私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記

なんということは無い日常の備忘録とあわせ、好きな映画、ソン・スンホン(宋承憲)の事等を暢気に書いていく予定。

パトリオット・ディ

2017-06-15 21:15:02 | 映画鑑賞
2013年のパトリオット・ディに起きたボストンマラソンでの爆発テロを描いた映画。

事件に関わる人のエピソードを取り上げつつも、事件が起きるまで、そして事件直後の様子は、ドキュメンタリー要素も感じられ、臨場感がある。
当時の映像がかなり沢山使われていると思われ(映像だけで音声の入っていないものや、各種提供された写真にかなりリアリティがある。)それが映画の映像と上手い具合に編集されているのだ。
マラソン大会のその場にいただけで、なんの罪もない人が爆発に巻き込まれる様子は、非常に理不尽な物を感じさせるが、犯人を捕まえる後半部分はかなり映画的な脚色が感じられる。
多分時間経過やその場の(犯人を捕まえて、平和な街を取り戻そうという)雰囲気は、多分かなりな精度で再現されているのだと思うが、根底に流れるマインドに、アクション映画としてのそれが感じられるのだ。

一度そんな風に感じてしまったため、「テロ」を憎む気持ちよりも、「平和な街を!安全なアメリカを俺たちの手で取り戻すんだ!」という、アメリカ的正義感がちょっとだけ気になってしまい、やや集中力がそがれてしまった。

実際に被害にあった方の「私たちは被害者でなく、平和の使者だ」という言葉は力強いものがあるが、この映画の持つポリシーがその言葉とイコールなのかは、ちょっと分からない・・・・

******』
中国語の先生は、アメリカ万歳という雰囲気が気になったとの事。
犯人の妻が、シリアでの出来事について言及する場面もあるが、かなり軽めな感じだったのも、ちょっと気になったようだった。




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番人 第13~16話 | トップ | 焼きジビエ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL