシャッターには、数軒アートが施してあるを先日報道で知りました。これですね。

錦市場の中で食べたのは初体験。私の頭の中は「錦市場は高級食材があるが値段が高い」と刷り込まれています。

【アグー豚のしゃぶしゃぶ】店長の由里さんは、沖縄の店に3カ月ほど行き、この10月から再び勤務です。挨拶がてらに行きましたが、残念ながら本日はお休み。この店には、ヤンバラー宮城のライブでちぃちゃんがゲットした、泡盛の甕が”ゆみちゃん”名義で置いて有ります。7月31日に行った時は、これが有るのをすっかり忘れていて、まだ未開封です。
「ゆみちゃの甕をお願いします」

注文するのはアホの一つ覚えの「アグー豚のしゃぶしゃぶ」。2カ月ぶりの「アグー豚のしゃぶしゃぶ」。一人で味わうしゃぶしゃぶ。涙を流しながら食べました。

相変わらず美味い!シメに沖縄そばを鍋に投入するのですが、今夜は牡蠣も食べているのでポンポン。「ソバは要りません」
お一人様で「しゃぶしゃぶ&泡盛」の支払いは2,000円でお釣りが来ました。 ビックリ!かき屋で支払った金額より20円安いぞ。帰宅するとまだ8時になっていません。 「どうしたの?遅いと思っていたのに」と女房は聞きます。「かくかくしかじか」早く帰っても遅く帰っても私は心配のタネ。 「心配無用。大丈夫」と言いたい所ですが、オトシですからね。

【お店情報】
かき屋 錦 だいやす
・住所:京都市中京区中魚屋町509
・営業時間:12時~20時(L.O19時30分)
・定休日:水曜日
・電話:075-221-0246

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第二回山科弦祭. STRINGS R1 ... | トップ | 美味しい丹波の枝豆を食す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。