のんびり日々の生活

お花と手作りが好きなのんびり主婦の日々の生活

ランチ、図書館、神社、温泉など武雄を満喫…

2017-07-17 15:29:58 | 日記
祐徳稲荷神社のある鹿島市から武雄市まで車を走らせます。

武雄市に着いたら 今回 行きたかった「餃子会館」でお昼ごはん…



餃子会館の近くに行くと駐車場を待つ車が並んでいて お店の前にもたくさんの方々が順番待ちをしていました。

名前を書いて 順番を待ちます…

10数組待ちでした。

「お腹空いたね〜」と待っていると待つこと30分くらいで名前を呼ばれました。

餃子会館はもちろん初めてで、行列ができる美味しい餃子屋さんが有ると聞いて 主人は餃子が大好きなので 是非 行ってみたいと…!!

2階建で80席くらいある広い店内です。

餃子会館名物の「ホワイト餃子」2人前注文…

1人前8個なので結構 ボリュームがあります。



揚げ焼きになっていて 皮も厚めで一個が大きい〜

熱々で美味しかったです。

やはりラーメンも食べたいねと「もしもしラーメン」と、



みそラーメンも注文…




看板メニューの「もしもしラーメン」というネーミングが面白いくて どんなラーメンだろうと思っていたら あっさりしている豚骨ラーメンでした。



お値段もリーズナブルでした。

食べ切れるかなと思っていたけど 完食しました(^。^)

餃子会館の後は武雄市図書館へ…





図書館とTSUTAYAとスタバが一体化した武雄市図書館はオープン当初は多くのメディアにも取り上げられていましたね。

図書館に入るとコーヒーの香りが漂い、軽音楽が流れていて 公共の図書館とは思えない オシャレな雰囲気…




スタバでティータイム…

図書館はすごく混み合っていて、やっと席を確保して スタバの新作「キーライム クリーム&ヨーグルト フラペチーノ」を飲みました。



ライムが爽やかでヨーグルトでさっぱり…夏らしい美味しいフラペチーノでした(^^)

館内は天井も高く開放的で居心地も良く 近くにこんな図書館と本屋さんとカフェがコラボした施設があったらいいな〜と思いました。

その後は武雄市図書館から直ぐの所にある「武雄神社」へ…




武雄神社を参拝した後は 境内にあるご神木の武雄の大楠をみました。




途中 竹林の中を歩きます…




そして立派な大楠が見えて来ました。

ほんとに神秘的な光景でジブリの世界みたいです…

陽が差し込んで なんだか幻想的…





このご神木の大楠は樹齢3000年、高さ27m、根回り26mと巨大な大楠…

根元にある空洞の中は12畳くらいあり 天神様を祀った祠があるそうです。




自然の偉大さを感じた神秘的ですごくパワーをもらいました。

心洗われるような光景でした。

見事な大楠を見て 帰っていると 仲良く並ぶ 二本の檜が…



上を見ると 2つの木が繋がっていました。



夫婦檜(むすびの檜)…



縁結びの木でもあるみたいなので しっかりお参りしました。

初めて訪れた 武雄神社でしたが、神秘的で迫力のある大楠、そして夫婦檜…

自然の力を感じるパワースポットでした。

御朱印も頂きました。



その後に立ち寄ったのはやはり武雄と言えば温泉…

武雄温泉へ…

武雄温泉大衆浴場の入り口の「武雄温泉楼門」…



敷地内には元湯、蓬莱湯、鷺の湯の3つの浴場があり、私たちは「元湯」に入りました。





元湯は140年以上の歴史をもち、日本に既存する中で最古の木造大衆浴場だそう…

汗をかいていたので 雰囲気のあるお風呂にゆっくり入れて ほんとに気持ち良かった〜ヽ(´▽`)/

鹿島市で日本酒 鍋島が買えなかったので 主人はどうしても買いたかったらしく (福岡ではあまり手に入らないらしいです)、武雄市で鍋島を販売されているお酒屋さんを探し、無事に「鍋島」も買えて良かったです(^^)

そして佐賀から柳川市に向かい 夕ご飯は柳川で「うなぎのせいろ蒸し」を食べて帰りました。

長くなるので次のブログで…(^^)/~~~














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祐徳稲荷〜武雄方面へドライブ | トップ | 「若松屋」でうなぎせいろ蒸し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。