ゆみちゃんの365日

日々の出来事を綴っています。

小さな魔女が三人やって来た!

2016-10-30 12:16:39 | ニュース

10月30日(日曜日)
ピーンポ~ンとインターホンが鳴り、画面を覗くと子どもが三人立っています。

孫と遊ぼうと来たのかな?と玄関に出ると、 「お菓子をもらいに来ました」と言います。
そうかハロウィーンには、子どもたちが魔女やお化けに仮装して、近くの家々を訪れてお菓子をもらったりするのは知っています。今まで我が家に、近所の子どもが仮装して来たことは有りません。
「ちょっと待っててや」と言って、お菓子を取りに帰りました。ジイ爺は、孫が来た時の菓子を買って置いております。
菓子袋4個を持って「はいどうぞ!仲良く分けてね」と手渡しました。「有難うございました!」と可愛い魔女は、喜々として次の家に。
京都市内に出かければ今夜、明日の夜は、仮装した若者を沢山見ることが出来ます。野次馬は行ってみましょうね。

10月31日孫の登校時に写真を見せ、「何年生かな」と聞きました。 「左から2年、3年、4年」と背の高さの順番でした。

【参  考】
ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英: Halloween または Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝のひと時 | トップ | 子どもも大人もハロウィーン! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいじゃない (おんちゃん)
2016-10-30 20:31:56
ハロウィンって外国からきた風習だけど,バレンタインよりも人気があるっていうじゃない。
子どもたちも若い人たちもたのしんでいるみたいですね。
ゆみちゃんも仮装してみたら。
アホなことは言わんといて! (ゆみちゃん)
2016-10-31 09:29:53
都会では大人が仮装して楽しんでいます。
飲みに行っても、店員さんも仮装していました。

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。