FUZUKIのひとり言

つれづれなるままに・・・!

死の影

2016-10-25 10:40:18 | 日記
最近、著名人の訃報が、相次いでいます。
今日も「演劇界の重鎮」・名俳優の平幹二郎氏の
急死が報じられています。

つい先日も、元ラグピー選手で、現役引退後も
監督やゼネラルマネージャーとして
日本のラグビー界を、牽引し続けて来た平尾誠二氏が
生涯を閉じられました。
まだ50代の若さだったので、これから遣りたいこともたくさんあり
ご本人も、さぞ無念だったことでしょう。

私はラグビーに、さほど興味はありませんが
神戸出身と言うこともあってか『神戸製鋼』の平尾誠二氏は
かなり以前から、認識していました。
ラガーマンと言えば、ガタイが大きく、何かにつけてワイルドで
ある意味「野性的な」と言うイメージなのですが
平尾氏は、端正な顔立ちと爽やかな雰囲気
そして知的で紳士的な、ラガーマンにしては
めずらしいタイプかなと、超個人的に思っていました。
まともにラグビーの試合も、観たことのない人間の私見なので
まったく当てにはなりませんが・・・。

人間の一生って、いつENDマークが出るか?分かりませんよね。
高齢でなくても、さっきまで健康そのものだったとしても
突然、人生にENDマークが、出現すると
容赦なく、一生は途絶えてしまいます。
それは誰にも避けられないことです。
だからせめて、命があるうちは、自分の内に流れる時間を大切にし
命が果てたあとも、自分の意思が貫けるよう
エンディングノートや遺言に、大切な事柄を書き残しておきたいですね。
いつ『死の影』に、覆われても良いように!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 介助者って? | トップ | 父の残したもの »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む