僕の文集(夢日記)夢と恋と愛と(徒然なるがままに・・想いを綴りながら・・) (転載、転用を禁止します)

興味を抱いたら目をお通しください・何かのためになれば嬉しく思います・ご訪問ありがとうございます

マイソング佐々木次郎№3・Ⅵ(口づけのララバイ)

2017-06-21 | 歌詞
マイソング 佐々木次郎Ⅲ・Ⅵ (口づけのララバイ)

   https://youtu.be/0vbzKiLLLHY


 (口づけのララバイ)

   燃えるような唇と 赤いルージュの口紅に

   とろけるような口づけを ふたりが激しく求め合う

   夜明け近くの時間まで ふたりが交わすメッセージ

   愛と恋とを語り合い ふたりの心が告げられる


   燃えて 燃えて キスをして 溶けて 溶けて 抱きしめて

   時が止まった瞬間に ラブィング世界へ堕ちていく


   好きで 好きで 好きだから 揺れて 揺れて 揺れながら

   甘く 甘く 囁いて 悲しく心が引き留める


   いつか見ていたメールから 打ち明けあって見つめ合い

   夢の時間に入り込み ふたりの行き先 わかりはしない




   
   窓に飾った紅バラが 華の匂いを漂わせ

   なびくような口づけが ふたりを惹きつけ響き合う

   ベッドサイドの窓際で ロマンチックな夢を見て

   愛と恋とを確かめて ふたりの心が結びつく


   燃えて 燃えて キスをして 溶けて 溶けて 抱きしめて

   時が止まった瞬間に ラブィング世界へ堕ちていく


   好きで 好きで 好きなのに 揺れて 揺れて 揺れながら

   泣いて 泣いて 泣き濡れて さびしく心が別れいく


   夜の星屑数えても 星の瞬き見上げても

   月が奏でるスクリーン 夜空とともに 映されてくる





   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイソングⅤ(夜空のラプソデ... | トップ | マイソングⅢ(君と両手をつな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL