洋楽フリークス

洋楽、HR/HMのCD,ライヴレポート等。
2009年、娘を出産後更新をお休みしています。

【CDレビュー】Simple Plan『Simple Plan』

2008年02月24日 01時07分54秒 | 洋楽レビュー(CD・DVD)
シンプル・プラン 3
シンプル・プラン
Warner Music Japan =music=

このアイテムの詳細を見る


1. When I'm Gone
2. Take My Hand
3. The End
4. Your Love Is A Lie
5. Save You
6. Generation
7. Time To Say Goodbye
8. I Can Wait Forever
9. Holding On
10. No Love
11. What If

:お気に入り
:イチオシ!

myspaceで試聴してみましょう→コチラ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ちょっとやんちゃっぽさを残しつつ、少し大人になった感じね。

<L to R>
David Desrosiers – bass, vocals
Sébastien Lefebvre – rhythm guitar, vocals
Chuck Comeau – drums
Jeff Stinco – lead guitar
Pierre Bouvier– lead vocals, occasional guitar

カナダはケベック州モントリオール出身のバンド。ケベック州はフランス語圏なんだよねー。メンバーは必要に応じて英語をしゃべるんだって。
当初はMxPxやBlink 182等のポップ・パンクバンドと一緒にツアーをするなどして、徐々に実力を付けていき、1stアルバムでいきなりダブルミリオンのヒット、2ndでもボブ・ロックをプロデューサーに迎えて音が少しHeavyになったのにもかかわらず、トリプルミリオンのヒット。

そして、このアルバムこそがその後の3rd。つい最近、リリースしたばかりです。セルフタイトルで持ってきたよ。A7Xもセルフタイトルを持ってきて方向転換(というか音楽の幅を広げたっていうか)をうかがわせたけど、Simple Planも今までのPop Punkの殻をやぶるのかなぁ、と思いつつ聴いてみたら・・・思い切り、やぶっちゃってました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

#1の出だしで、「げー!」とか「CD間違えた?」と思うかは人それぞれであったとして、アルバムの1曲目とか1stカットシングルとかは、アルバムの色を決めるようなもので、この曲はその両方であったりする。元気のいい、ポップ・チューンから始まるかと思ったら、いきなりコンピュータ音で始まって、かなりスロー目なミドルナンバーなんですよ。確かに、シンガロング・ポイントはあるものの、完全にメロディ重視な大人のPopsとなっています。

#2は最近のBon Joviのアップテンポナンバーに若者テイストを加えた感じの曲。#1に続き、シンガロングはできる曲となっている。某ビールのコマーシャル曲に採用されてもおかしくないサビメロ。しかし、随所に聴こえる機械音・・・。でもねー、全体的にメロディはすごくいいですよ。

#3のタイトルは”The End”、この曲のイントロ~A,Bメロを聴いて、根っからのPop Punkファンは「ほんまにThe Endやー!」と思う方も少なからずいらっしゃったかも。「ジャスティン・ティンバーレイクあたりからも影響を受けているかもね。」ってメンバーが言ったとか。っていうかこの曲のことか?!

#4は今シングルカットされている曲ですね。打ち込み多用の、サビはギターもちゃんと前面に出てくるパワーバラード。#5も冒頭から哀しげな歌メロのバックにアコギが流れ、でもサビメロは長調っぽかったりするバラード。こちらもシングルカットに耐えうるのでは。

そして、びっくりしたのは#6.いきなりホーンセクションと打ち込み。終始打ち込み。まさしく、「アルバム間違えた状態」。でもねー、なぜかサビメロはいい感じなんだよね。正直、Linkin Parkの”Bleed it Out”よりも好きだ。(この曲にラップ部分はないけど、サビメロの雰囲気が酷似しているので)

#7は今までのSimple Plan的曲。やっとPop Punkファンは安心して聴ける曲にたどり着いたって感じ。でも、気のせいか、アルバムの中では浮いてしまっている。

#8では確かにOASIS臭のするバラード。歌い方もメロディもそう感じさせる。ちなみに#10もバラード。「いろいろなファンに新しくついてもらいたい」と発言しているように、Punk Kidsだけでなく、良質な(というのかわからないが)Popを聴く大人たちにもファンになってもらいたいというのが見え見えw。

#9はカントリーっぽいイントロに、伸びやかなAメロ(というかサビメロ)。一介のPop Punkバンドでないことを感じさせる。私はこの手の曲が大好き。初夏の青空の広がる芝生に大の字で寝転がって聴く感じの曲。むちゃくちゃおススメ。

ラストの”What If”もイントロはストリングス。歌いだしからハモリ・コーラス。でも、曲に入ってからはサビメロはもちろん、展開もPopとは言いきれないけど、Rockな出来になっている。こちらの方が、某ビールのコマーシャルソング向きか。ラストに向けての曲の展開は、アルバムのラストを意識してか、ストリングスを絡めるなどして、かなりドラマチックになっている。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

やはり1stでもないのに、セルフタイトルのアルバムをリリースする時はそのバンドの変化の時期といえるのでしょうか。正直、Avenged Sevenfoldほどショックじゃなかったけど、かなり変化したといえる作品かなぁと。
ライナーノーツに「(U2やGuns N’Rosesみたいに)ジャンルうんぬんじゃなくて、ひとつのバンドとして認識されるようになりたい」と言っている通り、ジャンルレスなアルバム。
よって、アルバム全体を聴くと散漫な印象を多少は受けるんだけど、底辺に流れているメロディ・センスはSimple Planそのものであり、曲(メロディ)の質はコレまでにないくらい、向上していると思う。私は雑食メタラーですが、このアルバムは全てのRockファンにおススメしたいってくらい、いいアルバムっす。

お気に度:
こんな方におススメ
ふつーの方々。J-Popが好き、とか、洋楽でもメジャーRockしか聴かないとか。
Pop Punkファンはねぇ・・・微妙かも

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ←お手間でなかったら、ぜひクリックを

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【CDレビュー】Divine Heresy... | トップ | 【CDレビュー】Paramore 『Ri... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Hydro)
2008-03-09 23:24:23
こんばんは。

いや~僕のいいかげんなものと違って
しっかとレビューしていますね~

凄いです。

セカンドからsimple planはお出かけロックとして
かなり聴いています。

今作もさっそくMP3に入れて聴いています。

成熟した感じが僕は好きです。


ブログはリンクさせていただきますね!!
Unknown (yumiko-98)
2008-03-10 01:49:08
Hydroさん、こんばんは。

いやぁ、凄いと言っていただけて嬉しいです。
が、お気に入りアルバムだとついつい長文レビューになってしまって、まとまりなくなっちゃうデス・・・(´・ω・`)

お出かけRock!わかりますね~、それ。晴れた日にいきなりドゥームやデスメタルとちゃうやろ!みたいな・・・そう、私の場合はPop Rock(Punk)かなぁ。

そうそう、Blogリンク、ありがとうございます。
私も相互リンクを張らせていただきましたが、問題あったらおっしゃってください。

ではでは♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。