ゆみちゃんの365日

日々の出来事を綴っています。

牡蠣三昧

2017-07-08 02:45:06 | 食事処

7月7日(金曜日)
大津市和邇の病院で治療を終えると2時過ぎです。昼食は何にしましょうか。   「魚が食べたい!」
魚料理であれば、和邇から北に向って15分の、JR湖西線北小松駅前の「ファミリー れすとらん ひろせ寿し正」が、安くて美味しく、お気に入りの店。それでは行きましょうか。
蓬莱駅を過ぎ「かき小屋」の海鮮のノボリが目に入ります。

「ひろせ寿し正」が昼の営業時間が終わっていたら、ここで食べようと決めて行きました。2時20分に到着するも無情にも「準備中」の看板が玄関に。
昼の営業時間は2時半までですが、ラストオーダーは2時のようでした。迷うことなく「かき小屋」へ。

昼時を過ぎているので、お客さんは我が家だけです。ランチメニューは1,300円で各種有ります。どれにしようか悩みます。

私は「カキフライ定食」で、女房は「春巻き定食」を頼みました。50円でご飯が「カキご飯」に変更出来るとのことで、二人ともそれにしました。窓側に座れば、この店のロケーションはグッドです。琵琶湖を眺めながら食事が出来ます。

待つこと7分。定食が運ばれて来ました。

揚げたてのカキフライは熱い!美味い!
赤出汁の中にもカキが1個入っています。

カキご飯の上にはカキが2個。カキフライは4個付いているので、1個は女房の春巻きと交換して味見しましょか。

春巻きの中にはカキが1個入っています。これまた美味しいね。
カキフライのカキは、プリプリの大粒のカキで少々時間が経過しても熱い!
食いしん坊の奥方は舌をヤケド・・・。この店は卓上のコンロでBBQが売りのようです。

運転手がおれば、ビールを飲んで、食べておしゃべりして過ごしたいぞ。
店内を見渡せば、広島県呉の「江田島」がやけに目に入ります。

経営者の方は海上自衛隊出身かな?
呉は何かと縁が有ります。高校時代は水泳の中国大会で行き、職場では呉出身のオバサマから毎年のように牡蠣をいただき、息子が海上自衛隊の時、江田島の学校に入校のときは、車で舞鶴から呉まで送りました。懐かしい思い出がよみがえって来ます。
本日の「えたじまオイスター かき小屋」も、お気に入りの店の一つになりました。

【お店情報】
えたじまオイスター かき小屋
1.住所:大津市八屋戸2-2
2.電話:077-592-0125
3.ランチ:11:30~15:30(L.O 15:00)
  ディナー:17:00~21:00

『滋賀県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深夜のアシダカグモ騒動 | トップ | びわの葉を求めてネット友達来訪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食事処」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。