~夢

私語りメモ

ぼくのパパは おおおとこ

2017-06-16 20:00:00 | 絵本(幼低)

ぼくのパパは おおおとこ
 せかいいちの パパがいるひと みんなに
カール・ノラック 文
イングリッド・ゴドン 絵
いずみちほこ 訳
セーラー出版
幼児~小学校低学年向け(2分)


この絵本こそ 大型版が欲しい
(ただでさえ大きい絵本だけど・・・)

父の日間近 ということで
季節の本で 手に取ってみた

表紙の絵のごとく
おおらかで大きなパパが
絵本狭しと描かれている

幼い子どもにとって パパってこういうものだろう
もっと大きな絵本だったら 子ども達 喜ぶだろうな~

ふと 思う

 パパがおおおとこ って思っているのは いくつまで?

身体的? 精神的? 時期が違うだろう

 せかいいちのパパ って思っているのは いくつまで?

わからない でも・・・ 

 だいすきなパパ

おおきなパパを乗り越えた後でも
思っていて欲しい



『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« こんとあき | トップ | おいしいおやつを くださいな »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。