私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記

なんということは無い日常の備忘録とあわせ、好きな映画、ソン・スンホン(宋承憲)の事等を暢気に書いていく予定。

被告人 第11,12話

2017-03-06 21:27:22 | 被告人 韓国ドラマ
傷を負いながらもベットの横たわるハヨンの姿を見て、生き抜こうと決意を新たにするジョンウ。ソンギュに娘を託し、自分が捕まることでソンギュとハヨンを逃がすジョンウ。
(もちろんソンギュ達が隠れることの出来る場所を指示することも忘れない。)

辛いなかでも、誰をどのように信じればいいか、心の声にしたがって行動するジョンウ。
ジョンウが手術をしないまま刑務所に帰ってきたことを訝しがる女医もジョンウに治療を施そうとするし、義理の弟はジョンウを信じて脱走を手助けする。(女弁護士も脱獄後の着替えを用意する位だ。)
差し出すものが何もないジョンウを助ける人が段々と増えるのに比べ、金と権力で保身を図るミノの周りには、だんだんと敵が増えてくる。
ジョンウの言葉でミノを疑い出す刑務所所長もそうだし、実の母もミノの言葉など信じない。いくら双子とはいえ、どちらが兄でどちらが弟か分かるに決まっているのだ。

ハヨンを助けるために再び脱獄を計画するジョンウ。
脱獄というと、どうも一発逆転のような脱獄を想像していたのだが、なんと脱獄も練習あるのみ。毎夜毎夜脱獄のシミュレーションが繰り返され、ドキドキするような夜が何日も続くのだ。
刑務所内のどさくさに紛れて7つのカギを手に入れたことで脱獄は一気に現実味を帯びて来る。この刑務所にいるうちに脱獄しなければと同部屋の二人とともに脱獄するジョンウ。

そんなジョンウを刑務官という立場を危うくしてまで助けようとする義理の弟・・・・・

『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お嬢さん | トップ | 仕事と介護の両立支援・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL