きまぐれあたしの日記。

きまぐれにあたしが書きます。

ヤングじゃないけどVIVA YOUNG!

2017-05-14 22:23:03 | ライブ
平日夜にこんなイベント行ってきた。


5月11日
CLUB Que shimokitazawa presents
『ビバヤング☆スペシャル』
二度ない下北風大セッション!つき@渋谷TSUTAYA O-EAST

DJ> クラヤマナオキ / MC> 二位徳裕 (CLUB Que)
出演が、怒髪天、真心ブラザーズ、氣志團の3バンドに加えて
セッションバンドは怒氣真義人情バンド
(増子直純,綾小路翔,YO-KING&桜井秀俊,奥野真哉,ウエノコウジ,KAZZ
グレートマエカワ&竹安堅一,ナカジマノブ)

VIVA YOUNG!は20年以上前にクラヤマさんが始めたイベントということなんだけど、その頃のあたしはライブハウスや、ライブハウスにバンドを観に行くなんて全く縁のない人生を送ってたので今回が初。でも絶対楽しいに決まってるってことはわかります。
クラヤマさんがご病気から快復して、増子さんが言い出しっぺになって翔やんとで仕切るイベント、タイトルをクラヤマさんにお借りして「VIVA YOUNG」としたということ。

あんまり張り切らずに行ったけど、OAの不良メルヘンは観れた。わぁ~なんがすごい出会いをしてしまったなーーーというバンドで、あの声が歌詞が耳に残って、またどっかで絶対観たい聴きたいバンドです。

本編スタートは氣志團。ビーマイ♪で始まるってだけでニヤっとしちゃう。
魅せるライブってこういうのだよなーと感じながら、なんとなく一緒にフリもしてみたり、じっとはしていられない楽しさ。いつもはフェスだったり、もっと大きめのとこだったりで観ていたので、このくらいの規模のライブハウスで氣志團を観るのは初めてで、異常なくらいの音圧や迫力がせまってきたライブだった。
流れるようなおしゃべり?がおかしくってずっと笑ってた。あのお客さんとのコール&レスポンス的なものはレキシに通ずるものがあるなぁ~って、氣志團が先か?!

次は真心ブラザーズ。ARABAKIで観れなかったので、ライブ観たのは3年くらい前のJOIN ALIVE以来。そのときはキャンパー向けでふたりだけバージョンだったので、バンドさんは初、ゆるそうだと思ってたけど激しい方たちなのね。
真心としてはVIVA YOUNG!は初登場だけど、クラヤマさんと同じ大学のサークルというお付き合いだそうです。なんか、こういった話しに限らず、バンド界ってわりと狭いんだなぁ、昔っからのお知り合いみたいな感じ。フェイドアウトしていってしまう人たちも多いんだろうし、もちろん20年30年と続けているからこそだろうけど。
よかった、知ってる曲(なんとなく聴いたことある曲)あったし。(←レベル低くて申し訳ないです)

そして怒髪天。
増子さんのMCがクラヤマさんの追悼になっちゃって爆笑、痛い痛い詐欺、死ぬ死ぬ詐欺だとか言えちゃうのも増子さんだからこそ(?!)。
健康第一とそんなハナシから「オレも51になりまして」と言ったとき、お客さんと一緒になって拍手してニコニコしてた友康さん、増子さんが先に年取ってくのが嬉しいみたい。

ピーズのカバーやる前に、6月9日まではどんな状況のときでもねじ込んで(演って)いく、スガシカオ20周年でスガシカオに1%も関係ないのにやったし、とグライダー♪
これ、やっぱりARABAKIで観たコータローさんのギターが強烈に残ってて、王子ちょっとおとなしめ~とか思っちゃう。それはそうと指見てると大忙しの曲だなぁ。

はじまりのブーツ♪
何度でも、何度でも、と叫ぶ兄ィ、いつも以上にチカラ入ってるなーって思ったら、この後のMCで「ライブ中の写真で気に入ったものなんて1枚もない、う〇こ中みたいで」とまぁお下品な!!!
ちょっとだけMC振ったら
友康さん「活動再開のときにVIVA YOUNGに呼んでくれて嬉しくて、そっからうちらのスタートになって今に至る」←省略しすぎ!
兄ィ「初めて聞いたお客さん、あのひと話下手だなぁって思うよ。まぁギターで語ってますからね。」

新曲やる前にいろいろ話してるとき「兄貴~!」「兄貴~、弟いるよ、ここに!」とお客さんからの声。
「何言うか忘れちゃったよ、オレと同時に喋るじゃねー、せめてかわりばんこに話せ!」
あたしのまわりにいた人が、よーかいくんだぁ、と言ってたんで、よーかいくん来てるんだぁと思ってたら、どうやら瑛太君もいい感じに酔っ払って叫んでたというハナシ。
赤ら月♪では、ずっと口パクで口ずさんでる王子。
インフルナオッテルのライブで何かの曲を歌うってなったとき「歌詞わかんないもん」と言い切って、いつも増子さんが歌ってるの聞いてないのかしら、と思ったことあるんだけど、新曲はちゃんと歌詞覚えてるんだぁ。

酒爆♪の坂さんは「ヤング~!!!」そして兄ィ「長生きしろよ~」
出演者もお客さんもとてもヤングではないんだけどね(笑)

セイノワ
ホトトギス
夕暮れ男道
グライダー
はじまりのブーツ
赤ら月
酒燃料爆進曲


最後にセッションバンド怒氣真義人情バンド
Gt:桜井秀俊、竹安堅一
B:ウエノコウジ
Dr:ナカジマノブ
Tp:KAZZ

最初のVocalは翔やん。BE MY BABY♪の生演奏で登場したからこのまま歌うのかと飛び跳ねそうになったけど、違った。
で、ん?なんだ?これ知ってる曲だ?なんだ?
と思ったらボウイのDAKARA♪
歌の後で翔やんも言ってたけど、マニアック過ぎたみたいでお客さんのノリいまいち?あたしは嬉しかったけどね。
次はYO-KINGで、クラヤマさんリクエストでワンダフル・ワールド♪
この後ベースじゃなくボーカルとして登場したのがフラカンのグレートマエカワ氏。ちょっと派手目のオーバーオールは一番ジャニーズっぽいものを選んだとのこと。3人組の歌なんでということで、翔やんも呼び込まれて、YO-KINGと3人で仮面舞踏会♪(中年隊です)
・・・凄かった。思いっきり振付もありで、しかもみなさん歌詞見なくても歌えてる。チョー盛り上がり。
もうこれでいいでしょって感じになりつつ登場は増子さん。
増子さん「いまのでクライマックスでいいだろ、もうお腹いっぱいだよ」
全員でピーズのバカになったのに♪
終わりそうで終わらない、ドラムのタカタカタカっで繰り返されること数回
兄ィ「もういいだろ、ノブ立っとけ!」ってことでおしまーーーい。
ピーズいないのにピーズの曲で〆、翔やんの〆のコトバも「6月9日武道館でみんな会いましょう!」
愛されてるなぁピーズ。

思い返してみると、メンバー紹介がなかった。
あたし上手側にいたんで遠目だったけど、MCのときベース抱えて立ってるウエノコウジがカッコよかったってこと、付け加えておきます。
奥野さんのお話聞けなかったの残念。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏みたい | トップ | バック・トゥ・ザ・ショーワ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。