私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記

なんということは無い日常の備忘録とあわせ、好きな映画、ソン・スンホン(宋承憲)の事等を暢気に書いていく予定。

オム・テウン・・・・・

2016-10-15 21:41:37 | 韓国ドラマ・映画
今年、日本の芸能界では不倫がキーワードのように途切れなくいろいろ話題になっているが、韓国の芸能界では性暴行というのがキーワードのようにいろいろ話題になっているように思う。

韓国の芸能界情報は、私が個人的なフィルターで自分の気になった情報だけをチェックしているということもあるし、実際に生活しているわけではないので、現地の感覚とちょっとずれているかもしれないが、それでもやっぱり性暴行という言葉は何度も何度も芸能記事で目にしたことは確かだ。

特にオム・テウンの事は、彼が出演していたドラマ@ウォンテッドを見終わってすぐの出来事だったので、残念という言葉しか思いつかない。

昨日、性暴行ではなく性売買容疑で送検という記事を見、更に寂しい気持ちでいたのだが、今日は日本の芸能関係のネットニュースにもこの件が上がっていた。
日本のネットニュース故、タイトルは直接的でとても短い。

ファンとしては寂しい・・・・・・



復活 コレクターズBOX [DVD]
クリエーター情報なし
JVD
『その他』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スンホン youtube 検索(俳... | トップ | アキバフクロウ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
・・・ (さくらこ)
2016-10-17 17:50:24
私も、ショックです。
『復活』の頃は、涙がなかなか出なかったのに、
娘のことになると、すぐ涙ぐんたりして、
アラアラと、微笑ましく思っていたのに。
あんまり芸能人に、こんな感情は持たない人間なのですが、
やはり裏切られた、のひと言に尽きます。
残念です。
Unknown (.....)
2016-10-17 21:48:03
さくらこさん

個人的には、プライベートで色々あるのは仕方ないとは思うのですが、彼の場合は、バラエティで見せる娘思いの姿とのギャップが大きすぎましたよね。

韓国人の同僚は「韓国のオバサマ達は絶対彼の復帰を許さないだろう」と言っていましたが。。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

韓国ドラマ・映画」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL