ゆみなのteatime

飼い猫なっちゃんの写真 淀川長治映画友の会で育った映画好き 全国一の宮神社巡り などなど・・・

鉄道小説

2017年05月18日 | 読書

  最近 鉄道の小説にはまってます。

  ・・・で お勧めの文庫をあげて
  
  みました!

  「女流阿房列車」 酒井順子著
    新潮文庫  490円


   内田百閒の 阿房列車 を真似て
   著者が 秘境駅を訪れたり
   一日24時間 鈍行列車に乗って
   どこまで行けるか? に挑戦したり
   結構 面白くて 乗った気になりました。

   「旅屋 おかえり」 原田マハ著
     集英社文庫 600円


    これを読んで原田マハが好きになり
    一時 原田マハの物を読み続けた記憶が
    あります。
    失敗ばかりの売れないタレントの丘えりか
    が依頼人の代理で 秋田の角舘へ
    或は愛媛県内子町へ 旅をして人々を
    笑顔でつないでゆくという・・

    ローカルの鉄道の魅力と
    あたたかい雰囲の読後感がお勧め
    大好きな1冊です。

   「鉄道少年」 佐川光春著
      実行之日本社文庫 620円


    これはちょっとミステリー感覚の小説
    謎に包まれたひとりの鉄道少年の生い立ちを
    探りながら青函連絡船 中央線 東海道線
    そして 私も乗った事のある相模線
    相模の国一宮の寒川神社も出てきます
    DD51形やキハ81.20系の客車など
    鉄道の知識にも触れて 面白いです。

   「ローカル線で行こう」 真保裕一著
     講談社文庫 880円


   

   真保裕一は数々の賞を受賞した強者ですから
   面白くないはずがありません。
   ちなみに2017年本屋大賞も取ってると思います
   舞台は宮城県の赤字ローカル線もりはら鉄道を
   再生しようと立ち上がる主人公たちの活躍を
   描いて 事件あり 笑いあり 涙ありの
   盛りだくさん! 面白くて途中で降りられなく
   なる事 必至です。

   「D列車で行こう」 阿川大樹著
     徳間文庫 629円

   著者は東京大学在学中に野田秀樹らと劇団を
   立ち上げた経歴を持ち その後半導体集積回路
   のエンジニアになってシリコンバレーに行ったり
   している人 それを頭に入れて読むとなるほどと
   思う箇所も出てきそう。 ストーリーは上記の
   「ローカル線で行こう」と良く似ていて地方の
    廃線が決まっている赤字のローカル線に
    一方的に肩入れして なんとか再興してしまおう
    というお話。 真保裕一にはちょっとかなわない
    けど こちらも楽しい。

   「終電の神様」 阿川大樹著
     実業之日本社文庫 593円


   終電に乗る人達のそれぞれの人生を浮かび
   あがらせて 感動的に つないでゆく
   阿川大樹は D列車で行こう よりこちらの
   ほうが 好き。 帯には感動のヒューマン
   ミステリーと書いてある
   なかなか良いです 心温まる1冊です。

   
   近頃 一宮に出かけるとローカル線に乗るので
   ローカルの魅力にはまってます。
   鉄道に乗りたいなあという気持ちを
   刺激してくれる 小説たち

   乗り鉄ファンのあなたに お勧めの文庫です


  
  
  
    

      
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イップマン継承 | トップ | 人生フルーツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む