連れ添いバトル

なにかと夢さんを指図したがるオバサン。
何とか一泡吹かせてやろうと思えども、なかなか敵も手ごわい。




勘違いと思い込み

2016-10-08 | 家のメンテナンス

キッチンの混合水栓からの水漏れを、業者に依頼して本体ごと交換することにした夢さん。

普段は何も考える事なく、レバーやボタンをポン。それが当り前のように使っている家庭の器具。

ガスや電気系統の事など知っているようで、その構造など実は知らない事が多い。

今回交換する事にした蛇口にしてもそう、そもそも”混合水栓”とはなんぞや。

昔は捻れば水が出るのが蛇口だった。その蛇口は今やその構造とか機能は全くの別物と化した。

レバーを上下左右に動かす事で、水が出たりお湯が出たり、水の勢いが強くなったり弱くなったり。

便利この上ないが故障した時に困るのは、複雑すぎて素人には直せないように出来ていること。

修理代も安くはないが、高いのをとやかく言うつもりはない、それで経済が回っているのだから。

それにしても悔しいのは、給水栓の区別も分からなかった事。

右側のコックは水と分かったが、左は当初ガス栓ではないかと思ったほど。呆れる無恥さ加減。

いくらなんでもおかしいと思い、レバーを左にしてお湯を出し、流しの下の配管に触ってみた。

手が熱くなる。なんだお湯じゃないか。ガス管ではないかと思った自分が本当に恥ずかしい。

こんな勘違いと思い込みは危ないな夢さん。歳のせいなんて言うなよ。昔からそんな所が有ったぞ。

 

これがガス管と見える発想はどこから・・・・? パパしっかりしてね、まだボケちゃダメだよ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キッチンの混合水栓、水漏れ... | トップ | 天候不順で家仕事が大幅遅れ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む