1948年から

文句たらたらどうでも日記

おかしな規則にあきれる

2017-04-29 08:04:53 | 水泳
今週は千駄ヶ谷のプールで3回練習、
ここは、いろいろ規則が面倒なプールです。
5人以上の団体行動は禁止、許可されたコーチ以外の指導禁止などなど。

友だちが4、5人で話していたら、団体行動禁止です、と言われたとか。
はあ?なぜ?広いプールサイドでしゃべってただけなのに。
学校が休みになると、たくさん中高生がやってきて、プールの壁もふさいで
ワアワア言いながら、コースを占拠してるけれど、見逃し。
外国人の水泳チームがやってきて、リーダー格の人が指示してるのも
立派な集団行動と指導行為、でもこれも見逃し、
注意しようにも言葉に自信がないから?
目をつけた人、反論しなさそうな人だけ注意する。

昨日はいつも会うとても熱心に練習する友達二人が、
人の迷惑にならないコースロープ脇でストロークについて、ああした方がいい、
これは違うかも、など話していたら、監視員が「指導禁止です!」と
言ってきました。
私もその場にいましたが、二人はびっくりして指導なんてしてませんよ、
友だちだし、と言ったら、
「身振り手振りをしてたでしょう、そういうのは指導とみなします」だって!
みんなあきれてものが言えない状態。
このプールに来たら、水泳の話はしてはいけないみたいです。
コメント

海外なんて

2017-04-26 10:14:31 | 水泳
しばらく辰巳が使えないので、昨日は辰巳で練習。
アップを多めにFrとBaの繰り返しで800、その後200Ba、
そしてハードキックからのスイム、スタートコースで
バックスタートからのスイム25mなどをやりました。
その後、Flyの練習を始めたのですが、もう既にここで疲れてしまって、
昨日の記事に書いたドリルからのスイムが上手くいきませんでした。
3日連続の練習はもう無理、ほんとに体力が落ちたなあ、
仕方ありません。
もっと上手に自分の体力を使うようにしないといけません。

今日からシンクロの日本選手権が始まるようです。
メインプールの貸切コースでどこかのチームがシンクロ練習をしていました。
時々潜って見てましたが、とにかくよくあんなことができる、
ほんとに繊細な手の動き、ピ~ンと伸びた身体、潜っている時間の長さ、
驚きです。
でも、なかなか揃わない、同じことを何度も何度も繰り返してます。

更衣室でそのシンクロの人たちと一緒になりました。
みんなすばらしく美しい身体です。
日本人ではなく、聞いたことのない外国語が聞こえてきます。
ロシア語っぽいけれど違う、チェコとかポーランドとか東欧系の言葉、
そんな想像をしていたら、
彼女たちの荷物にハンガリーシンクロチームと書いてありました。

ハンガリーといえば、今夏、水泳の世界選手権が開かれます。
そして8月には世界マスターズも。
私は以前、一度でいいから世界マスターズに行ってみたいと思ったり、
参加できる人たちをうらやましく感じたりしましたが、
今はそんな気持は全くなくなってしまいました。

大阪にも行けないのに、ましてや海外なんて。
お金というより生活環境、一泊旅行もままならず、
年中無休無給の家政婦稼業、無理して出かけたその後を考えると
とてもとてもぞっとするだけです。
日々しこしこと練習できればそれでいい、ありがたいと思ってます。
コメント

呼吸の動作

2017-04-25 23:21:15 | 水泳
泳げないところから泳げるようになる、その一番の壁は自分の経験から
呼吸動作の習得だったように思います。
呼吸動作を入れながら25mをクロールで初めて泳げたときのことは
鮮明に覚えています。

それからいろんな練習を重ねて泳げるようになっても、
呼吸動作の上手下手で、速さも疲れ具合も、フォームも違ってくる。
どの種目も呼吸を入れたとたん、フォームが崩れる、軸がぶれる、
正しい呼吸動作の習得は難しく、それでずっと苦労しています。
上手い人はいつ呼吸しているのか、見た目に分らないほど滑らかですから。

先月、バタフライを習っていたとき、なぜこんなことをやるのかなあ、
というドリルを最初にやりました。
バタ足で前呼吸の繰り返し、ドルフィンキックで前呼吸の繰り返し、
きおつけ姿勢での片手バタフライで前呼吸の繰り返しです。
呼吸動作を小さく、水面すれすれで呼吸後、潜らないでフラット姿勢に戻す。

呼吸動作をコントロールすることで、以前よりフラットに近い
潜らないで泳ぐ、そのためのドリルでした。
これがとても大事、と言われ、ずっとそれを練習して、
スイムにつなげていったら、だいぶ潜らないで泳げるようになってきました。
完全に潜ってしまうと失格ですから、どうしても身につけたい泳ぎ。

身体の使い方をちゃんと覚えて、それに慣れてくれば、
こちらのほうが楽に泳げるはず、とコーチは言います。
確かに、潜って上がっての繰り返しは無駄が多く、呼吸動作も大きくなりがち、
身体にも負荷がかかりますから。
繰り返し練習は大切、覚えるまで大変時間がかかります。
コメント

大会は負担

2017-04-14 15:27:39 | 水泳
春休みが終わって、朝の辰巳プールは人が少なく静かです。
泳ぐ量を加減しながら、3日ぐらい続けて泳ぐのがいいのか、
一日おきにして、量も内容もしっかり濃い練習をしたほうがいいのか、
迷います。
今週は一日おきにしっかりたっぷり泳ごうと思ってましたが、
なかなか思うような練習はできませんでした。
量少なめでも疲れてしまう、気持も続かない、ハードスイムを入れると
疲れが倍増します。
目の前にぶら下がっている大会のことが負担で気になる。

今年はクラブのマスターズチームに入ったので、リレーなどに誘われると
どうしても25や50mの練習をすることになります。
これもとてもいいことには違いないのですが、気持がついていかない。
クラブに入る前の数年は、あまり大会には出てなかったので、
私にすれば今年だけで10年分ぐらい出ることになりそう、
と言っても、数回ですが。

そしてそれがとても負担。
たった25mを2種目泳ぐだけ、スタートダッシュの練習、と思って
申込んでも、いざ期日が迫ってくると、あ~あ、いやだ、めんどう、
行きたくない、と自分で決めたことなのに、全否定したくなります。
大会大好きで楽しくて仕方ない、なんていう人もいますが、
とてもとてもそんな気持にはなれません。
どうしてだろう?

4月5月に25mを4回泳いで終わりにしようと思ったら、
6月に長水路大会で混合メドレーと混合フリーリレーをやりましょう、
と誘われてます。
リレーに出るには個人種目も出なくてはいけないので、一日に3種目、
それは無理、25mでさえ負担に思うのに、そんなことできません。
気持も体力ももたないし、またこれから2ヶ月、
そのことが頭から離れない日々を過ごすのかと思うと、ぞっとします。

4人の年齢を足して合わせるのに丁度いい年の女性がいないので
私に声がかかります。
ありがたいこと、と思うべき?
断りきれない、なんと言って断ろう、会うたびに誘われるので困ってます。
コメント

静かに泳ぐ

2017-04-10 21:11:27 | 水泳
 
隅田川テラスの桜、佃公園から佃大橋付近。
向こうに見える高い建物は聖路加タワー。

今日は辰巳で泳ぐ予定が朝の家事に手間どって出遅れ、
スポーツクラブのプールで練習しました。
最近はクラブへ行くことが多くなりました。
そのほうがお金がかからないからいいけれど、水温高めで
時々気分が悪くなったりします。

朝のクラブはのんびり健康スイミングをしている高齢の方が多く、
そんな中で、時計を見ながらハードスイムやダッシュなどをするのは
ちょっと気がひけます。
回りの状況を見ながら、間を取りながらやっています。
コースの真ん中を延々と泳ぎ続ける人や、左右に蛇行しながら泳ぐ人、
いろんな人がいますから。

静かに泳ぐ、巾狭く真っ直ぐ泳ぐ、場所をとらない泳ぎは
遠慮してそうするのではなく、きれいに泳ぐことにもつながります。
バシャバシャ水を撒き散らしながら派手に泳ぐのは迷惑だし疲れます。
バタフライなど静かにすう~っと泳げたら素敵、
今はそんな泳ぎを目指しています。
上手な人の泳ぎは静かで波もきれいに流れていきます。
せっかく習って続けてきたので、そういう泳ぎ方が出来るようになりたい。
コメント

隅田川テラスの桜

2017-04-09 20:40:35 | 日記・つぶやき
 

お天気があまり良くなかった昨日の隅田川テラス(永代橋付近)、
毎年同じ風景ながら、桜とレンギョウがきれいでした。

世界も日本も、きな臭いニュースやおぞましい出来事がいろいろあって、
何が本当で何が嘘なのか、どこまでが真実なのか分りません。
こんな中、息子が海外出張に行ってきた、なんていう話を後から聞くと、
恐ろしくなります。
私などが心配してもどうにもならないけれど。
世の中がどんどん変化していく、10年後はどうなっているでしょう、
想像もできません。
コメント

クラブのジムで

2017-04-02 21:34:52 | 水泳

スハマソウ(州浜草)向島百花園で。

週二回はスポーツクラブのジムで軽い筋トレをしたいなあ、
と思っても、なかなかできません。
週一回でも、その後、プールで軽く泳げば、身体もほぐれていいのですが、
それもなかなかできません。
ジム用の靴、着替え、プール道具一式で、荷物がかさばる。
帰りに買物をすると荷物が多くて重い、疲れた身体に駅の階段が辛い。
そんなことで、最近はジムだけ、プールだけにすることが多くなりました。

今日もジムだけ。
筋トレといっても、私のは筋肉をつけるというより、
動ける身体をつくるのが目的です。
それには軽い負荷で回数を多くし、体幹を締めた姿勢をキープし、
水泳の動きをイメージした速度でやるのが良いと言われたので、
最近はもっぱらこの方法でやってます。
もう一つはバランス力をつけるもの。
片足つま先立ちのまま、自在に手を動かせるようになりたい。
ふらつく時は、きまって腹筋が抜けて、体幹がゆるんでます。
しっかり締めていれば、片足立ちで水泳の動きができるので、
泳いでいるときも、こうしなくてはいつも思います。

30分ぐらいそんなことをしたら、ストレッチポールなどを使って、
1時間ぐらいストレッチをします。
その前にバランスボールでスタビライゼーション系のトレーニングも。
筋トレとケアは時間にして1:2、ストレッチはとても大事だし、
気持がいいので大好き、時間がある限りマット上でやってます。
これをしておくと、翌日の身体の具合が全然違います。
明日は朝から辰巳で泳ぐ予定です。
コメント

コントロールする

2017-03-30 20:44:42 | 水泳

アマナ(甘菜)の花、向島百花園で。

先週、バックの練習のとき、両手一緒のプルで、
普通に両手一緒にリカバリーするのを3回、水中リカバリーを3回の
繰り返しがあって、その違いを感じてみて、と言われました。

両手同時に入水すると、どうしても手に勢いがつき、バシャンと入水、
そのためキャッチであばれた水をつかむような気がする。
水中リカバリーだと、上からバシャンと入水しないで
両手を体側に沿って水の中を静かに戻すので、水があばれない。
その分、キャッチが滑らかに感じる。
これがやってみての私の感想でした。

このキャッチの感覚の違いを感じるためのドリルだったようで、
手のリカバリー、入水、キャッチを勢いでやるのじゃなくて、
コントロールできるようになって欲しい、とコーチに言われました。
もう一つは、少し頑張ってハード気味で泳ぐと、勢いにまかせて
前へ前へ突っ込んだストロークをしてしまう、それはマイナス、
ハードでもコントロールしたストロークが必要、ということでした。

感覚はよく分ったけれど、どうしたらコントロールできるのか、
その日の練習でずっと考えながら泳いでました。
身体をキュッと締める、爪先立ちしたときのように細く長く身体を締めると
体軸が安定してぶれません。
今までより身体も浮いて高い位置で泳げるような気がしました。
軸を締めている分、手、脚をリラックスして動かせ、
リカバリー、入水をコントロールできます。
コーチにもそう話したら、正解でした。

泳げるようになりたくて、スイミングスクールの入門クラスに入ったのが
28年前です。
少し泳げるようになると、体幹を使って泳げ、軸を真っ直ぐキープして泳げ、と
ずっと何万回も言われて続けてきましたが、頭や言葉では分っても
実際の泳ぎでは表現できませんでした。
30年近くかかって、やっと身体を締め、軸を固定して泳ぐ、
ということが実感できました。
コメント

むずかしい

2017-03-21 21:46:27 | 水泳

ヒメリュウキンカ(姫立金花)向島百花園で。
タイトルバックは向島百花園のカンピサクラ(寒緋桜)満開でした。

水泳は泳げば泳ぐほど難しいなあ、といつも思います。
今までの積み重ねがあって、初めてわかることがたくさんあります。
ずっと嫌いでやってこなかった短い距離を速く泳ぐ練習の大切さ、
やっと分ってきました。

キックもストロークも正確に速く動かす、それをするためには
ボディポジションが高くなくてはできません。
水面近くで正しい姿勢で浮く、そのためにはどうしたらいいか、
主にバックで今やっているのですが・・・

自分の力量以上の水をつかんでも、速いテンポでストロークはできないし、
そのために姿勢が崩れてしまっては、元も子もありません。
自分の力にあった水の量を探る、手のひらの感覚、キャッチの深さなど。
今日は辰巳でそんなことを考えながら、バックの練習しました。
難しい、なかなか大変です、短距離のハードスイムは長距離より疲れます。
私の長距離はのんびりゆったりスイムすぎるので、当然ですけど。

ベースになる身体の浮き位置と、泳ぎのテンポを上げていきたいです。
それが出来てきたら、少しずつ距離を伸ばしていきたい、と思ってますが
あと何年、元気に練習できるかな、そちらのほうも心配です。
コメント

春の花

2017-03-16 18:50:20 | 散策・小旅行

オオミスミソウ、紫色が鮮やかです。

今日はぽっかり時間ができ、お天気もいいので、花の写真を撮りに
向島百花園まで行ってきました。

まだ咲いてるかな、と心配したミスミソウ(三角草)がたくさん咲いていて、
うれしかったです。
ここのは大三角草という表記になってました。
別名ユキワリソウ(雪割草)、こちらのほうがいいですね。
良く似たスハマソウも咲いてました。
直径2,3センチの小さな花ですが、色がとてもきれいです。
寒緋桜も満開。
他にもいろいろ。
タイトルバックに使ったのは、スハマソウかもしれません。
右下にハコベの花も見えます。

ここは静かでこじんまりして、とてもいい場所です。
江戸時代から続く花の名所です。
コメント