~夢

私語りメモ

アナンシと6ぴきのむすこ

2017-06-19 20:00:00 | 読み聞かせ(中)

アナンシと6ぴきのむすこ
アフリカの民話より
ジェラルド・マクダーモット さく
しろた のぼる やく
ほるぷ出版
幼児~小学校中学年向き(6分)


 私は アナンシが好きだ

というのが この絵本を選んだ理由

クワク・アナンシは 
万物最高の神である ニャメの神様の名代で
知恵者で 英雄なのに ペテン師で
愛すべき お馬鹿さん いえいえ クモ なのである

その“お馬鹿なクモ”ぶりが遺憾なく発揮されるのが『アナンシと五』
ただ このお話の絵本版が見つからず
代わりに見つけたのが この絵本

この絵本も アナンシは 愛すべき“お馬鹿なクモ”ぶりを発揮
彼を救うため
それぞれの役割を持った6ぴきのむすこが 大活躍!!
アナンシは むすこに お礼として
手に入れたものを あげようとするが・・・

“月の誕生”の物語である

作者自身の言葉にあるように 
 幾何学的図法様式の、単純だが精錬された配置
 限定された色彩の配合、様式化された動物、植物
 アシャンティの人たちの絵画手法に近づいた
という絵
あまりにも様式化されていて
ひょっとしたら 子ども達はうけつけないかも・・・

と思っていたが 読んでみた(小学校中学年の児童)

この絵本 紙芝居バージョン(やぎた よしこ 脚本 8分)もあるので そちらで
(紙芝居のほうが文字が読みやすい!?

「今度は○○○だ」

子ども達は 活躍するむすこの物語に入ってくれている

ラストは
「○○○にあげればいいのに~」
なんて 声もあがり 楽しんでくれたみたい

ほっ 

杞憂で良かった~

1972年に コールデコット賞オナー賞を受賞した絵本
さすが 子ども達
私なんかより よく理解しているみたいだ
 
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 帰ってきたおとうさんはウル... | トップ | きもち »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。