私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記

なんということは無い日常の備忘録とあわせ、好きな映画、ソン・スンホン(宋承憲)の事等を暢気に書いていく予定。

ジェイソン・ボーン

2016-10-08 21:01:56 | 映画鑑賞
かつての同僚だった女性が突然自分の前に現れ、現在のCIAの動向を知ったことで慌ただしくなる彼の身辺。

スノーデン事件以降というセリフが何度も繰り返される事からも分かるように、時間が経ち確実にCIAを取り巻く状況は変わってきているはず。
それにも関わらず彼の存在はCIAにとっては危険なままだ。
満を持してのタイトル@ジェイソン・ボーンからも分かるように、彼は姿を消していても全然過去の人物になっていないのだ。

ジェイソン・ボーンが過去の人物になっていないのは良くわかった。
行動パターンも昔のままだ。走る姿にやや年輪が見えなくもないが、アテネ、そしてラスベガスで、これでもかという位繰り返されるカーアクションは昔のまま。
正直、ラスベガスのカーアクションシーンは、現実離れしており、やや笑ってしまったほどだったが・・・・・

******
今回は主人公を演じるマット・デイモンより、CIAの新世代の代表のようなアリシア・ヴィキャンデルの存在感が凄い。
CIAの長官であるトミー・リー・ジョーンズに若くても実力がある所をアピールし、CIAが拭い去ることが出来ない過去の汚点であるジェイソン・ボーンの存在さえも自分のキャリアアップに活用しようとする強かさ。

次にどんなアプローチがあるのかは分からないが、彼女の存在が次につながりそうなのは確かだ・・・・・




ボーン・アイデンティティー (吹替版)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新大久保の国際化 | トップ | スンホン ネイバー記事検索... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL