「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

涙の後に、救われる。

2010-10-12 23:45:26 | ニコニコ動画紹介
…涙が本当の意味で枯れ果ててしまう時なんて、来ないんだろう。
だってそんなのがあるとしたら、私のはとっくに終わってるはず。
ハイジ見て泣いて、遊戯王DMの134話見て泣いて、春香さんのトゥルーエンド見て泣いて、「泣けるアイマス」見て泣いて……。
ここ数日を考えてみてもこれだけあって、それぞれで…比喩じゃなくて本当に涙をボロボロ流してる。
どれだけ泣いても、次の日の涙がそれで減るなんてことはない。

これからも色んなものを見て泣くんだろう。
涙が枯れ果ててしまう時なんて、絶対来ないんだろうな。



先日もパソコンの前で声出して大泣きした。
dbdbPの、ブログ記事を読んで。

大好きなこの動画の、解説。
アイドルマスター「君がのヮのな物語」春香


まさか今になって読めるとは思ってなくて、すごくわくわくして読み始めたんだけど、
…画像つきでの解説を読んでいくうちにめっちゃ泣けてきて…気がついたら自分でもちょっとどうしようかと思うほど泣いてた。
別画面で動画を開くまでもなく、頭の中に映像が、あの歌がよみがえって。
最初は悔しくて泣いてた事も、泣きながら何度も見返してたことも全部思い出した。
必死で一時停止を繰り返して、冒頭の文章を全部読んだ事とか、
この動画の感想を書いているブログをいっぱい読んで自分でも必死で色々考えた事とか。

そして、自分の中で出た一つの結論が。
作者であるdbdbPの込めた一つの想いと…近いところにあったってことを初めて知りました。


「あの春香さんのトゥルーエンドは、やはりトゥルーエンドで正しいのだ。」
↑20選の時にも書いた自分のコメント。
あのエンディングがずっと受け入れられなかった。なんで春香さんだけこんな目に遭うんだって嘆くばかりだった。だけど気づいたんです。あの動画を見て、やっと気づいたんです。

「だからですよ。
ねえ、Aランクで救われるんじゃないですか。」
↑解説の最後あたりのdbdbPの言葉です。もうこの辺読んでる頃は文字が判別できないくらい泣いてましたが(……)、この言葉でいっそう声を出して泣きながら(…………)意識のはじっこで思いました。
春香さんはAランクで救われる。
そして私は、この動画で救われたんだなと。

すごくすごく感謝しております。
気づかせてくれて、…救ってくれて、ありがとうございます。




……やっぱり作者さんによる解説っていいな。読むの大好き。
お気に入りの動画が出来ると、解説読みたさにめっちゃブログに通っちゃいます。
作品の解釈って…見る人の自由だとは思う、けど、…見てどう思ったか、だけじゃなくて、作った人は何を考えて作ったかってことも知れたら、またそこから「自分はこの作品をどうとらえるか」って考えられるとも思う!こう感じなきゃいけない、ってのじゃなくて、…それもまた一つの意見って感じで聞きたいなーって、…私はそう思います。

いや、私は自分の作品の解説は、自分で読み返すために書いてるんですけどね!だってすぐ忘れるし!(えー)いやそれ動画のことに限らないか。全部か。書いてる時間より読み返してる時間のが絶対長いし!そのために書いてるからいいんですけどね!…てか9月も全然書けないまま終わってるしこのまま10月も書けないままかも…ギャー!書くぞ!ハイジのこととかも!(そこから!?)
ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満足するしかねえ! | TOP | 社長誕が近いが大丈夫か? »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (dbdb)
2010-10-14 04:53:40
はじめまして、でびでびです!

こんなにあの動画を愛していただけているとは、本当に光栄です。
以前に20選のときの記事も拝見して、「ああ、伝わってる人もいるんだなあ」と感動したのを今も覚えています。
救われた、だなんて恐れ多いですが…w
でもきっと、それは僕の動画と僕の春香さんのおかげではなくて、オペラさんの内に「すでにその答えがあったから」ではないでしょうか。
どんなに僕の動画が上出来だったとしても、オペラさんの内に最初からないものは、絶対に伝わったりはしないし、理解もされないと思っています。
それだけの含蓄が、オペラさんと春香さんの関係のなかにあったんじゃないかな。すでに。

そんなオペラさん自身の気づきのきっかけにあの動画がなれたなら、散々迷ったけどあれをうpしてよかったなと今は思います。

こちらこそ、お礼を。
本当にありがとうございました。
コメントありがとうございます! (オペラ)
2010-10-16 00:28:07
dbdbP!!いらっしゃいませ!!
……こ、こんな(ある意味気持ち悪い)記事をトラバしていいものかとやや迷ったんですが、どうしても感謝の気持ちをお伝えしたくて…、めちゃ勇気を出して決行しました!読んでいただけるだけでも十分でしたのに、コメントまでいただけて…ありがとうございます!

「君がのヮのな物語」は、私にとても大きな影響を与えてくれた作品です。今回の解説を読んで改めて、その、自分が受けた影響の、ハンパない大きさに気づきました。
私は割とすぐ涙を流しますし(……)、色んな作品に対して「すごい!」とか言ったりしますけども、(もちろんそれらが嘘であるとかではなくて)、…ここまで、何度も何度も見返して…必死に意味を読み取ろうと努力して、時間が経ってもずっと忘れられない作品って…冷静に考えてみると、そんなに数はないんですよね。それだけ、自分にとって特別な動画でした。「そんなに泣くかオイ!?」と自分でも思うくらい泣いて、ようやくその大きさに気づいたような…。

「すでに私の中に答があった」とのお言葉に最初はびっくりしましたが…だんだん、そうかもしれない、と思うようになってきました。
恥ずかしながら、私はあの「結論」にたどり着くまで結構時間がかかってしまっていたんです…。最初に必死で見返しているときは、きっと全然わかってなかった、けれど、…わからないながら、何か感じるものがあったからこそ努力して理解しようと思えて…。
まだ言葉になっていないその「何か」こそが、私の中にあった答えの、「かけら」だったのかもしれません。

それをはっきりした形に…「言葉」に出来た事。
そして、自分が、そして私の中の春香さんが、確実に一つ前に進めた事。
これらはやはりdbdbPのあの作品のおかげです。あの動画に出会わなければ、まだ「かけら」のままだったかもしれないのです。
…何度でも言います!
本当に、ありがとうございました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。