私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記

なんということは無い日常の備忘録とあわせ、好きな映画、ソン・スンホン(宋承憲)の事等を暢気に書いていく予定。

自己発光オフィス 第9,10話

2017-04-19 21:34:35 | 自己発光オフィス 韓国ドラマ
ホウォンの病気の事を会社の誰に電話で話してしまったのか探し出そうとするギテクとカンホ。
(この二人の同期愛が素晴らしい)

ウジンは彼女の病気の事が気になって仕方ない。
なんで病気なのに、あんなに明るいのかと、どんどん気になっていく様子が、「まぁ自分でも知らずに恋の始まりはこんな感じ」という雰囲気なのだ。

売上が今一つで厳しい状況の営業部とマーケティング部のいざこざ等ありつつも、ホウォンとウジンのコンビがちょっとずつ仲良くなっていく様子は楽しい。

しかもホウォンは激痛で倒れるも、ウジンに無事病院に運ばれ、更に激痛は、胆石が原因だったということが分かる。
ホウォン的には病気でなくてハッピー。ウジンが自分を気にかけてくれるようでハッピー。そして大好きなお医者さんも自分を気遣ってくれてハッピーと、今までの不調を全部挽回してくれるような状況になるのだが、好事魔多し。

自分の父から「お前は嫉妬深い」とダークサイドを鋭く指摘されていた医師は、深く傷つき、逆に会社に乗り込むべく各種画策していたのだ。
会長である父が倒れてしまい、後ろ盾が無くなったにも関わらず、それを逆手にとり会社の乗り込むことを決めたらしい。

自分たちがどうやって契約社員に選ばれたのか知り、ショックを受けることになる三人・・・・・

*****
ホウォンが命に係わる病気でないことが分かったということは、他に誰か病気の人がいたということ・・・・

それが誰なのかも気になる・・・

『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜間飛行 | トップ | ホット缶がない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL