私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記

なんということは無い日常の備忘録とあわせ、好きな映画、ソン・スンホン(宋承憲)の事等を暢気に書いていく予定。

師任堂(サイムダン)、色の日記 第15,16話

2017-03-23 21:14:54 | 師任堂(サイムダン)、色の日記 韓国ドラマ
20年前のサイムダンの苦しみを知り、馬を駆って彼女の元に駆け付け、こっそりファイムダンの夫が見ているとも知らず彼女を抱きしめるイ・ギョム。

今度は僕が君を守る番だというイ・ギョムだが、こういう軽率な行動が彼女および自分を危険に追いやることに気づかないのは、育ちの良さと今まで自分が権力争いに加わってこなかったせいだろう。
いつ殺されるかいつ裏切られるか・・・とびくびくしている王と違うのはこのあたりか・・・・
借金をしてまで流民をかばい、紙漉きを生業としようとしているサイムダンにとって、夫があまりにも頼りないとはいっても、逆にイ・ギョムが魅力的に映るのかどうかは不明・・・・・
彼女が賢母故、イ・ギョムに心変わりすることはありえない。このあたりの筋書きが読めてしまうのが、このドラマの特徴でもあるのだが、ドラマに刺激を求める私としてはやや物足りない所・・・・

ドラマの刺激といえば、なんとしてもサイムダンに勝ちたいファイムダンの飽くことなき嫉妬心なのだが、これがPTAの内紛のようで面白くもあり、既視感もあり・・・・
サイムダンが主人公故、この対決にスポットが当たってはいるのだが、悪事に関してはファイムダンの夫の方が何枚も上手だ。

高級紙である高麗紙の作り方を手に入れながらも、見た目は高級品、使ってみたら二流品というせこい方法で利益を増やし、更には役人の弱みを握って権力を手に入れのし上がるという古典的でありながらも、手堅い方法でポジション確保だ。
イ・ギョムがその粗悪品の紙に絵を描き、王にその紙の質の悪さをさりげなく伝える場面や、狩りの最中にファイムダンの夫がイ・ギョムに矢を向ける場面など、時代劇らしい心理戦で、スンホンの本格時代劇を楽しみたいファンとしては、奥様同士の対決よりも見どころが多いような気もする。


*****
スンホンファンとしては、馬に乗っての狩りのシーンや弓矢を操るシーン等が見どころを思われる・・・・・

現代のシーンでは金剛山図を巡って、ミン教授の違法暴走が続く・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自己発光オフィス 第1,2話

2017-03-22 21:46:14 | 韓国ドラマ・映画
コ・アソン演じる就活生ホウォンは大学卒業後100回も就職試験を受けても受からない。
友人の家に居候し、病気の母に送金も出来ない。
大丈夫と思った試験にも落ち、傷心の思いで覗き込んだ漢江に落ち、自殺未遂者として運び込まれた病院で同じような境遇の男性2人と出会う。
「せっかく助かったのに余命6か月」という医師の話を偶然聞いてしまい、余命6か月の可能性は3分の1と同じ境遇の二人と妙な連帯感を感じるホウォンは、ちょっとした偶然が各種重なり、他の二人と一緒に三か月の契約社員としてやっと会社員としての1歩を踏み出すことになるのだ。


コ・アソンが綺麗過ぎないのが、リアル。
偶然に偶然が重なるも話のテーマはどこまでもリアル。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミッシングナイン 第15,16話

2017-03-22 21:27:49 | ミッシングナイン 韓国ドラマ
テオを記者会見場に行かせないようにする作戦は功を奏するも、自分たちの捜査が間違っていたことを恥じる検察は、結局テオ達に弱みを握られているのと同じこと。
テオと会社を乗っ取った社長を合わせ口裏を合わせる場所まで提供してしまうのだ。

二人の作戦は、どちらか一方が外に出て、残った方が早く外に出られるようにするという簡単な方法。
警察としても、二人を拘束するよりもどちらかが外に出てくれた方が自分たちの捜査が間違っていなかったとアピールになる。あれだけのことをやったテオがあっさりと外に出て、逆にボンヒにジュノを手助けしたのでは?という疑惑の目が向けられることになるのだ。

ボンヒを助けるためにと自首するジュノは結局裁判に臨むことに・・・・

裁判で活躍するのは、元検事の二人だ。ソヒの兄はテオ達を仲違いさせろと指示し、選挙に出ていたあの事故調査委員会の元検事も結局協力することになるのだ。

事故調査委員会の元検事が、自分の手柄づくりにあんなに固執しなければ、もうちょと事は小さ目で済んだだろうに・・・・
そして最後にプロダクションの元社長の証言で、長かった事件は終わりになるのだが・・・・・

*****
このドラマ、最後の2回でやっと緊張感がある展開になったなと思いながら見ていたのだが、最後の最後には、また皆でなんだか和やかな場面が長々と続いたり・・・・

ダメダメアイドルのジュノの成長物語という風に見れば、面白いドラマと思えたのかもしれないが、緩急のつけ方がどうもアンバランスで、最後まで調子に乗るのが難しいドラマだった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

2017-03-21 21:44:39 | 映画鑑賞
1961年の夏に実際にあった男子中学生による殺人事件を描いた映画だが、同時に戦後中国から台湾にやってきた外省人家族の生活の様子、海外に憧れる若い中学生の思いも伝わってくる。

公務員の夫にもっといい職をと知り合いの伝を探す母は、その他に学費を工面しても高校卒業した姉をアメリカに留学させようとする。
公務員という安定した職業についているはずの夫は、職場でうまく立ち回ることが出来ずにスパイの容疑を掛けられたりする。

徒党を組み、エルビス・プレスリーに憧れコンサートを楽しむ中学生の彼らにも、台湾の生活に慣れようする両親世代の思いは伝わっているはずだ。

同級生の彼女が出来た少年は、彼女を守ろうとするものの、14歳の少年より14歳の少女はずっと大人だ。
誰に教わらずとも男女の機微を知り、永遠の思いなど無いことを肌で知っているのだ。
努力だけではどうすることも出来ない事が、生活の中でも心の中でも少年の心に重くのしかかっているようだ。


男子中学生と同年代だった監督が30年後の1991年にこの映画を撮る意味を考えてみる。
私が実感できるように日本に置き換えて時間軸を考えるなら、バブル時代の印象的な出来事を30年後の平成29年に改めて考え直すということだろうか?

今、1960年代の出来事として考えるとかなり昔のことのように思ってしまうが、監督にとっては多感な時期の30年前の出来事は、映画撮影当時はもっと鮮明に記憶に残っていたはず。心の中では印象的な出来事として残っているのに、世の中はあの当時をすっかり忘れ去ってしまったかのように、無かったかの様な姿を見せている・・・・忘れてしまっていいのかという思いもあったに違いないと勝手に想像しながら鑑賞・・・・

******
今回は4時間バージョンを映画館で鑑賞したが、以前公開された188分バージョンはVHSをレンタルして鑑賞。

その時に感じた思いと、年月を重ね映画館でゆっくり見た今回の感想を比較しながら、改めてもう少し感想を書きたいと思う。



牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件〈上巻〉【字幕版】 [VHS]
クリエーター情報なし
ハピネット・ピクチャーズ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒暖差

2017-03-20 20:27:25 | なんということはない日常
連休明け広く雨 九州から関東で本降り


三連休はずっと暖かくて過ごしやすかったが、明日からはまた寒さがぶり返すとのこと。
一度暖かさを経験すると、再び寒くなった際に何を着ればいいのか迷ってしまう。
寒さに備えたい気もするが、厚着になり過ぎるんじゃないだろうかとか、いきなり冬の装いに戻るのは、オシャレ的に問題があるんじゃないだろうか。。。。。
防寒対策が一番と考える私でも、こんな風に「オシャレ問題」に頭を悩ませるのだ。

オシャレ先取りの人はもっと悩むことだろう。それともオシャレを優先して寒いのを我慢するんだろうか・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被告人 第15,16話

2017-03-20 19:54:25 | 被告人 韓国ドラマ
娘と一緒に自首すれば自分の無罪も近づくし、さらには娘の命も守れると思い、警察に自首するジョンウ。

凶器であるナイフを証拠として提出できれば、勝ち目があるのだが、それは逆にミノには致命傷だ。検査が終わるまでその場を離れない先輩検事、ナイフを狙って車を走らせるミノの手下を止めようとトラックを走らせる。とにかくジョンウ側のメンバーは皆が一丸となってナイフを守る。
そんな時ミノは父の前で土下座をし、自分が兄を殺しソノのふりをしていることを見逃した父に助けを乞うのだ。絶対絶命のジョンウの様子をニュースで見、彼を助けられるのは自分しかいないと自首をするソンギュ。
ソンギュまで道連れにするつもりがないジョンウも驚くがもっと驚いたのはミノ達だ。

事件の事を全部話されてしまっては困る。拘束されている身でありながら、ミノの手下によって殺されさらには自殺の偽装までされることになるソンギュ。

娘も生きているのだ。ソンギュが一人でしたことにすれば、自分の無罪は確定する。
結局ソンギュ一人が実行犯ということで事件は解決。

検事に復帰してミノへの復讐を本格的に始めるジョンウ。

父亡きあと、会長職についたミノだが、もう守ってくれる父はいない。
亡き父に仕えていた秘書は自分がニセモノであることを気づいているはず。
多分この秘書の事も頃合いを見て亡き者にしようしてるようだが、そこは本格的に復讐を開始しようとしているジョンウの方が上手だった。
元会長の秘書を自分の味方にして、会長
の座に座るミノにどんどん近づくのだ。

*******

ミノにジョンウを裏切った証拠を握られているジョンウの同僚検事。
ジョンウを裏切り、検察側の検事として裁判にまで立ち会っているのだ。
亡き父の亡霊に怯えるミノのように、罪悪感に苛まれ、自ら破滅に向かうような気がするが・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SING/シング

2017-03-19 10:39:46 | 映画鑑賞
父親が洗車場をやりながら自分の夢を応援してくれた思いを胸に、劇場の支配人になったコアラ。
しかし夢が叶った後には、劇場を維持していくという大きい壁が待ち受ける。
起死回生に賞金付きの歌のコンテストを企画。
ゴリラ、象、ヤマアラシ、ネズミ
そして25匹もの子ブタを育てる母親ブタ。
動物が各自の特性を活かして社会生活を営むという設定はズートピアと同じだが、こちらの世界には肉食だの草食だのの動物格差はない。身体が小さいネズミは非常に態度がデカイが、それはただ単に彼のプライドの高さから来るもので、身体の小ささを態度でカバーしようというのとはちょっと違う。
他の動物達も一歩踏み出したいとオーディションにやって来るが、乗り越える壁は誰もが内に持っているもので、外に向かっての物ではない。そこがこの映画がズートピアと一番違うポイントだろう。
イカだってイカとして自分が出来る事を淡々とやるのだ。

コアラが自分の秘書である老カメレオンに優しい態度を見せるのを筆頭に、各自が見せるとにかく優しい態度と歌声に元気を貰う。

オーディションの場面で流れるヒット曲がこの映画の見せ場の一つである事を考えると、大人が見た方が楽しめるかも知れない。


シング-オリジナル・サウンドトラック
クリエーター情報なし
Universal Music =music=
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SING  スカーレット・ヨハンソン  Set It All Free

2017-03-18 19:49:06 | なんということはない日常
暖かく気持ちのいい三連休の初日だった。

運転中につけたジオからは@SING の中でスカーレット・ヨハンソンが歌う Set It All Freeが流れていた。

気持ちよさそうに歌っているのが伝わってくる。のんびりした連休の雰囲気にぴったりだ。



スカーレット・ヨハンソンが熱唱!映画『SING/シング』より「セット・イット・オール・フリー」



SING Trailer # 2 (Animation Blockbuster - 2016)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サリーちゃんの足・・・

2017-03-17 22:30:45 | 韓国語レッスン(面白い話)
韓国人の同僚はは日本のアニメや歌に興味があって日本語を勉強し始めたのではなく、純粋に勉強として日本語の勉強を始めたのだという。
長期の留学経験もなく、30代も半ばになってから日本で生活をし始めた彼女は、難しい言葉を知っているかと思ったら、日常会話で使う何気ない言葉を知らなかったりと、自分でも「日本の家庭の中で使う日本語を学ぶチャンスがない」と言っていた。

私の拙い韓国語にも付き合ってくれているので、私も会社では学べない日本語の事をいろいろ話たりしている。

先日も代謝が悪くて足がむくみ退社出来ないという情けない事があったという話をした際に、
代謝が悪くてむくんだ足の事を、漫画のキャラクター云々とアニメのことも説明しつつ、「サリーちゃんの足」と呼ぶことを教えてあげた。
覚えなくてもいい情報かもしれないが、足はむくまないという彼女に足のむくみの酷さを教えてあげたかったのだ。

彼女は足の状態よりも、「サリーちゃん」というばりばりの日本式の発音が気になったらしい。韓国語には基本的に伸ばす音はないし、ちゃんという音も何気に難しいらしい。
さらにサリーはSallyじゃないのかといろいろ思う所があったらしいのだが、そんなにおしゃれに発音してしまっては「サリーちゃんの足」のニュアンスがどこかに行ってしまう。めげずにバリバリの日本式で彼女にレクチャーしてあげた。

****
その後彼女は各種自分でも検索してみたらしく、サリーちゃんの足がどのような状態なのか分かったようだが、笑いながら、「これが日本のアニメだとは知らなかった」と言いながら
韓国で「妖術姫セリ」という名前で放送されていたことを教えてくれた。

歌詞もほぼ同じなのだが、確かにサリーちゃんでなく「セリ」いや「センリ」と聞こえる・・・・



SALLY Korea ver OP. 요술공주샐리
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神保町の韓国料理

2017-03-16 21:34:43 | なんということはない日常
私が見つけられないだけかもしれないが、神保町には韓国料理店が少ないような気がする。。。。

神保町駅からちょっと離れた所にあるこのお店。本来は焼き肉店だと思うのだが、昼は焼肉でなくチゲが中心のよう。

焼肉ラブの人にはがっかりなんだろうが、チゲやサムゲタンが食べたい私にはぴったりのお店だ。
ただ、やっぱり昼は焼肉が食べられないせいか、お客さんはやや少なめ。
味はなかなかだし、コストパフォーマンスは悪くないと思うのだが・・・・

コプチャンチゲ
(焼肉屋さんだけあって美味しい・・・)



サムゲタン
(見た目よりもボリューム感あり)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンシャイン マンダリン マンゴー ティー フラペチーノ

2017-03-16 21:24:23 | なんということはない日常
スタバは昨日から紅茶押しのようだが、その一押し紅茶をベースにした@サンシャイン マンダリン マンゴー ティー フラペチーノをさっそく飲んでみる。

アクセントだと思われるローストココナッツの存在感が思いのほか強いく、ドリンクがやや力負けしているような気もするが、色合いは爽やかでマンゴー好きとしてはテンションが上がる。。


*****
発売初日の昨日、昼休みに同僚と飲んだのだが、昨日はやや風も強く、フラペチーノを楽しむにはやや寒い日だった。

今日くらい暖かい日だったら、もう少し爽やかな気分が増したかもしれない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師任堂(サイムダン)、色の日記 第13,14話

2017-03-15 21:22:58 | 師任堂(サイムダン)、色の日記 韓国ドラマ
5千枚の色紙の発注をファイムダンが裏で操っているとも知らずに、流民たちと一緒に紙漉きを行うサイムダン。
当然契約の際に店主だった男はおらず、紙も引き取ってもらえない。一介の主婦であるサイムダンに出来ることは位だが、それさえもままならず・・・・

ファイムダンの勝ちのようにも思えるが、ある男がファイムダンの店の裏帳簿を持ち出し、ファイムダンの夫の事を調べているイ・ギョムの元に持ち込むのだ。
しがない田舎役人だったはずのファイムダンの夫があれだけの地位を手に入れたのか、男の口から役人の子供の弱点を握り、それをネタに上り詰めたらしいことが分かるものの、ファイムダンの夫は抜け目のない男。
紙の質が落ちていることを彼女の機転で切り抜けたにも関わらず、妻ファイムダンの管理の甘さをなじる彼。
自分の身を守るため、さらには権力を手に入れるため、そしてイ・ギョムを見返すために生きてきたファイムダンだが、夫は彼女に偽の家系図を与えるも、あとは彼女の思いを搾取するのみだ。


紙が売れずとも紙漉きで生計を立てるしかないサイムダンは、あの寺での出来事が紙の作り方を手に入れたいがためにファイムダンの夫によって事前に企てられていたことを20年経ってから知ることになる。
彼女が絵に描かずとも、彼女が絵に詩を添えなくとも寺の流民たちは一人残らず殺されることになっていたのだ。
結局ファイムダンの夫は最上級の紙の漉き方を手に入れ、権力も手に入れた。
今は見かけ倒しの紙を作り、私腹を肥やしているのだ。

こんな百戦錬磨の男と対峙してイ・ギョムに勝ち目があるのかどうか分からない。
20年経ち、いい大人になっているにも関わらず、大叔母に彼女と自分を守るためには知らないことが一番と諭され、王と対立しないようにと注意されるような男性なのだ・・・・・

*******
そうは言っても14話の後半の苦悩のイ・ギョムの姿は、スンホンファンにとっては、プロモーションビデオ的な素敵な場面の連続かと思われる・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠近両用メガネ 

2017-03-14 21:49:18 | なんということはない日常
自分に合った理想の老眼鏡を作るべき、主流は遠近両用メガネ


去年の夏、遠近両用メガネにしたのだが、結構調子がいい。
私の場合、ずっとメガネをかけていたので、遠近両用メガネをかけるのはかなりハードルが低い方だったと思われるのだが、そのあたりを差し引いたとしてもそこそこ調子はいいと思われる。

正直、不便だったわけではなく、なんとなく夏休みに時間があったので、作ろうかなという位だったのだが、眼鏡店の人曰く「(失礼になるかもしれませんが・・・・)お客様は近視なのに、度の弱いメガネを掛けられていたので、中途半端な老眼鏡をかけているのと一緒だったんです。」とのこと。

度が強いメガネは目が疲れるからと、度をかなり弱めにしていたのだが、そのせいで老眼が進んでいないと錯覚していただけだったらしい。

友人にも遠近両用メガネを勧めたいのだが、なかなかハードルが高い人もいる様子。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被告人 第13,14話

2017-03-13 21:29:22 | 被告人 韓国ドラマ
義理の弟の助けもあり、刑務所を脱獄することに成功するジョンウ。
なんとしても逃げて娘の元に行かねばならない。
女弁護士の用意した服に着替え、女弁護士と落ち合い彼女の車に乗ってソンギュ達が隠れている場所に向かうジョンウ。

しかし、事件の事を知り過ぎたソンギュはミノの手下たちにも追われる身。
ショッピングセンターに身を隠す二人を探し出すジョンウだが、ミノの手下たちが二人を追っていることに気づき、二人に近づくことも出来ない。

しかしミノ自身もジョンウを追いかけることに専念は出来ない。
会計処理の不正の疑いをかけられ、調査を受けることになるも、自分自身は何も知らないのだ。
ただ、ミノの元彼女でもあるソノの妻が内部告発しているのだ。
(彼女自身も亡くなった自分の父の敵をとるために義父に打撃が及ぶように内部告発している様子)
父はミノがソノのふりをしていることを分かった上で彼に身代わりになることを提案するのだ。
父が自分がミノであることに気づいており、更に兄のやったことを自分に償えと暗に提示していることを知りショックを受ける・・・・

結局敵は身内にいたのだ。(さらにこの妻、自分が父親にやられたように、自分が父親を捨てればいいと暗に父に復讐をするように仕向けているではないか。。。。)

ジョンウもミノの弱点は身内にあるとわかった様子。
ソノの息子は実はミノの息子であることに気づいた彼は、彼の息子に近づき、脅迫したうえで娘を解放するように取引するのだ。

更に自分の娘を守るためには、自首するのが一番と「娘は生きている」と自ら警察に出向くのだ。

******
不正の調査の際、自分が何も知らないことを過信しすぎたミノは、うそ発見器によって自分がソノではないということを警察に疑われ、逆に自らを窮地に追い込んでしまう。
自分のアリバイの確実さに酔いしれて墓穴を掘る・・・・しゃべり過ぎて墓穴を掘る・・・・推理小説でよく見るパターンだ。。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立ち食いソバ おもてなし問題

2017-03-12 19:21:01 | なんということはない日常
ヌーハラ考 日本人の麺の食べ方がヘタになっている面もある

上の記事は麺を音を立てて食べることに関するいわゆる「ヌーハラ問題」だが、私が気になるのは麺は麺でも立ち食いソバだ。

パスタ、ラーメン、うどん、お蕎麦・・・・

麺と言われる食べ物が好きなのだが、小腹がすいた時や時間がない時は駅ナカの立ち食いソバに立ち寄る時が多い。

最近は日本に住んでいる外国人と思われる人が、てきぱきと券売機で食券を購入し嬉しそうにそばを食べている姿を時々目にするようになった。(慣れないとチケットの購入に手間取る人も多いのに・・・)

立ち食いソバは、食べる時はちょっとすすりながら食べ、食べ終わったらそそくさと店を後にするというスタイルが王道だと思うのだが、その日本式の駅そばスタイルを受け入れてくれているのかと思うと、そば好きとしては「いらっしゃい 駅そばの世界へ!」と握手をしたくなる。

******
先日入った駅ナカそばの店は自販機が日本語、英語、中国語、韓国語の四か国語対応になっていた。
どの程度の利用頻度なんだろうと思っていたら、さっそく英語表記で購入している人に遭遇してしまった。

そばの食券は購入したようなのに、その女性はまだ自販機をじっと見つめている。
どうやらサイドメニューも一緒に頼みたいようなのだが、うまく購入できないようだった。
この程度の英語なら私でも大丈夫かもしれないと「手伝いましょうか?」と声をかけると「天ぷらを頼みたい」という。
「天ぷらなら、ちくわとかき揚げ、いか天がありますよ」というと、「海老天がいいんです。」という予想外の答えが返ってきた。

せっかく自販機が便利になったのに。。。。海老天を食べたかった彼女はちょっとがっかりだったろうか・・・・いやいや、ちくわやかき揚げそしていか天とそばを楽しむのも駅ナカそばの醍醐味だ。

*******

ヌーハラ問題について。。。。
そば好きなので、普段はすする音を気にすることはないのだが、たまーに、びっくりしてそばが残っていても「早く店を出たい」と思う時がある。
そばをすする音は、一種類ではない。とんでもない音を出すのは、やっぱりルール違反だとは思う・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加