きまぐれあたしの日記。

きまぐれにあたしが書きます。

ヤングじゃないけどVIVA YOUNG!

2017-05-14 22:23:03 | ライブ
平日夜にこんなイベント行ってきた。


5月11日
CLUB Que shimokitazawa presents
『ビバヤング☆スペシャル』
二度ない下北風大セッション!つき@渋谷TSUTAYA O-EAST

DJ> クラヤマナオキ / MC> 二位徳裕 (CLUB Que)
出演が、怒髪天、真心ブラザーズ、氣志團の3バンドに加えて
セッションバンドは怒氣真義人情バンド
(増子直純,綾小路翔,YO-KING&桜井秀俊,奥野真哉,ウエノコウジ,KAZZ
グレートマエカワ&竹安堅一,ナカジマノブ)

VIVA YOUNG!は20年以上前にクラヤマさんが始めたイベントということなんだけど、その頃のあたしはライブハウスや、ライブハウスにバンドを観に行くなんて全く縁のない人生を送ってたので今回が初。でも絶対楽しいに決まってるってことはわかります。
クラヤマさんがご病気から快復して、増子さんが言い出しっぺになって翔やんとで仕切るイベント、タイトルをクラヤマさんにお借りして「VIVA YOUNG」としたということ。

あんまり張り切らずに行ったけど、OAの不良メルヘンは観れた。わぁ~なんがすごい出会いをしてしまったなーーーというバンドで、あの声が歌詞が耳に残って、またどっかで絶対観たい聴きたいバンドです。

本編スタートは氣志團。ビーマイ♪で始まるってだけでニヤっとしちゃう。
魅せるライブってこういうのだよなーと感じながら、なんとなく一緒にフリもしてみたり、じっとはしていられない楽しさ。いつもはフェスだったり、もっと大きめのとこだったりで観ていたので、このくらいの規模のライブハウスで氣志團を観るのは初めてで、異常なくらいの音圧や迫力がせまってきたライブだった。
流れるようなおしゃべり?がおかしくってずっと笑ってた。あのお客さんとのコール&レスポンス的なものはレキシに通ずるものがあるなぁ~って、氣志團が先か?!

次は真心ブラザーズ。ARABAKIで観れなかったので、ライブ観たのは3年くらい前のJOIN ALIVE以来。そのときはキャンパー向けでふたりだけバージョンだったので、バンドさんは初、ゆるそうだと思ってたけど激しい方たちなのね。
真心としてはVIVA YOUNG!は初登場だけど、クラヤマさんと同じ大学のサークルというお付き合いだそうです。なんか、こういった話しに限らず、バンド界ってわりと狭いんだなぁ、昔っからのお知り合いみたいな感じ。フェイドアウトしていってしまう人たちも多いんだろうし、もちろん20年30年と続けているからこそだろうけど。
よかった、知ってる曲(なんとなく聴いたことある曲)あったし。(←レベル低くて申し訳ないです)

そして怒髪天。
増子さんのMCがクラヤマさんの追悼になっちゃって爆笑、痛い痛い詐欺、死ぬ死ぬ詐欺だとか言えちゃうのも増子さんだからこそ(?!)。
健康第一とそんなハナシから「オレも51になりまして」と言ったとき、お客さんと一緒になって拍手してニコニコしてた友康さん、増子さんが先に年取ってくのが嬉しいみたい。

ピーズのカバーやる前に、6月9日まではどんな状況のときでもねじ込んで(演って)いく、スガシカオ20周年でスガシカオに1%も関係ないのにやったし、とグライダー♪
これ、やっぱりARABAKIで観たコータローさんのギターが強烈に残ってて、王子ちょっとおとなしめ~とか思っちゃう。それはそうと指見てると大忙しの曲だなぁ。

はじまりのブーツ♪
何度でも、何度でも、と叫ぶ兄ィ、いつも以上にチカラ入ってるなーって思ったら、この後のMCで「ライブ中の写真で気に入ったものなんて1枚もない、う〇こ中みたいで」とまぁお下品な!!!
ちょっとだけMC振ったら
友康さん「活動再開のときにVIVA YOUNGに呼んでくれて嬉しくて、そっからうちらのスタートになって今に至る」←省略しすぎ!
兄ィ「初めて聞いたお客さん、あのひと話下手だなぁって思うよ。まぁギターで語ってますからね。」

新曲やる前にいろいろ話してるとき「兄貴~!」「兄貴~、弟いるよ、ここに!」とお客さんからの声。
「何言うか忘れちゃったよ、オレと同時に喋るじゃねー、せめてかわりばんこに話せ!」
あたしのまわりにいた人が、よーかいくんだぁ、と言ってたんで、よーかいくん来てるんだぁと思ってたら、どうやら瑛太君もいい感じに酔っ払って叫んでたというハナシ。
赤ら月♪では、ずっと口パクで口ずさんでる王子。
インフルナオッテルのライブで何かの曲を歌うってなったとき「歌詞わかんないもん」と言い切って、いつも増子さんが歌ってるの聞いてないのかしら、と思ったことあるんだけど、新曲はちゃんと歌詞覚えてるんだぁ。

酒爆♪の坂さんは「ヤング~!!!」そして兄ィ「長生きしろよ~」
出演者もお客さんもとてもヤングではないんだけどね(笑)

セイノワ
ホトトギス
夕暮れ男道
グライダー
はじまりのブーツ
赤ら月
酒燃料爆進曲


最後にセッションバンド怒氣真義人情バンド
Gt:桜井秀俊、竹安堅一
B:ウエノコウジ
Dr:ナカジマノブ
Tp:KAZZ

最初のVocalは翔やん。BE MY BABY♪の生演奏で登場したからこのまま歌うのかと飛び跳ねそうになったけど、違った。
で、ん?なんだ?これ知ってる曲だ?なんだ?
と思ったらボウイのDAKARA♪
歌の後で翔やんも言ってたけど、マニアック過ぎたみたいでお客さんのノリいまいち?あたしは嬉しかったけどね。
次はYO-KINGで、クラヤマさんリクエストでワンダフル・ワールド♪
この後ベースじゃなくボーカルとして登場したのがフラカンのグレートマエカワ氏。ちょっと派手目のオーバーオールは一番ジャニーズっぽいものを選んだとのこと。3人組の歌なんでということで、翔やんも呼び込まれて、YO-KINGと3人で仮面舞踏会♪(中年隊です)
・・・凄かった。思いっきり振付もありで、しかもみなさん歌詞見なくても歌えてる。チョー盛り上がり。
もうこれでいいでしょって感じになりつつ登場は増子さん。
増子さん「いまのでクライマックスでいいだろ、もうお腹いっぱいだよ」
全員でピーズのバカになったのに♪
終わりそうで終わらない、ドラムのタカタカタカっで繰り返されること数回
兄ィ「もういいだろ、ノブ立っとけ!」ってことでおしまーーーい。
ピーズいないのにピーズの曲で〆、翔やんの〆のコトバも「6月9日武道館でみんな会いましょう!」
愛されてるなぁピーズ。

思い返してみると、メンバー紹介がなかった。
あたし上手側にいたんで遠目だったけど、MCのときベース抱えて立ってるウエノコウジがカッコよかったってこと、付け加えておきます。
奥野さんのお話聞けなかったの残念。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏みたい

2017-05-06 19:38:58 | etc.
立夏過ぎてやっぱり夏だ。今日は暑くて1日半袖。
旅の計画でも立てましょうかね、そんな1日。

WHITE version.





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立夏

2017-05-05 19:28:49 | etc.
実家でなんもすることなく、マッサージチェアに座って庭を眺めたりうとうとしたり。

黄色特集。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9連休

2017-05-05 00:35:00 | etc.
あたしのGWは9連休。
東京はお天気よくてお散歩などしてみる。道端の花がキレイだなーと立ち止まるようになったのは年のせいでしょうか。
色鮮やかでキレイだったので写真あげとこう。







ブログ書きながらYouTubeでピーズを漁るように聴きまくり、武道館の予習。
あなたにお薦めの動画で吉川のがあって、アラバキ以来ちょっと吉川熱があがってたところだったので観てたら、ちょっと前のDVDなのかな、骨折ツアーのドキュメンタリーのやつ。初見でした。(ここ最近は買っても観ないので買うことやめてる)
仙台RENSAで「狭い」みたいな感じのこと言ってて(Zeppに比べて、さらには準備してるセットに対してという意味)あーやっぱりスターだな、をあらためて実感した。キャパ800だっけ?
本気なのか、さらに可能なのかはわからないけど、全国のライブハウスツアー(当然キャパ小さいとこも含むんだろうけど)やりたい、とかも言ってて、それいいなーやって欲しいなー。チケット取るの厳しくなるだろうけど、トーク少なめ、ただただ歌い続ける2時間半とかいいねー(^^)
そのためにこちらも体力キープがんばりますっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ARABAKI 2017 メモ

2017-05-04 23:12:10 | イベント
今年の反省と、来年の対策のために。

■仙台行き
1日目は朝イチに絶対観たい!ってのがなかったので、当日東京から移動すればよかったんだけど、過去にシャトルバス大渋滞で仙台駅で並び始めてから会場到着まで4時間かかったことがあったので、念のため深夜バスで仙台入り。
今年からシャトルバスが時間指定制になって適正な人数分しか前売りされていないようで待ち時間がだいぶ改善されてたんで、来年も同様ならば、タイテ見て早々と会場着する必要なければ当日移動もありだな。もう夜行バスはツライ。。。

■シャトルバス
時間指定の前売り。1日目は①7~8時のチケットだったので、7時ちょっと前から並んで20分待ちくらいで乗車。会場まで多少渋滞もあって1時間以上はかかったけど順調。
2日目は③9~10時のチケット、8時50分くらいに行ったらすでに9時の列はできていたけど、やはり20分待ちくらい乗車。
9時くらいにバスに乗ろうと思ったら、むしろ8~9時のチケット買って9時直前に行けばすぐ乗車できそう。ただし、間に合わずその時間帯過ぎると無効になって乗れなくなってしまうらしい。
当日券の扱いはよくわからないけど、当日券列は別に作られてたので数名づつ乗せてくれてたのかな。

■宿
万が一2日目の朝イチに絶対はずせないライブがあったらテント泊もありかなぁと思っていたけど、それがなかったので安心してホテル泊にした。2日目も最後まで見たかったのと、翌日がお休みだったので仙台2泊。

■着るモノ
今年は2日間とも予想外に暖かくて過ごしやすかった。1日目一瞬雨がぱらついたけど気にならない程度。
長袖半袖Tシャツ重ね着して、薄手のフリース着たり脱いだり。
夕方寒くなってきたらレインウェア。いつも暗くなると底冷えするんだけど、今年はそれもなくぬるーい風が吹いてる感じ。軽量ダウン持ってたけど今年は出番なし。(2日目は持ってくのもやめた)

■食べたモノ
ライブ観て、休むときは食べる時。暇さえあれば食べてビールもやたら飲みました。
玉こん(基本)

えび南蛮丼(鳥南蛮のつもりが一瞬の気の迷いでエビにしていた)

100年カレー(美味しいけど甘い、メンチの中にとろ~り玉子のせ)

生ガキとビール(あたしのベストフード☆)

ソーセージとビール(朝イチからコレ、旨かった!)

キーマカレーとナン(焼きたてナンが美味しい)

これなんだっけ?中はチキンとチーズ(カレー味)


カレーづくしの2日間。カレーダイスキ。

■飲んだモノ

会場ではZIMA推しだったけど、あたしはビール一択。公式ビールがバドワイザーで軽くてついつい飲み過ぎ。
水筒に冷たいお茶持参。特に2日目は重宝した。(会場でのソフトドリンクは200円)

■ショックなこと
リポDブースがなくなって、ファイト~!一発!!ができなかった。

■来年は。
2018年4月28日(土)・29日(日)
みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ARABAKI 2017 Day2

2017-05-04 22:06:59 | ライブ
しっかり睡眠、がっつり朝ごはんで、体調ばっちり。
今日は9時台のシャトルバス券だったので、ゆっくりめの出発。

1日目よりさらにお天気がいい。

MICHINOKUに向かう途中羊さんに会いに寄ってボーっとしてみる。

早めに着いたのでまずはビール。昼間のビールは美味しい。
タワレコのとこには、ずみちゃんの幟があるものの今年はずみちゃん登場はなしかな~と写真だけ撮っておく。


カラーゲ屋さんのとこには、加担Tシャツにもなってる増子さんによる絵。


そして、桜もキレイ。


まずはMICHINOKU。
レキシ
早くから後方まで人がぎっしり。なんとか入り込んでPAテントあたりまで辿り着くも、ステージはさっぱり見えずスクリーンしか見えない。
時事ネタ的なものはポール来日ってことで、イエスタディ♪とヘイジュード♪をやってた。こういうのをバッチリきめちゃって初見の人も巻き込んでしまういけちゃんすばらしい。
みんなが稲穂持って振ってるからやらざるをえない狩りから稲作へ♪だいぶ短縮バージョンになってた気がした。そう、いけちゃんにしては結構曲数やってる。

SHIKIBU
KMTR645
年貢for you
KATOKU
狩りから稲作へ
キラキラ武士

終わって流れに任せてHATAHATAへ。
打首獄門同好会
一昨年のライジングで、観たことないバンドを観よう!と思って行ったのが打首でそのとき面白くって今回も。来年武道館やるまでのバンドになってた。あたしが気づいてなかっただけなんだろうけど。
途中からだったので、後ろからじゃほぼステージは見えないうえ、モッシュする若者たちがいて舞い上がる埃がすさまじくさらに見えない。まぁ見えなくたっていいんですけど。
3曲だけ聴けました。歌詞見ながら楽しみたいやつです。

歯痛くて feat. Dr.COYASS
島国DNA
日本の米は世界一

全国のフェスを制覇するってんで、またどっかで会えるでしょう。

さて次、HANAGASAに向かいます。が、このタイミングしかないのでその前にお昼ごはん。
尾崎裕哉
なんとなく興味本位で。
2013年にとあるライブで歌うとこ見てる。
基本ギターを弾きながら歌うんだけど、あるときギターを背中側にまわしちゃってハンドマイクで歌っててその姿がドキっとするほど重なる。そんな風に観てる人はたぶん少ないとは思うけど、やっぱりあたしはそう見えてしまう。。。
声のまっすぐさがキモチいい。愛だ真実だってのはきっと今の若者たちにも刺さる部分はあるんだと思う。
今年のARABAKIに岡村ちゃん出てたらとか、、、、出たとこでもちろん何の意味もないんだけど、ないんだけどそんなことをうっすらと考えてた。

Theピーズ30周年スペシャル
BAN-ETSU。ピーズにはありえない快晴。武道館行ってきまーす!の企画。
トモフ同様にサウンドチェックからそのままお客さんのお相手をしてくれるハルさん。くっだらない下ネタなどかましながら、カメラマンに声かけられても「お客さんの相手で忙しいんだよ」と断ったり、でも出演者との集合写真だったようで慌てて裏へ。ツイッターにステキな写真があがってました。
ベース弾きながら歌うってスゴイことなんだ、ってのを聞いてから、ベースの音と歌をじっくり聴くようになりました。すごそーってことしかわかりませんが。
最初2曲はバンドで。
そしてハルさんが、嬉しくて死んじゃいそう、とか言いながら迎えた最初のゲストがコータローさん。
久々に腰砕けた(笑)。素肌に法被。なんじゃそりゃ!?ニヤけるしかない。あびさんが「カッコいい人は何を着てもカッコいい」的なことを言ってたけど、まさに。
何で、そこ、Tシャツ脱ぐ必要あるんですか?セクシーさ、ここ、必要ですか?って聞きたい。
グライダー♪は最近は怒髪天のカバーで聴くことが多くて、友康さんのギターのイメージが強かったんだけど、それ以上にガシガシ弾くコータローさんとあびさん(王子、もっとガシガシやってくれちゃってよかったんだぁ)、カッコいい。
そしてついでに言うならば、やっぱり声は増子さんじゃなくてハルさんのがいいってこと当たり前なんだけどね。

次、ハルさんの、みなさん視線を下げてください、で登場したのがフラカンの圭介さん。オレが小さいんじゃなくて法被が大きいんだ、とのこと。
コータローさんと同じ法被を着るも、なぜか選挙応援、当選祝いの雰囲気。もしくは町内会の祭りの役員。
とどめをハデにしてくれ♪は、先日の大阪のイベントでみんなで歌ってたやつ。フラカンに合ってる。

ハルさんが、もうベース飽きた、とか言って登場したのがウエノコウジ。え?このあと吉川じゃん。ボーカルはトータスが出てきたんでハルさんは何すんの?と思ったら、テキトーに踊って歌ってた。自由。

そして、ずみちゃん。
今年は会えないと思ってたずみちゃんを観れたのは嬉しいんだけど、なぜここでずみちゃんなんでしょうか。
「男の仕事」の最中でこんな格好で、と本人も言ってたけど、日が暮れても彼女と歩いてた♪せっかくのいい歌が。。。もう目つぶって聴くしかない。

民生くんが出てきたときは、スター感漂ってた。同級生なんだけど敬語になっちゃうんだよねーというハルさんのコトバ聞いて、ってことは大木兄弟と吉川も同級生なのか、と。んんんんん~何と言いますか、いろいろだな、と。

SHISHAMOの朝子ちゃんは可愛かった。ピーズの曲がこんなになるのかぁってのも驚き。
うすべったいじいさん、だっけ?おっさんたちニヤニヤ。

わちゃわちゃとみんな楽しそう。
YO-KING登場あたりで、あたしはそろそろ移動準備で後方に下がる。
トモくんゲストのとき「ちゃんと紹介してよ~」に「同じ顔してるんだし~」というなんともな掛け合い(?)がほのぼの。
今回の出演者で大木兄弟とあびさんだけが武道館未経験で、ピーズとして2人が経験してしまうと残るはトモくん「今日はオレの武道館だぁ~」

武道館ライブをすぐできちゃういまどきのアイドルさんや若手バンドもすごい、ずっと武道館をやり続けられる人はもっとすごい、でも30年で初めてやれるってのもこれはまたスゴイことなんだって思うわけで、あたしも全力で加担します!

ドロ舟
ブラボー
グライダー(古市コータロー)
とどめをハデにしてくれ(鈴木圭介)
実験4号(ウエノコウジ、トータス松本)
日が暮れても彼女と歩いてた(増子直純)
底なし(奥田民生)
クズんなってGO(SHISHAMO宮崎朝子)
デブジャージ(竹安啓一)
このままでいよう(山中さわお、真鍋吉明)
やっとハッピー(YO-KING、真鍋吉明)
シニタイヤツハシネ(トモフスキー、クハラカズユキ)
生きのばし
焼きめし

ちょっと時間おしてるみたいだったんで、最後まで見るのはあきらめて移動開始。
移動時間25分くらいしかないので全力ダッシュ。遠いよ~MICHINOKU。

吉川晃司
途中HATAHATA終わりとかぶって混雑したけど走りぬけましたよ。余裕で開演5分前にMICHINOKU到着。
あら?空いてる、、、、後ろ半分いないんですけどーーーーーあああああ、まぁいい。おかげで前の方までするすると行けてラッキー!!(複雑)
ちょっと長目の呼び込みビーマイイントロで人が集まっていたはず。
第一声が「東北でよかった~!」
吉川さん、絶対最初にこれ言おうって決めてたんだと思う。ニヤってしちゃった。
やっぱり野外のでっかい広いステージが無条件で似合う。
フェスセトリがなんとなく変わり映えしない気はするけど毎回参加できちゃってるものの贅沢な思い、見本市みたいなもんだからTHEキッカワ見せつけるセトリってことだと思おう。
吉川=シンバルキックってのは定着してて、バシっと決めたときの周りのどよめきはすごかった。で、全曲シンバルキックで〆ると思ってる人もいて、「やらなかった。。」とボソッとつぶやくのが聞こえてくると、あのね~怪我したりもあるし大変なのよ、と説明したくなっちゃう。
吉川って意外にギター弾けるんだぁってのを見せつける曲も(そのつもりはないかもだけど)、まわりの初見と思われる男の人がしきりに感心してたんで見事にはまってたと思う。
歌もギターも、途中ジャケットを脱いだ時のどよめきとかひっくるめて、全身がスターですよ。

BE MY BABY
LA VIE EN ROSE 2011
せつなさを殺せない
MODERN VISION 2007
スティングレイ
BOMBERS
恋をとめないで
Juicy Jungle

ビーマイ、恋とめが一番盛り上がるってのがねー、みんなが知ってるヒット曲があるってだけでいいんだけど、ちょっと寂しい気がしないでもない。
スティングレイ♪とかBOMBERS♪のギター弾きたい系の曲はファン的にはカッコいいからいいんだけど、いまいちフェスでやる曲っぽくないなー(BOMBERSの盛りあがりもいちげんさんには難しそう)、以前ワンワー♪とかやってて野外でああいう歌い上げる系がスキだなぁ、と個人的には思う。

次のフェスはどこ?
ウエノさんの予定がいろいろ入ってて、吉川はどこでるの~?
中津川◎、ap〇、風とロック×(←希望)
apもフジと被ってるからないかな~。
ロックインにウエノさん出るってことはRSRはないなーと諦めた(´;ω;`)
じゃあやっぱり芋煮会来て!(箭内さんとの繋がりできたし)

the pillows
ふたたび流れに任せてARAHABAKI、休憩かねて後ろの方からまったりと。
花道喜んでるさわおさんがかわいい。シンちゃん2ステージ目、おっさん頑張ってる。
まったりし過ぎててあんまり覚えてません。セトリのみ。

MY FOOT
Blues Drive Monster
New Animal
Funny Bunny
Fool on the planet
王様になれ
LAST DINOSAUR
ハイブリッド レインボウ

腹ごしらえの後はいよいよ〆。
COVERS 2017~MESSAGE FROM MICHINOKU~
趣旨を理解しないまま吉川観たさに軽いキモチで行ったんだけど、最初のプロデューサーさんのお話聞いて、そうだったのか~と。今、ここで、このタイミングでCOVERSをやる意味を自分なりに理解したつもり。
吉川はおそらくこっちのオファーが先にあってARABAKI参加を決めたんじゃないのかな。

出演者にぴったり合ってて、この人が歌うしかないでしょっていう選曲。
そんな中での吉川、黒くぬれ!♪
動きもエロいし、声の出し方、艶もさっきのライブとは比べ物にならないくらいいい。ミックジャガーを意識しての事なのかエロくてカッコ良すぎ。これ観ずに帰ってしまった吉川ファンがいたらそれは残念すぎる。あたし的今年のベストアクト☆

EGO-WRAPPINのよっちゃんの歌うサン・トワ・マミー♪がこれまた素晴らしかった。
さっき観に行っとけばよかったなぁとちょっと思っちゃたりして、次機会あれば絶対エゴラッピン行く。

斎藤和義さんとトシローのサマータイム・ブルース♪
もしや、と思ったらやっぱりトシロー氏がステージ降りてあたしのすぐ近くに降臨。トシローが出るライブは後方で観てることが多いのでこんな近くで観るのは初めて。神っぽかった(笑)。神を支える人々がそっちに寄って行ったので、あたしはどさくさまぎれに前進。

最後はイマジン♪
民生くんと吉川の同級生コンビ。同級生ということより広島出身の二人を選んだことに意味があるんだろうなぁって思った。ステージ上では照れるよなぁって感じで二人してうろうろニヤニヤ。
曲のラストは全員集合、どうやら吉川が〆ることになったようだけど、笑いながらシンバルないし~的な動きをしてエアシンバルキックしたりと、民生くんと一緒でリラックスしてる感じ。

アンコールはなくて、君はLOVE ME TENDERを聴いたか?♪の歌詞がスクリーンに出て曲が流れておしまい。
菅さんも話していたけど、清志郎さんがいたら今どんな歌を歌ってくれたんだろう。



明日なき世界(TOSHI-LOW)
風に吹かれて(斉藤和義)
バラバラ(甲本ヒロト)
シークレット・エージェント・マン(Leyona)
ラブ・ミー・テンダー(奥田民生)
黒くぬれ!(吉川晃司)
悪い星の下に(三宅伸治、箭内道彦)
サン・トワ・マミー(中納良恵)
マネー(仲井戸麗市、湯川トーベン、Leyona、三宅伸治、Dr.KyOn)
サマータイム・ブルース(斉藤和義、TOSHI-LOW)
イマジン(奥田民生、吉川晃司)



これでARABAKI2017終了。全部楽しかった!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ARABAKI 2017 Day1

2017-05-04 00:37:22 | ライブ
今年もARABAKI!!春の恒例行事です。
当然出ると思っていた怒髪天が出ないのは残念だったけど、代わりっていうかそれ以上に嬉しかった吉川の初ARABAKI。行かない理由はない!

毎年のことながら前日は仕事が月末繁忙時期なので最終新幹線にも間に合わないだろうってことで、深夜バスで仙台入り。これ、いつまでやれるのか?(そろそろ限界と思われます)1日目、朝イチで観なきゃってのがなかったので始発新幹線でもよかったんだけど、以前の会場までのシャトルバス渋滞を考えると怖くて早朝仙台入りの夜行バスにした。

シャトルバスが7時台のバス券だったので7時ちょっと前から並んだら意外とすぐに乗れて順調に会場到着。しばらく待って10時開場。テント泊をするお友だちのおうち設営をお手伝いしてたら汗だく。いい天気。寒さを気にしていたけど意外に暑い!


堂島孝平楽団Presents春のヒットスタジオ磐越編
アラバキ一発目はBAN-ETSU。ビール飲みながら野外はいいね。
アラバキでは堂島さんのこと結構観てるけど、いつもゲストありな感じ。大使だからか?この日はゲストが藤井隆さん、椿鬼奴さん、だいたい想像がつきますが(笑)
ナンダカンダ♪で大盛り上がり。ヒット曲って大事~。
奴さんは、相変わらずのノリで本人も楽しいでしょうが、観てるこっちも楽しい。明菜ちゃんのモノマネとかするけど、若者たちはわかるんだろうか。
で、堂島さんの歌の印象が、、、、ないっ(笑)
最後は3人で、さよならの向こう側♪終わりそうで終わらないパターン、しつこいくらいなんだけど、それでもやっぱりしつこいくらいに笑える。

この後は、TSUGARUの真心ブラザーズと思ったんだけど、そうか、渋滞するんだった~ってことで間に合わず、ムダな移動になりました。遠くに歌声聴きながら歩いて、玉こん食べに行きました。
チョコえもん

ロックの図書館・分室。奈良さんの絵、スキ。

引き続き腹ごしらえしたあとは、みっちゃん観にBAN-ETSUに戻ります。こんだけで往復1時間だもんなー、よく歩いたわ。

清水ミチコ
初っ端のMISIAには驚いたけどああいうオチなのね。で、いろんなモノマネ続いちゃうと一体何観てるのかわからなくなるんだけど、ただただ腹筋よじれるくらい笑った。
〇〇さんの作曲法ってのが面白くて、スピッツ、サカナクション、ミスチル、クリープハイプ、ゲスの極み乙女、いきものがかり、などなど。みっちゃんにかかっちゃそれっぽいヒット曲作れちゃうんじゃ?と思えてくる。
清水ミチコを観に来たのに、いろんなアーティストを観れちゃった気分。お得感マックス。

この後は、グループ魂→ユニコーンと行きたかったんだけど、早々と体力の限界を感じる。もう眠い。
お友だちのテントでお昼寝タイム。こんな時間の使い方、贅沢ですよ、まったく。矢野顕子×上原ひろみのステージの音を聴きながらzzzzz

すっかり回復したとこで、ごはん。寝るか食べるかライブ観るか、ホント幸せな時間です。
こっからはARAHABAKI、ロックフェスに参加してる感がやっと出てきました!

BAND TOMOVSKY
いつも通りサウンドチェックからそのままだらだらと。
ハルさんがキーボードでネコふんじゃった♪を弾きトモくんが踊る、大木兄弟がじゃれ合ってるのを見るのは何だか癒される。(←あってるか?コレ)
花道からわざと落ちてみたり、この二人だから許される。
ライブ始まってからも、楽しーーを全身で表すトモくん。ワンマンは行ったことないけど、なんとなくみんな知ってる曲ばかりになってきてて、この感じ、いまとっても楽しい。
歌う51歳、花道の51歳!すばらしい~。
詞的にはどれも哲学だと思う。

薄暗くなってきた空に三日月。


フラワーカンパニーズ
ロック互助会が続きます。
ド頭の深夜高速♪にはビックリ。久しぶりに聴いたかも。
やっぱり長く続けるバンドってのはぶれないんだなぁってのをしみじみ感じながら観てました。何がって、、、なんだかどれもがネガティブの中のわずかな希望☆みたいな感じが。
そして最後は、ヨサホイしちゃう。

深夜高速
脳内百景
消えぞこない
あまくない
最後にゃなんとかなるだろう
真冬の盆踊り

腹ごしらえ&ビール。
この時間にビール飲めちゃうくらい、寒くない。
オフィシャルビールがバドワイザーで軽いからいくらでも飲めちゃってヤバいです。

THEイナズマ戦隊
若手と思ってたらもう20年選手だそうで、互助会入り近いか?!
イナ戦は2011年に怒髪天との対バンで観て、そんときからかなり気になってたんだけど、なかなか出会う機会がなく、フェスに出てても他に見たいものが被ってたりで、ライブはそのとき以来の2回目。
あっつい感じ、スキです。
「デビュー20年でメンバーチェンジなし活動休止なしヒット曲なし」とフラカンをパクるも、「提供した楽曲が大ヒットしたことあって、フラカン先輩すいません」
で、関ジャニの曲をやってたけど、みんなちゃんと歌えててライブではテッパン曲になってるのかな。そう考えるとドハツも提供曲ライブで聴きたいなー。
応援歌♪これを6年前に聴いてビビビときたんです。聴けてよかった

パーダラ・ブギ ~後悔するにゃ若すぎる~
ズッコケ男道
赤い命が燃えている
33歳
応援歌
合言葉~シャララII~生きててくれてありがとうな


これにてARABAKI1日目終了。
テント泊のお友だちと別れ、バスでホテルへ。疲れ切った体にはお風呂とベッドじゃないと快復できないお年頃です。
あたし的には、昨日の朝起きて会社行ったとこから続いてる長い2日間がやっと終わる~な感覚。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サプライズがないのがサプライズなライブ。

2017-04-27 02:06:51 | ライブ
アラバキの準備を始めたら寝れない。。。

さて日曜日、GCグランドフェスティバルに行ってきた。
「日本初の障がい者が主催するエンタテインメント事業」、いろんな意味で意義あるイベント、なぜそこに怒髪天?!とか思いながらの参加でした。



GC GRAND FESTIVAL 2017@EXtheater六本木

[OPENING ACT]500,000,000YEN
vivid undress
怒髪天
the pillows

予想通りの順番でした。まぁ怒髪天のあたりから観れればよかったんだけど、ワケあってOAから参加。
最初の頃は会場の広さのわりにお客さん少なくて、あっれ~(◎_◎;)と思ったけど、だんだん増えていった。それでも超ゆったりでしたけど。
OAと1バンド目は初見で何ともわからないので、感想は省略。

■怒髪天
おしゃべり貯金もたまってるはずだと思うし、語りたいであろう時事ネタも多そうだったけど、こういうイベントだからか、増子さんのMCがわりとおとなしめ。
この日は兄ィのお誕生日。
MCで、「51歳になりました」と言ったときに友康さんが嬉しそうな顔したのは見逃しませんでした。オレの方が若い!アピールだったかと(笑)
お誕生日なのにサプライズないの?サプライズないのがサプライズ?としきりに言うものの、結局は何もなく。ワンマンじゃないしね。
主催者の方からピザを差し入れしてもらったけど出番前で食べられないよ~と思ったら、他の3人はガッツリ食べてた、と。
シミさんと王子「美味しかった!」
増子さん「俺の分残してくれたの?それがサプライズ?」
王子「それ!」と人差し指を立ててニッコリ笑ったときに思わず「かわいい~」と50歳のおじさんに向かって声が漏れてしまったよ。

そんなわけでライブの感想は、、、特に覚えてない、いつも通り。
酒爆♪の坂さんの雄叫びが思い出せない。ギロッポンだったっけ?
はじまりのブーツ♪の最後で友康さんが表情を一変させて満面笑顔になる瞬間を見た、ような気がする。笑顔になったぁとなんとなく思った記憶。
赤ら月♪
ライブで聴くのは、粟津に続いてこれで3回目。もうすっかりこっちの体にも沁みこんできていい感じ。

8曲で45分くらいと短いライブだったけど、完全燃焼。
このあと飲んだビールが旨かった~。
ビールが旨けりゃ、オッケー!

■the pillows
フェスとかイベントとか見るくらいなんだけど、今回初めてさわおさんが1曲だけギター持たずにマイク持って歌うのを見た。
カッコイイじゃ~ん。
音楽的なことはわかりませんが、ギター持っちゃうと動かないから、あたしは動くボーカルが好き。動きすぎるボーカル、ヘンテコな動きするボーカル、さらに好き(笑)

13曲もやったのか~。知ってる曲の方が少ないんだけど、あえて探して聴いたりしない。これ以上いろんなのにハマると困るので。

1.Advice
2.I think I can
3.New Animal
4.LAST DINOSAUR
5.王様になれ
6.Fool on the planet
7.Swanky Street
8.パーフェクト・アイディア
9.About A Rock'n'Roll Band
10.LITTLE BUSTERS
11.Locomotion, more! more!
EN1.Funny Bunny
EN2.ハイブリッド レインボウ

いただきものなので、合ってるかはわかりませんm(__)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェスフェスフェス

2017-04-22 22:10:02 | イベント
今週は女子会が2回もあって疲れた。1回は歓迎会を兼ねてたんで完全なるお付き合いで出席したけど、職場の人のウワサ話に終始するこういう集いはキライ、もう行かない。行かないとウワサのターゲットになるんだろーなーとか思うけど、もういいさ。そんなの気にする年でもなし。
あ、「女子」って言うのは図々しいだろってのあるけど、女子刑務所とか女子トイレって言うんだから「女子会」でいいらしい。

疲れ切った1週間のおわり、アラバキの準備しなきゃと思いつつも何もできず終わってしまった雨降りの土曜日。
あたしの今年のフェス事情、アラバキは確定で、他はライジング・風とロック芋煮会・中津川ソーラーが予定。
吉川が会報でアラバキ以外にひとつふたつフェスに出るって言ってるんで、中津川とap bank fesなのかなぁと勝手に予想してたけど、apの第一弾にも中津川の第二弾にも発表されないし、、、どうなんだろ。
ライジングはないよねー、やっぱり。
そうこうしているうちにツアーが追加発表されてて、これはファイナル詐欺じゃん(笑)。ホール取るのが大変とはいえ小出しにされるといろいろと予定が。。。最終的には、さらにツアーファイナルらしいファイナルが発表されたりするのか?
芋煮会2日目と吉川のいわきが被るんで、何なら増子さんの紹介キャンペーン!で1日目の芋煮会来て、ついでに野球もやっちゃってよ~とありえない妄想してたら、こりゃ芋煮会絶対行こう、となりました。

そういえばコレクターズのインタビュー読みたくてCAST買って読んでたら、ドラムのcoziの名前の由来が吉川晃司だとか。おーーーー、素晴らしいじゃないの!

今年のアラバキ、お天気はどうかな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファンミ

2017-04-16 23:00:18 | ライブ


ファンミなるものに行ってきた。コレクターズさんの。
一般でライブチケット取れるのでファンクラブに入会するつもりはなかったんだけど、武道館のあと勢いで入会しました。勢いっていうか、こんなカッコいいライブ見せてくれるんだから応援せねばってキモチが高じて。
で、入会した時にファンミーティングのお誘いメールが来たんだけど、ファンミというディープな響きに新参者としてはまだムリと思って申し込まず。数日前に当日券出ますメールが来て、次のライブがだいぶ先だな~って思って意を決して参加。

Collectron
SPECIAL CAMP 2017 39th ANNIVERSARY@下北沢GARDEN

こんなステキなタイトルのついたイベントだったのね。

前売りが350番くらいまで出てて、そのあと当日券が十数枚という感じ。中はわりとゆったりめ。コレさんのファンはあまりガツガツする感じではないみたい。

ファンミーティングって何だろー。トーク?もしかしてファンとカラオケ大会?じゃんけん大会?とか経験値が偏ってるあたしはかなり不安だったんだけど、フツーにライブでした。よかった(^^♪
たぶんファン的にはレア曲とかあったんだと思うけど、あたしにはわからないので、これ知ってるやつだ、これ知らな~いって感じでフツーに楽しめたライブでした。
最初にリーダーとコータローさん2人でやったのがファンミ的なスペシャルなやつなのかな。そんときはリーダーの声が出なくてツラそうで、今日は氷室さんみたいにセイ!ってやるからって言ってたけど、その後は全然大丈夫になってて、さすがなボイスの持ち主です。

武道館後FCに100人くらい新加入したけど、お茶の間に届くにはまだまだだなぁ、どうすればいいんだろ、とリーダー。
先日の粟津で増子さんは「アニメ映画の主題歌をやる」という作戦だったけど、コータローさんのお答えは
「ヒットは棚ぼた。待ってても来ないし、狙っても来ない。裏工作のことはここでは話せない。」
さすが人生評論家のおコトバ。

武道館の映像でコータローさん的見所は「Dog Race」でのマラカス投げがこれまでで一番うまくできたところだそうで、でもカメラは追いつけてないよねと言われ、「増子の櫛みたいなもん」
互助会バンドのハナシがでるといちいちニヤニヤしてしまう( ̄ー ̄)

リーダーはコータロー君になりたいと言い、コータロー君は?Jeffは?coziは?というわちゃわちゃバナシもあったりして、お話タイムはやっぱり面白いなー。

ライブは1時間半くらいで終了。ちょい短め。
コレクターズ観るといつも音が全部聴こえてバランスいいなぁって思うんだけど、それはわりと後ろで観てるからなのかな。ギタリスト前にかぶりついたりするとバランスがどうとかそんなんわかんないもんね。
終了後しばし待ちがあってから、メンバーがお見送りをしてくれるということでお客さん退場。
こんなに簡単に握手できる機会があって、なんて贅沢なこと!そしてなぜかほとんど緊張しない。
「武道館の後にファンクラブに入りました~」とリーダーに話して、分厚い手でがっつり握手してもらい、他に話すこと考えてなかったんで、JeffさんCoziさんコータローさんには「ありがとうございまーす」。意外とみなさんガッツリ握手してくれる。
今はまだ顏も目も見れちゃうんだけど、この先、だんだん緊張するようになっちゃうんだろうなぁ。
そういえばこういう場合は嗅覚も働かせる習慣づけしようと思ってるんだけど(あらゆる場で対応できるように)、今日はできてなかったことが反省点。

ちょうど1年前が野音だったらしい。
野音行ってみよっかなーってふと思ったとこからコレクターズ沼への片足つっこみが始まってしまったわけだけど、この出会いをちょっとずつじわじわと楽しもう。
6月からのツアー、ドハツツアーとかぶってしまってるけど、合間合間にちょこっとコレクターズさんにも行く予定。
忙しくなります!(^^)!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粟津の旅

2017-04-16 11:20:55 | 
粟津温泉でのライブは3回目。あたしフル参加です。

羽田から小松までは約1時間、上昇したかと思うと下降するってくらい近いです。ちょっとしたラッキーにでくわし、今回の旅の1ラッキー。

粟津に行っても何もないので、とりあえず小松駅まで行ってランチ。石川のソウルフード、8番らーめん。「8」の日割引してもらって2ラッキー。

駅近くを散策。「サイエンスヒルズ小松」と「こまつの杜」、お天気いいし時間つぶしにはちょうどいい。
「こまつの杜」はなかなかの見ごたえあり。桜もキレイでした。地元企業の地域貢献で無料だしね、3ラッキー。




2日目は那谷寺へ。
前々回ひとりで来た時は紅葉し始めのころでした。
お寺に着いたら何やらイベント中?全然知らなかったんだけど、那谷寺開創一千三百年大祭で御柱立柱祭やってました。なんと!4ラッキー。





地元青年会の獅子舞を先頭に御柱をくぐり橋を渡りました。
そのまますすむと、御本尊十一面千手観音菩薩ご開帳ってことでありがたくお参り。お~!5ラッキー。
でも今年に向けて毎年ご開帳していたのか、確か一昨年も拝見したような気がします。

時間があったんで、ひと回りしてじっくり散策、結構広い。


粟津温泉に戻ってからは、まだ時間があったんで足湯したりまったりと。

演舞場のお隣は桜が満開。


ライブではピックゲットという6ラッキー。

ライブ後は、北陸新幹線で帰るのでどうやって駅まで行くか思案してたんだけど、駅行きのバスに間に合って7ラッキー。

恒例化される湯ナイテッド・アワーヅ、だんだんと響都の宴みたいにチケット争奪が厳しくなる予感。
来年も行けますように。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯ナイテッド・アワーヅ2017☆2日目

2017-04-16 02:14:51 | 怒髪天
予約しといたニコ生を今日観てしまったので、ライブのその時その場で思ったことをすっかり忘れてしまった感じなんだよねー。もったいない気がする。
映像で2階後方からの全景を見るとびっくりするくらい狭い。こんなステキな場所でいつも通りの全力のライブ観れるシアワセ。


温泉入って観光して、そして16時開演で昼間っからのライブ。

4月9日
怒髪天 presents 湯ナイテッド・アワーヅ 2017@粟津演舞場

今日は1階席にしてみた。番号それほどよくないけど、狙い通りの上手。花道近くだとシミさんや増子さんが来るので、思い切って下手の花道側にするかという選択もあったけど、そこは上手界隈の習性、やっぱりいつものところの落ち着きました。確か去年は中央ブロック横10席だった気がするんだけど、この日は11席だった。増やしたのか、ニコ生中継の設備なんかのため狭くなったから押し込んだのかわかりません。
中央あたりだったけど、やっぱり近いね。
昨日の2階はめちゃくちゃ暑かったけど、1階はそれほどでもなかったかも。やはり1階の熱気が2階にのぼってってるわけね。

増子さん、この日はすっぽんから登場。
ライブのときはあれ?って思ったら花道にいたって感じだったけど、ニコ生見たら、近くの席の人は、こっから出てくる?!って期待があっての登場で面白そう。
1曲目が前日と違っていて、2daysでちょっとでもセトリ変えてくれるのは嬉しい。
酒爆♪坂さん、「ババンババンバンバン!」字余りすぎ、よく入れ込んだ!
生きててイイですか?♪と全人類肯定曲♪の流れってすごいなー、とあらためて。いろいろあってもやっぱり生きるしかない。
生きててイイですか?のとき、シミさんと友康さんが同じタイミングでバーっと2階へ。
いいないいないいな。
1階からはよく見えてなかったけど、ニコ生見たらもうすぐそこで座っちゃうかってくらい腰落として弾いちゃうから、そんなんなったらひえ~!!ってあたふたしてどこ見ていいかわからなくなりそうだ。

MCは、映画の主題歌やればあたるんじゃないかってハナシ。狙うは「君の名は」の続編「ワシの名は」、こんなオファー来ること祈っております。
前日公開された新曲MVのハナシ。衝撃的だった友康さんの髪型の件。
友康さん「他のお三方はそのままで昭和な感じで」
友康さんだけ髪型が昭和感が足りないってことでかぶったと。舞台役者!の増子さんからするとメンバーの芝居はワ~、ギャー言ってるだけ、って言ってたけど、結構お芝居してるなぁって思うなー。友康さんの髪型含め、どうしちゃったんだぁと思っても何度も見ると見慣れてくるもんです。
最近の若手?バンドのハナシからだったか流れ全く覚えてないんだけど、あんなぐるぐる回っちゃって(サークルモッシュのことですかね?)バターになっちゃう、って言ったのがツボった。バターになる、これわからない人も多いだろうなぁ。

ラスト曲では通路におりてきた王子が、あたしに向かって弾いてくれてるかのような勘違い(上手のそこらへんの界隈みんなそう思ったに違いない)。
勘違い上等!いや楽しかった。

そしてコレが飛んできたー!
昼間、縁結びの神・庚申さんにお願いしたのが早速叶った。
今年の取り分はきっとこれでおしまいです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯ナイテッド・アワーヅ2017☆1日目

2017-04-16 00:38:02 | 怒髪天
松を背負ってロックンロール!
今回で3回目の粟津温泉ライブ。チケット入手が厳しかったけど、なんとか取れて2日間行ってきました。

4月8日
怒髪天 presents 湯ナイテッド・アワーヅ 2017@粟津演舞場

1日目は番号よくなかったので2階へあがり上手側。ホールやライブハウスの2階と違って、上から見おろす感じ。ステージとの距離は超近い。ライブハウスで前になっちゃうと近いけど目の前しか見えないんだけど、ここだと全体が見える。座って観るのはどうかなぁと思ってたけど、それはそれでOK。ジャンプはできないけど、キモチは跳ねまくりです。

この会場は特別。
ライブ前にひとっ風呂浴びて浴衣姿で来る人や、飲みながら観てる人、リラックスしまくり。
増子さんがしきりに「いいなぁみんなは遊びで来てて。俺ら仕事だもん」と羨ましがってた。

上から見おろしてライブ観るなんてことないので、新たな発見もいくつか。
増子さん、登場早々からハイテンション、足が動きまくりステップ激しく、そして面白すぎる動き。こりゃあ最初のMCですでに疲れちゃってるわけだ。

普段あまり見ることのない他の界隈さんもよく見えちゃう。
増子さんがアテブリ王なのは知ってるけど、結構界隈さんも増子さんと同じ動きしてる。アスファルトにライン引いたり、一番星散ったり。さすがに真珠を欲しがる豚になってる人はいなかったかも。
ある曲で急に飛び跳ねて喜び現してる方や、号泣してる方、界隈さんそれぞれの思いがあってここに集まってるんだねぇ。

あと。。。こんな時じゃないと見えないであろう、、、、頭頂部、まだ無事だったと思う。これ大事なこと、一緒にいたお友だちと終演後確認しあった。見てるとこ同じじゃん(笑)

1曲目がはじまりのブーツ♪っていい。4月っぽいなぁ。
酒爆♪坂さんは「らじうむ~!」だったかな?!
青嵐♪は、初めて聴いたと思う。過去の曲に全部おいついてないんだけど、ライブで初聴きってのが嬉しくて、逆にそれもいいかなって思うようになってる。新曲みたいに聴けるの楽しい。
一番星ブルース♪イントロのギターを息のむ感じで見つめてて、一転して激しいリズムがめちゃくちゃカッコよかった。
こっから、サムライマン、69893、グレナンと、何とも昭和感溢れてて、背中の松の木ともぴったり合っててよかった。
平成終わったら、昭和は今でいう「大正」の位置なんだなぁ3つの時代を生きちゃうわけかーとかどうでもいいこと考えてました。
久々に聴いた69893♪セリフちゃんと出てきてよかった。去年の舞台経験が生きたセリフ回し!(笑)

MCは相変わらずで、どっかでシミさんが「長くなるんなら座ってもらったら」とか言ってたなぁ、そんくらい長い。
「あの時ああすればよかったなってことはない、全部うまくいってるわけじゃないけど、まぁいいかと思える」って増子さんが言ってたのが今日イチ印象的だった。
あと今後のことで、他のバンドならやらないだろーってこと、おっさんたちやるなーってことをやった、とか。何だろ、楽しみだ。

舞台をやっていろいろオファーが来てるけど、バンド優先したいから断ってるとか言ってたけど、クドカンの大河とか出ないかなー。
最近受けた意外なオファーは漁船乗って真鯛釣って料理するグルメ番組。いったい何故このオファー?と思ったら、居酒屋ずみちゃんからだったとか。
どこでどうつながるかわかんない。
で、このロケの前にインプラントの治療したばっかりで頬が腫れてたとか。(あとで見直そう)
舞台のハナシしてて、結構踊れると言った兄ィ。それにのっかって楽器隊が演奏し始めたもんで、しぶしぶボックス踏む兄ィ。これってホントに踊れてるのか?!なレベルかと思います。

そして友康さん、粟津の過去の記憶が消えていた。
友康さん「今回3回目だけど、アコースティックでやってエレキでやるのが初めて」
え――――――!!!!界隈騒然。
増子さん「違うよ~。まぁ友康が言うんだったらそうだろうけど」←王子には甘い
友康さん「やりましたねー。今日朝早かったんだよ。2daysってのが初めてなんですね。」
違うよ――――!!!
友康さん「もうあんま喋んないっ!」
かわいすぎだよ、おっさん。
友康さん「昔のことは忘れちゃう。未来のことしか考えてない。」

歌いながら2階にも上がってきてくれた兄ィ。
うわっ!兄ィがくる!ってなった瞬間、2階上手では無造作に置かれてた荷物をさささーーと片づけたりと界隈のみなさん動きが早い!
すぐそこで歌う兄ィ、ライブなのはわかってるんだけど、なんだこりゃ?な気分。座って観てる傍らで歌ってるわけなんで。
シミさんは2階下手に上がって行って、それに気づかない下手界隈の皆さん、対面で観てるあたしたちは、「志村、うしろ!」の感じで指さしてた。シミさんは結構何回も、そしてかなり後ろの方までうろうろと。
王子はこの日は2階には来てくれなかった(涙)

そして新曲、赤ら月♪
今日1日がいい日だったかどうか、今日までの人生がよかったかどうかを判断するための歌。人生の指針にもなりえる(ならんか。)歌。いいねー。
バカの取り柄は元気だろ!

オトナノススメ♪のバンバン、ちゃんと周りに合わせてやるってことを完全放棄の王子。
この曲の途中で通路降りてきて上手界隈騒然、2階からも見おろして騒然、下を覗き込んですごそこ状態、さすがに手伸ばしても届かないけど。

そんなこんなで1日目終了。
かなりの充実感。
赤ら月によれば、ビールが美味しい!はずだけど、体調絶不調につきアルコールなしで早寝。
でも明日の約束があるってステキ。



去年の分のサインが追加されてた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『激突!Battle -13-』

2017-04-10 20:55:17 | 怒髪天
4月になってすでに3ドハツ。
最高!が更新されてしまって、どんなライブだったか忘れちゃったけど、4日の対バン、セトリとちょこっと思い出など。



2017年4月4日(火)
ひめキュンフルーツ缶presents『激突!Battle -13-』@渋谷TSUTAYA O-WEST


先攻は怒髪天。
もはや楽しかったこと以外覚えていない。明らかにひめキュンファンの皆さんも盛り上がってくれてて、そういうのって嬉しいし、みんなで盛り上がってこーってのでライブがより楽しくなる。
「平日にここにいるってことは社会に必要とされていないみなさん」とか言っちゃう増子さん。その言い方、ひめキュンちゃんファンにはOKでしょうか。。。あ、そういえばひめキュンファンを「キュン団」と命名してた。
ひめキュン本人たちが一生懸命やるのは当たり前として、一生懸命応援するキュン団の皆さんを見てると、うるっとしてしまう、おっさんがおっさん見て泣きそうになるとか。
かわいい女の子たちと一緒にライブしてて、好きになったりしないのか?と聞かれたけど「お父さんみたいなキモチで、若いバンドの奴らが近づかないように守ってる」みたいなこと言ってたなー。

イベントで時間が少ないっていうのにピーズのカバーをやるピーズ愛。シミさんはいつも加担Tシャツ。あたしも武道館の日まではなるべく加担Tシャツ着るっ!



後攻でひめキュン蝦夷乃無頼缶。
おっさんたちもお揃いの衣装。
坂さん、ひめキュンちゃんたちが後ろ向いたときは笑顔だったりするのに、それ以外は明らかに辛そうな顔してるのがちょっと可笑しい。
始まる前に無頼缶初参加の界隈友に、ひめキュンは5人だよと教えたのに4人しかいなくて、あれ?と思ったら体調不良でひとり欠席とのこと。そんなわけで今日のセンターは坂さん、と紹介されてた。
シミさんは余裕の笑顔。何かの曲で「シミさん、一緒にジャンプ!」とか言われてピョンピョン。
友康さんは扱いが王子なんで、ギターソロんときはかわいこちゃんたちがみんなしてヒラヒラヒラ~な状態、あたしも推しジャンなるものを初体験、楽しかった!
ときどき桜子ちゃんと絡んだりしてるのを見ると、フツーならじぇらしいなとこなんでしょうけど、もうなんともほのぼので、ここはひとつうちの王子ヨロシク~なキモチになるのは何なんでしょうか。

アンコールではみなさんそろいのTシャツ姿、友康さんがソデを捲り上げるのが萌え~でございます。
増子さんも登場して新曲の恋ノ猛毒果実♪を一緒に。お嬢さんたちのダンスの邪魔をしないように下手側にスタンドマイク、控えめにステップを踏むけど、何となく怪しい。
真顔でかわいいフリつきで歌うってのも見たかったんだけど。

平日夜のライブ、あたしたちは社会に必要とされていないわけじゃなく、マラソンの給水ポイントでの水分みたいな補給が必要なんですよ。
時間は短かったけど、週の半ばでドハツ分補給完了。週の後半も頑張れる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪キャッツ

2017-03-26 19:06:21 | 観劇
組合3マン、平日大阪で19時開演じゃ日帰りは無理かなぁと思ったんで大阪泊。
一遠征で一ライブ+一観光というマイルールなんだけど、観光が思いつかなかったんで、さらに一エンタメ。


四季で一番好きなのが「キャッツ」
C席の後ろの方だったんで、舞台を見下ろす感じでかなり見づらい。東京の劇場の方が見やすかった。東京で観たのがもう何年前だろ、忘れてるとこもあったけど、思い出しては感動。

誰にも同意してもらえないんだけど、鉄道猫のスキンブルシャンクスが好きで、見てると涙出てきちゃう。なんだかよくわかんないんだけど。

大阪のあと東京公演始まるんじゃないかってハナシもあるようで、楽しみです。



おまけ。大阪の蓋。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加