ゆみちゃんの365日

日々の出来事を綴っています。

LAKUIMO(ダイショ)植え付け完了!

2017-05-18 23:38:54 | 家庭菜園

5月18日(木曜日)
京都府立大がヤマノイモ科の「ダイショ」を使って、「緑のカーテン」づくりの実験を始めたのは今から6年前です。
この苗を女房が1ポット70円で買って帰り、植えたのが我が家のダイショイモとの出会いです。
「緑のカーテン」と言えばゴーヤーが代表ですが、ダイショの葉はゴーヤーよりもはるかに大きく、一番効果があるのではないでしょうか。3年前からJAグリーンマーケット精華店に販売が移管され、これを機会にネーミングをLAKUIMOに。ネーミングだけであれば何も問題は有りません。苗の値段が70円から250円になったのが痛いちゅうの。従って、植え付け本数が当初20数本から、昨年はたったの4本に減ってしまいました。減らしたのは値段ばかりが理由では有りません。南方系のイモなので、寒さに弱く保存が難しくて大変です。腐らしても、苗が70円であれば気にはしませんが、250円ともなると大分県別府市。しかも、苗1個に出来るイモはたったの1個。そんなんこんなんで、今年は6本買いました。

楽しみは収穫の10月下旬です。スライスして炒めて食べるも良し。長いもと同じようにすって食べるも良し。また1個の大きさが大きいのがこのイモの取り柄。1~3キロと千差万別ですが、昨年は4キロの物が収穫出来ました。

本場沖縄では、重さを競う大会が有ります。気候が適しているのでしょう、何と50キロ越えも。写真を見て、腰が抜けて立てなくなっちゃいました。これを持てと言われても絶対無理。今年は6本植え付け完了!

 植えようと思えば、後4本のスペースが有ります。1本300円で、貴女の名札をぶら下げて、収穫時期に自分で掘ってもらいましょう。この企画はいかがでしょうか。手を上げる方がいれば、来週植え付けますけど。

【参  考】
1.苗の販売
JAグリーンマーケット精華店
・住所:木津川市精華町祝園西1丁目3-5
・電話:0774-94-5698
・営業時間:9:30~17:00
2.ダイジョ(大薯、ダイショ)は、ヤムイモ(Dioscorea 属の食用種)の1種の芋類。学名 Dioscorea alata。シンショ(参薯)、デンショ(田薯)、オキナワヤマイモ(沖縄山芋)、タイワンヤマイモ(台湾山芋)、ウベ (フィリピン語:ube)、パープルヤム (purple yam)、ウォーターヤム (water yam) とも。
沖縄ではこの芋を塩と油で炒め、お正月に使われてる。沖縄では方言名ヤマウム、ヤマンムと呼んでいる。

 

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海老で鯛を釣る | トップ | ゴーヤーの棚作りに助っ人登場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。