「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!のこと・その5

2016-11-02 19:01:48 | 自分の動画のこと
えーと……。(←アイチャレで何もかも吹っ飛んだ感)


いや実際、動画作った時とは結構状況が変わってしまったところもあります……。
はよ書かないからだよ!ってことですね。
とにかく上位おめでとう法子!デレステコミュ初登場おめでとう!最高だったよ…!

最近動きが活発なメロウ・イエローをよろしくどうぞ!

1番がスカウト→「アイドル」へチェンジ、色々なお仕事をこなしていく…
んで間奏で「レッスンの日々」→(レッスン後の)コミュ2と来ましたので、2番サビは一人じゃない、ユニットのアイドル活動を見せる感じで。
メロウ・イエロー衣装は本当にすっごくいいよね…!!大好き!!
チーム・フラワーのドナマメ衣装は動画中二度目の登場となりますが、まあしゃーないよねと…。あと「穴が開いてる方?」「耳がついてる方?」も以前の動画で使ったことのあるセリフなので迷いましたが…

だからと言って「悪巧み編」とかのセリフを使うとおかしなことになるのでこれもまあしゃーないよねと…。

それでその後の間奏がこのシーンになるんですけども、

これはぷちエピソードのセリフを持って来てます。そしてこの法子の思いつきの「結果」として
スクールガールのお仕事→幻想公演の主役のお仕事!
と繋がるようにしております。

そしてよく見ると最初の間奏のぷちレッスンでは、

唯一、弱音らしきものを吐いているという。

…法子が特別「演技」に苦手意識を持っているとかそういうことはないのですが(レベルが低い間はそういう感じのセリフは他にもある)、なんせ13歳です。「元気いっぱいな法子ちゃん」に想像できない=上手く表現できない気持ちがあっても全くおかしくない……と、私は考えてます。
そしてそう考えるもう一つの根拠が……これだぁ!

デレステ名物ドヤ顔法子!! カワイイ!!
すぐまゆげが \ /みたいになることに定評がある法子(特にクール曲)。
愛されると同時に考察も進んでおり(大げさやな…)、「法子が『カッコよく!』と頑張るとこの表情になるのではないか」という見解が一般的です。
つまり、あまり表情での演技が得意ではない!

演技はそれほど得意でない法子が、
→自分で自分に特効のレッスン方法を見つけ出した結果、
→ドラマのお仕事が来た!(スクールガール)
→そして主役へ…!(栄光のシュヴァリエ)


という!!成長の物語を描いてた(つもりな)わけです!!
まあこれはかなり伝わりにくいよなと思っていたので、今必死に解説している次第です!!(…………)

アイドルソロデビュー → ユニットでの活動だったり、
ドーナツのかわりに歌う(コミュ1) → ドーナツの本当のおいしさに気づく(コミュ2)だったり、
スターリースカイ・ブライト → アクロス・ザ・スターズ だったり、
「ラン・ラン!」の歌に乗せて、法子の「成長」を描きたいとひたすらに考えた末のこの構成だったのです!
…うん、もっとわかりやすくしないとだめですよね!!


…なんかあやうくまとめに入りそうになったけど、最後のとこがまだでしたね。

1番2番と自分で立ち絵を用意してセリフを載せて……ってやってきたので、最後には「ゲーム画面そのもののコミュ映像」を使いたいと思ってました。…でもどう見ても力尽きたみたいだよね最後だけこれって…。ちが…違うんです……。
コミュ画面法子はぴょこぴょこ動くとはいえ、ずっと同じ画面じゃ見てる人が飽きてしまう。だから「カットイン」を入れることにしました。

動画説明文にもお名前を載せさせていただきましたが、こちらが法子コラの達人「リカルド」さんによるちっちゃい法子です!カワイイ!!「小さい頃から(中略)泣いててもドーナツでにっこり」という法子のセリフにピッタリの!笑顔です!
ちなみに細かく書くと見る前からネタバレ(?)になるし、ということで説明文には書けなかったのですが、このちっちゃい法子の他に、ラストに飛び込んでくるスウィートサークル+の「全身」画像、あとこれは前にも書いたけどドナ爺の切抜き素材も、リカルドさんの手によるものです!この場で熱く、お礼を申し上げます!!ありがとうございます!!ちなみに許可を取りに行ったのは誕生祭2日前でした。最低かよ!!(……)

じゃあこれは?って感じなんですけど、これは私が頑張って作りました!!

リカルドさんのこの作成講座を参考に…!



はらぺこ法子の表情を変えて、この制服千早ちゃんと合体させました。……やってる時はリボンの色も赤に変えたりとかしてみてたんだけど、白黒にしたから意味なくなった(馬鹿だ…)(こういう無駄な時間が多すぎるんだよな…)。

さて、このセリフに関して。
この「合唱部に入っていたけどやめた」というのは、法子のぷちエピソードで聞ける話です。本人は全く暗い感じは出さずに(もちろんあんな顔↑も一切してない)教えてくれるこの話ですが……、私はこれを初めて聴いた時から、ものすごく、引っかかってました。
「放課後はみんなと遊んだりしたいから」「やめちゃった」。
それは本当に本当で、ウソなんかではないのでしょう。
だけど…中学校生活の中で「部活動」っていうのは、結構大きな割合を占めるものじゃないんでしょうか?(ハッ、まさか、今は昔と違うとかそういう…)(自分で書いてて傷つくなあ…)
そもそも「みんなと遊んだりしたい」のに、どうして合唱部に入ったりしたのか??誰か仲の良い友達に誘われた?それで(もちろん「楽しそう」とは思って)軽い気持ちで入ったけど、予想以上に練習が本格的だった…。こんなはずじゃなかったから、やめることにした。合唱部で、本気で合唱に取り組む仲間達と、誘ってくれた友達を置いて……
もちろんこれは私の妄想です。
だけど、「遊ぶ時間がなくなるから」という理由で部活をやめた子は、その後合唱部の子と普通に付き合ったりできるんでしょうか?

まあこれはほとんどコミュ障の私(……)の頭の中で考えるからこうなるだけなのかもしれない。コミュ力オバケの法子は、そんなの関係なく誰とでも仲良くやって行けるのかもしれない。「気まずい」とか感じることもないのかもしれない。
…だけど、もしそうじゃなかったら?
そう考えると、あの衝撃だった誕生日コメントも、少し理解できる気がした。

(この劇場法子もひそかに合成しております…服を…)
アイドルの誕生日にデレマスのトップページに特別に用意される「お誕生日コメント」。システム実装後の初めての法子誕生祭、わくわくして聞きに行ったら、唐突にあんなことを言われて面食らいました(※ちなみにこれまた全く深刻な感じはない)。
だってそんなこと、一度も法子の口から聞いたことなかった。埋まったのならいいけれど、それはどんな穴だったの、法子…。

ドーナツ大好き、ドーナツがあれば自分もみんなも幸せ。
そんな法子が、どうしてあのスカウトに飛びついたのか?「アイドル」になろうと思ったのか?
……法子は、ずっと探していたんじゃないかと思っています。ドーナツ以外に一生懸命になれるものを。
「以外」っていうか……ここは法子の言うとおり、「ドーナツからもらったチカラを使える場所」を。
「チャンス」を。

「ドーナツはあたしを幸せにしてくれるけど、同じように、あたしも誰かを幸せにできないかなって思ったの。
それで!
もしかしたらアイドルならって。」




……合唱部のセリフ、そして誕生日のセリフを入れるかどうかは、相当悩みました。
「椎名法子」を知ってもらいたい、特に、法子のことをあまり知らない人に見てほしい動画なのに、いきなりこんな、ものすごく法子の「少ない一面」を見せるのは正しいのか?引かれてしまわれないだろうか?
何よりそれは法子の望むことなのか…?

だけど物理的にどうしてもカットインは必要だと思った(おい…)ので、それならばと、あんまり長い時間表示しないようにしました。サラッと、流してくれればそれでいいと思った。そういうセリフもあったのか、って思ってくれるだけでいいと思った。
法子に本格的に興味を持っていただいた後に、触れてもらえればそれでいいって。
……いや、このブログを、こんなところまで読んで下さる方は全員!法子にめっちゃ興味持ってくれてると信じてますので!ここではこんながっつり書きましたけどね!!
こういうの考えるのは辛いけど、嫌いではないです…。でも、こういうところをエサにしたくないって思ってはいるんですよね…!!

えーと、これで全部書いたかなー……。
もう11月だよ!ひと月経つところやん!!
じゃあ次の動画に取りかからないとね!!



ドゥ・ラン・ラン!
笑って! 光のなかで
勇気もらった みんなの顔から
ドゥ・ラン・ラン!
笑って! 光のなかどこまで
行けるかなんてわからないけど
アイカツしたいもっとね



どこまで行けるかなんてわからないけど、これからも法子とアイカツしていきます!
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォーエバー、法子アイチャレ | TOP | 載せそびれてたドーナツ写真たち »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 自分の動画のこと

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。