ゆみちゃんの365日

日々の出来事を綴っています。

感動の ”琉球國祭り太鼓 京都支部15周年記念公演”

2016-11-07 02:08:29 | 音楽

11月6日(日曜日)
今日は宇治市文化センター大ホールで、琉球國祭り太鼓 京都支部15周年記念公演です。
京都支部長の梅本澄子さんとは、城間健市さんのライブで知り合ったライブ友達です。彼女は満席のホールで、創作エイサーを演じるを夢見ています。大ホールは1、200名のキャパなので、少しでもお役に立てればと前売りチケットを2枚購入。
開場は12時半。開演は13時。座席指定なので、チケット購入に並ぶ必要は有りません。
開場時間の12時半に到着。運良くホールに近い駐車場に置けてヤレヤレです。

指定席は私が10列20番、女房は21番。席に行くと「ゆみちゃん!」の声。何と隣がライブスタジオ58の嘉数夫妻では有りませんか。指定席はホールのほぼ真ん中です。早目の予約だったので、見やすい席を配慮してくれたのか? きっとそうだ。
開演の1時になると、大ホールはほぼ満席です。エイサーの演舞で、これだけのお客さんを集めたとは流石!
琉球國祭り太鼓の皆さんが、頑張ってチケットを販売された成果です。良かった良かった。
京都支部15周年記念公演の始まりです。会場での演舞の撮影は禁止なので、お見せ出来ないのが残念です。
京都支部のために、全国各地の支部から仲間がやってきて、一緒に演舞です。
集まって来たのは、宮城支部・東京支部・愛知支部・福井支部・兵庫支部・大阪支部・奈良支部・香川支部・徳島支部・大分支部・沖永良部支部・京都支部
30~40人が太鼓・パーランクを打ち鳴らせば胸に響きます。小さな子どもから大人まで、一糸乱れぬ演舞は圧巻です。休憩の15分間にゲストに見えた、「くぼちよ店長」が三線を弾き、沖縄民謡”安里屋ユンタ”など3曲唄ってくれました。
二部が始まると、石垣島の池田真作さんもゲスト出演。
【参 考】石垣島在住ミュージシャン。2010年上海万博出演。ハワイなど海外公演を、琉球國祭り太鼓とともに盛り上げた。ソロ活動の傍ら『ミルクムナリ』などで知られる日出克バンド『ASIAN-MIX』のバンドマスター&ベーシストとしても活躍。また、石垣島ではウィングキッズリーダーズの舞台オヤケアカハチ~太陽の乱~のボーカル&ギターも努める。
ギターに三線と3曲ほど歌ってくれました。今度アルバムの3枚目を出すだけあって歌の上手なこと。
獅子舞もコミカルな演技で、皆さんを楽しませてくれました。子どもの獅子舞、大人の獅子舞が4頭。ステージの上を転げまわります。獅子の中には女性が入っているようです。
終わった後も、ホールの外で大モテ。帽子の方が池田真作さん。

獅子に頭を咬んでもらえば賢くなります。大人も子どももカミカミしましょね。

2時間半の幕が下りました。 ”アンコールアンコール”の声と手拍子が鳴りやみません。
エイサーでもアンコールに応えてくれるんかいな?
幕が上がった!会場の皆さんと一体になって歌いましょう。「笑顔のまんま
琉球國祭り太鼓 京都支部15周年記念公演は大成功。
行って良かった。観て良かった。静と動を織り交ぜた、約20の演舞は感動ものでした。感動を有難う!
琉球國祭り太鼓の皆さんの素晴らしい演舞に拍手を送りましよう。そして15周年おめでとうございます。
ロビーでは支部長:梅本澄子さんのやりきった笑顔が。

お疲れ様!

本日の動画では有りませんが、ご覧になってお楽しみ下さい。
【演 目】
一部
かぎやで風 
瀧落し 
・紅いも娘
久高節 
・スーリ東
かりゆしの夜 
五穀豊穣 
シンカヌチャー 

休憩15分間

二部
神々の詩 
一合まいた 
島人の宝 
海やから 
獅子舞 
アブジャーマ 
天敬 
時を越え 
三線の花 
ミルクムナリ 
アッチャメー 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリズンのアイドルPaix2(ぺ... | トップ | コスモスを愛でる”コスモス寺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。