私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記

なんということは無い日常の備忘録とあわせ、好きな映画、ソン・スンホン(宋承憲)の事等を暢気に書いていく予定。

番人 第13~16話

2017-06-14 21:05:56 | 番人 韓国ドラマ
神父が自分たちに関係しているだけでなく、更にその裏に別の人物がいることが確実だと思う3人だが、自分たちが法で裁けない人物を裁くだけでなく、警察に追われる立場にもなってしまったのだ。話はさらに複雑になるも、もう逃げ道はない。とにかく隊長の指示を待ちつつ、警察からも逃れなければならなくなる。

自分を除く家族が惨殺されたことがトラウマとなり外出することが出来なくなってしまったボミだが、犯人は逮捕されないままだ。さらにそれだけでなく、生き残っているボミを探し回っていることが分かる。

しかし一緒に仕事をしているギョンスの前にも姿を現さない彼女だ。危なくても逃げ出すことも出来ない。
寝ていた姉を起こしたばかりに、自分の代わりに姉が死んでしまったことや、自分だけベットの下に隠れて生き残ってしまったことがトラウマになってしまっているのだ。

しかしそんな彼女もジスが銃で撃たれたのを防犯カメラで目撃し、彼女を助け出すためにとうとう部屋の外に出ることになるのだ。
(この彼女のエピソード ジスのエピソードよりも、現実味を帯びている・・・応援せずにはいられないエピソードだ。)

銃で撃たれたジスは、検事のドハンにこっそり助けられた後に神父に預けられるのだが、この神父様がうそをつくのが上手ではないため、裏があるのがばればれだ。
しかし刑事でさえも買収されて、犯人隠匿に一枚かんでいるのだ。検事にも神父にも、誰にでも秘密があるのがこのドラマ。
ジスも何か裏があるとは思いながらも、自分の娘の復讐、トラウマを克服しようとしているボミの復讐も助けなければならない。なかなか謎の正体までにはたどり着かないのだ。

*****
ドハンが自分に復讐しようとしていることに何故検事長のユンが気づかないのか気になるし、検事のドハンは何をどんな風に復讐しようとしているのか・・・・

******
ドハン役のキム・ヨングァンが影の隊長役の割に若すぎるのがちょっとだけ気になる・・・・



『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さよなら カール | トップ | パトリオット・ディ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL