連れ添いバトル

なにかと夢さんを指図したがるオバサン。
何とか一泡吹かせてやろうと思えども、なかなか敵も手ごわい。




しゃかりきに働く大晦日

2016-12-31 | 健康・高齢生活

午前中に風呂とトイレの掃除。今日は気合いを入れて手抜きは無し。
風呂は何時もやっているので慣れたもの。トイレだってどうって事はない。

年末のこの時期は、少しでも手助けをと、トイレも夢さんがかってでた。
台所からは朝から包丁の音。オバサンは煮物の準備に忙しそう。

キッチンを覘いた夢さんビックリ!「またこんなに作るの?」
昆布、ニシン、筍、椎茸、肉のブロック等々・・・材料が山盛り。

この分だと、今夜もまた遅くまで煮物の支度に掛かりそう。
何のために詰め合せのおせちを頼んだのか分からない。

「それはそれよ」あんなのじゃとても足りないでしょ?と言う彼女。
身に付いた長年の習慣はそう簡単には変えられないらしい。

大変だろうからとか、様々気を遣ってみたところで所詮は無駄。
彼女のやりたいように、気の済むように、静観するしかない。

おまえら!お袋の気持を無にするなよ。みんなで必ず来るんだぞ!
声にならない言葉を息子達に向かって呟くおやじ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何時来るのか、はっきりしてよ | トップ | 母親の勘には脱帽あるのみ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む