私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記

なんということは無い日常の備忘録とあわせ、好きな映画、ソン・スンホン(宋承憲)の事等を暢気に書いていく予定。

耳打ち 第13話

2017-05-15 21:25:19 | 耳打ち(韓国ドラマ)
ヨンジュの元に自分の秘密を握った秘書がいるのだ。
太白の代表であるスヨンの父の危機は続く。

恋人同士だったスヨンとジョンイルは、ヨンジュの言葉通り、あっという間に敵同士になり、全面対決だ。

ジョンイルは亡き父が残した「スヨンを信じるな」という言葉を思い出し、スヨンは「ジョンイルはお前を好きかもしれにが、それ以上にこの事務所を手に入れたいんだ」という言葉を思い出す。

太白の代表であるスヨンの父は警察署長に手を回し、自分のアリバイをねつ造するも、ヨンジュに捕まった元秘書は彼の妻の飲酒運転をもみ消したりと、警察署長の弱みを握っているのだ。
アリバイはあっという間に消滅。

ドンジュンの父の病院に圧力をかけ、ドンジュンの攻撃をかわそうとするも、「僕は父さんを捨てました。父さんの息子は弟だけです。僕はそんな風に父さんを捨てたんですよ。父さんも太白の代表を捨てたらどうですか?」と実の父に裏切りを勧めるのだ。

このドラマの怖いところは、法の番人である弁護士や警察がどんどん証拠をねつ造し、自分の有利なように法を駆使すること。

親世代があれこれ証拠をねつ造するのと同じように、スヨンは昔を懐かしむようなふりをしてジョンイルを感傷的にさせ、彼が過去の殺人事件について語ってしまう姿をこっそりビデオ撮影するのだ。

嘘泣きに騙されてしまうジョンイルも脇が甘すぎる・・・・・

今はすっかりヨンジュの側についているドンジュンも、太白の代表の座を手に入れたら、ヨンジュを見捨てたりするんだろうか・・・
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラシックティークリームフ... | トップ | 静かなバス停 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL