洋楽フリークス

洋楽、HR/HMのCD,ライヴレポート等。
2009年、娘を出産後更新をお休みしています。

【ガンズ・アンド・ローゼズ】LIVE in Nihon Gaishi Hall

2007年07月18日 03時05分58秒 | 洋楽ライブレポ
会社を15:30に出て名古屋に到着したのは17:30。
そこからJRで笠寺駅で降りると元レインボーホール、現日本ガイシホールがあった。

開演時間である18時前には到着したら、もう既にムックが演っていた。
まずは余計な荷物を置くために座席へ向かうと、座席関係なくAll Standing状態でムックファンが最前列にかぶりついて、音楽に合わせて不思議な踊りをしていた。
あれは・・・ビジュアル系特有の動きなんだろうか?
面白いからしばらく見ておこうかな・・・と思ったけど、会社から直接向かいました的な格好をしていたので、まずはTシャツをゲットしないと!

ということで、小雨の中マーチャンダイズ売り場へ向かったが、すんなり入れた。
で、AのTシャツとチビTとタオルとリストバンドを購入。
Tシャツは全部4,000円だったような。タオルは1,500円、リストバンドは1,000円。


これがAのTシャツのフロントとバック。
今回販売しているTシャツでは、これ着ている人が多かったかな、私もコレを着ました。サイズはチビTよりも一回り大きいKidsLでぴったりでした。


これはGunsのバックプリントがかっこいいチビT。

で、これが、タオルとリストバンド。久しぶりに散財しました。

18:30、席に戻るとすでにムックが終わってました。
まぁ、ここから最低でも1時間はガマンしなくちゃ・・・椅子座りながらだから、精神的にかなり楽でした。
しっかし、5列目って近いなぁ~、アクセルの表情も見れちゃうんじゃない?と気分も高まってきました。
実際、冒頭の写真くらいの近さでしたから(写真は終演後に撮影しました♪ちょっとピンボケで指、入っちゃってるけど・・・(汗))。

19:15、PAが慌しくなって、いきなり暗転!
そして、あのイントロが聴こえてきた。何度かロビンがあのイントロを弾く。
アクセ~~~ル!
理性の糸が切れた。
アクセルの声の調子はよさそうだ。舞台の端から端まで走り回るアクセル。
ドクロマークの黒地のロングコート?、微妙でしたが。
とにかく、会場の盛り上がりは・・・椅子席会場なので、大暴れできないせいかイマイチに感じたけど、私個人はその場で(通路側だったし)暴れまくり。

間髪入れず。”It's So Easy”へ。
甲高いアクセルの声も痺れるが、この曲での低めの声も好きだ。

続くは”Mr. Brownstone”、出た~~!左右にクネクネ、アクセルダンスだっ!
踊る踊る、本当にアクセルは調子がよさそう。
気のせいか、2002年のサマソニのときよりもスリムに見える。
コーンロウは生え際が気になるけど、もう、見慣れたかもしれない。

ドラムの置いてある一段高い位置にアクセルが飛び乗り、”Live And Let Die”のイントロが始まる。
「Live And Let Die~♪」
の”Die”のところでまずは一発目のパイロが爆発する。
めちゃ、びっくりした。まさか、屋内の会場でこんなに派手なパイロが使用されるなんて!

Robinのソロが始まった。ギターの詳しいことはわからないけど、音はSlashの音を少し細くした感じ。
彼は、3人のなかでも一番オイシイところを持っていったり、舞台の左右に一番動いていたように感じる。
テクは・・・まぁ、普通かな。Gunsのギターって、これくらいでいいのかも。

Robinのソロからそのまま”Sweet Child Of Mine”のイントロになだれ込む。
会場から大きな歓声が。
アクセルからクネクネダンスがまた炸裂する。
オーディエンスも(私も)それにつられて、左右にクネクネしてみる♪

”Better”はYouTubeで予習していた中でも一番印象に残った曲だったので、気分よく聴けた。
でも、やはりアルバムが出ていないだけに会場のノリはイマイチ。
アリーナの前方の一部だけ盛り上がる。その人たちは予習してきているんだろうな。
ちなみにチャイデモからの新曲はYouTubeでほとんどの曲を予習することが出来ます。
「Guns」「曲名(Better,Bluesなど)」で検索してみましょう。

続くは、”Knockin' On Heavens's Door”。
よく考えたら、”Live And~”もこれもカバー曲なのよね、でも盛り上がる。
もちろん、サビはお約束の大合唱、左右のスタンド席に向かって、舞台を左右端まで走りきり、一緒に歌おう!と誘うアクセル。

会場が一体となったところで、みんながよく知っている”You Could Be Mine”へ。
アクセルの歌声が一段と大きくなる。
中間奏~最後のサビメロの早口の部分なんか、血管切れそうだったもん。

ここでグランドピアノがステージ中央に引き出され、Dizzyのソロが始まる。
たぶん、Rolling Stonesの”Angie”を弾いていたように思います。
ちょっとしんみりしたところで”The Blues”、さらにしんみり?

ちょっとIzzy似のRichardのソロにRobinが再度絡む。
で、X Japanの”Endless Rain”のサビメロを弾いた。。。会場の反応はいまひとつ。

休憩十分のアクセルが出てきて”Out Ta Get Me”、この曲はサビの掛け合いが気持ちいい。
ちょっとしんみりしていたので、久々に暴れる(笑)

そして、またグランドピアノが舞台中央に引き出されると同時に、赤いヘッドの着いたマイクがピアノにセットされた・・・”Novemver Rain”を予感させる。
しばらく、アクセルのピアノソロが続くも、すぐに”11月雨”に入る。
始まる前に「もっと声援を!」みたいな感じでアクセルが会場を見渡した。
今日は、バンドメンバーは今日中に東京に帰るらしい、と聞いていたからかもしれないけど、なんか、原曲よりも相当テンポが速いような気がしたのは私だけでしょうか?
そして、圧巻(?)だったのは、Slashが弾いていた随所のソロを3人がかわるがわる弾いているところ。
特にRon Thal、早い速い。

Ronのソロタイム、一瞬ミニVai師匠に見えましたよ。
両手タッピングから超高速弾きまで、なんかGunsのライブに来たかんじがしませんでした。
前の記事にも書いたけど、WhitesnakeにSteve Vaiが入ったときもこんな感じだったのかなぁと思ってしまいました。
でも、アクセルとロンは仲良さそうだったし・・・”Don't Cry”んとき。
それにしても”Don't Cry”は盛り上がらなかった。

それに引き換え、”My Michelle”は再度爆発しました。
周りに迷惑かも知れんかったけど、大合唱しちゃった★
「ウェ~ル×3!」の時にアクセルが右膝を曲げて足を後ろにピョンピョンやってリズムを取るのがなんか、かわいかった。

”Patience”の冒頭はアクセルの口笛、口パク(?っていうのかな)じゃないかって思うくらい、口笛が上手かったよ~。アルバムそのままって感じ。
Yumikoはこんなに上手く口笛吹けません・・・OTL

本編最後は”Nightrain”、やっぱりかっこいいなぁ。
しかし、Ron Thalがめちゃくちゃ弾きまくりすぎていたので、そっちの方が気になって、アクセルを凝視するの忘れちゃったよ!
ほんと、どの曲もそうだけど、眼を離すと両手でめっちゃくちゃ弾きまくってますから。

アンコール、一瞬「ガ~ンズア~ンドロ~ゼ~ズ!」コールが起きましたが、なんとなく消え去る始末。
・・・名古屋っていつもこんな感じなのかしら?

ほんと、バンドが急いでいるのかどうかわからないけど、すぐに出てきました、メンバー。
新曲の”Madagascar”はさらっと終わったって感じで。
”Paradise City”のイントロが聴こえてきてしまいました。
ああ、もう終わりか~という残念な気持ちと、私が一番好きな曲が始まったという高揚感が入り混じって、結局ぷっち~ん!とキレてしまったんですけどね。

舞台脇からドライアイスがしゅ~っと噴き出すのにあわせて赤い紙ふぶきもそこから吹き出した。
もう、前から10列目くらいまではまっかっかの紙ふぶきまみれ。
赤ってテンション高くなる作用があるのか、テンポが速くなったからなのか、後半はあまり記憶がありません。
こうして、約2時間のライブは終わりました(あれ?短い?)。
メンバーは舞台に出てきて、全員で肩を組んで3度ゆっくりと頭を下げた。
ピックを投げるなどはしなかった・・・。
そういえば、最後、アクセルは
「電車があるうちに早く帰れよ!」
みたいなことを言い残していたような気がする。。。
なんか、すごい、いい人だよ、アクセル。
そして、なぜ、電車がなくなっちゃうことを知っているんだ、アクセル!

ライブ終了後、前方で舞台の写真を撮っていると
カメラマンのクルーが
「ここで待ってろよ、メンバーに会わせてやる」
みたいなことを最前列のいた人たちに話しかけていました。

あれ?
ほんまにそないなこと、言うたん?とリスニングにイマイチ自身のない私は様子を後ろの方で伺っていましたが、しばらくするとそのカメラクルーが六角形の形をした黒地に「VIP」と書かれたカードを持ってきたではないですか!
ちゃんと待っていた4人のファンにそれを渡すと、ほかに渡す人を探しているようでした。
全部で6枚あったようです、そのバックステージパスみたいなの。
あぁ、明日会社がなければ&もう少し英語力があれば突っ込んでゲットしていたのになぁ・・・。
でも、今日中にメンバーは東京に帰るって言ってたのに、今からバックステージでファン・ミーティングがあるのかしら?疑問だ。

名古屋駅に到着し、宿泊予定だったホテルをキャンセルし、新幹線の切符を購入して新大阪方面のホームに立つ。
向こうのホームは東京行き最終電車が止まっており、明らかにGunsのTシャツを着たファンがグリーン車近辺でうろうろしている。
でも、どうやらアクセルなどのメンバーは見つからなかったように見えたが、しばらくすると
「東京行きの列車で非常停車ボタンが押されましたので、しばらく停車します。新大阪方面行きは遅れて到着します。」とのアナウンスが。
・・・ひょっとして、ギリギリまでライブやってたから、アクセルたちが新幹線に乗るために、最終電車を無理やり止めているのかと思いましたよ。

まぁ、真偽は定かではないのですが、一部のファンが最終電車のグリーン車の窓に向けて写メを向けたりフラッシュをたいたりしていました。。。メンバーかな?

でも、それまで全然ファンが反応していなかったので、違うかなぁと。
自家用ジェットとか、豪華車で東京に向かっているのでしょう。

ということで、帰りの新幹線N700系でプレミアムモルツを飲みながら、今日のライブは最高だったなぁ、と感慨にふけりながら、土曜日、どうしようかなぁ、、、と超悩んでいるYumikoでした。

長文、失礼しました。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Guns N\' Roses】LIVE in ... | トップ | 【Guns N\' Roses】LIVE in ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Tomoko)
2007-07-18 14:35:03
手に汗握るレポートでした!
いやーすごかったですね。
回を重ねるごとによくなっていくような。
アクセルも健在のようでなにより。

ということで今夜楽しみです!
大阪公演いかれるんですか??
シャナナナナ♪ (プルコ)
2007-07-18 20:14:16
名古屋も盛り上がったんですね!
私は今日の武道館には行かれず、いじけて1人で謎の幕張聞いてひたってましたが
yumikoさんのレポ、いつもながらすごい臨場感ありで、まるで行ったような気分になれます。

こんなに読み応えのある個人の書いたレポって、ネットが万人に普及した今でもそうそう見つからないので本当にありがたいです。

グッズの写真も見られてうれしいです。リストバンドいいですね!
上のシャツのしわっぷりに素晴らしい2時間だったことを感じさせられます。

ステージは本当に中華風のセットなんですね。
アクセル、見た目はちょっと変わったけれど、声は変わらないな~と思いました。
サマソニのときよりもやせてるのか。(^^;)
はあ、武道館行きたかったな…。
ちなみにイープラスの招待はハズレました。

新幹線N700に乗られたんですね。いいなあ~。
土曜の大阪、行きたいなあ…。
ミニVaiセンセイも気になりますw
Tomokoさんへ (yumiko-98)
2007-07-21 01:45:01
武道館レポ、サンキューでした♪
やっぱり武道館は特別なんだなぁ(曲も多かったし)って感じました。

ロビンはスラッシュにだいぶ似せて弾いているように感じましたが、何か足りないんですよねー。音の極太さとか、微妙にズレるリズムとか。

ヘタウマじゃないとGunsって感じがしないですわ~。

ちなみに・・・・
明日、Intex Osakaの最終公演、観に行こうかどうかめちゃ迷っています・・・
プルコさんへ (yumiko-98)
2007-07-21 01:54:13
プルコさん、こんばんは♪

レポへのお褒めの言葉、ありがとうございます。
もう、勢いで長文を書いてしまっているので、お聞き(お読み?)苦しい点もあるかと思うのですが、素晴らしいライブだったってことが伝わって嬉しいっす☆ミ

>サマソニのときよりもやせてるのか。(^^;)

えぇ、間違いなく(笑)。
体格がいいことには違いないけど、でぶでぶって感じじゃなかったです。
そして何よりも声が出ていましたね~、絶好調!
ただし、こまごまとお休みを挟んでいましたがw

>新幹線N700に乗られたんですね。いいなあ~。

乗ってから気づきました、ははは。
普通指定席だったんですけど、なんとな~く空気がCleanで前との距離が広く感じました。

明日の大阪最終日、行きたいけど、体力がついていきません。なんてったって、オールスタンディングで、ここ大阪人のハードロッカーの暴れっぷりは凄まじいですから・・・。

>ミニVaiセンセイも気になりますw

世間の評判はボロクソなんですよ。。。
Vai先生の師匠であるジョー・サトリアーニ師匠がバケットヘッド(前ギタリスト)の変わりにコイツをってAxlに薦めたのがRon Thalさんらしいです。
正真正銘ミニVaiセンセイ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Guns N'' Roses@武道館(長文です) (Cozy Diary)
You know where fuck you areeeeee-----------????????? 伝説のロックバンドの記念すべきデビュー曲、 Welcome to the jungleの金切り声。 初めてこの曲を聴いたときの衝撃を思い出しながら、 私はその場に立ちすくみ、そして再び鳥肌が立ってしまいました。 ...
Guns n' Roses@ Hammerstein Ballroom May 14th, 2006 (The Song Remains The Same)
5月18日大量追記:旅行中に書き溜めた感想TEXT UPしました。が、そこに入っ
Guns N' Roses (ガンズ・アンド・ローゼズ) (ROCK LEGEND - School of Rock)
Appetite for DestructionGuns N' Roses Am...
GUNS N' ROSES - World Tour 2007 (山葵的日常)
2007/7/17 @日本ガイシホール(旧称:レインボーホール)  ぷらっとこだま で東京から名古屋へ、ビール片手にほろ酔い気分で移動。ホテルにチェックインし、ちょっとのんびり休憩。頃合いを見て Co