江東奇譚

中年男の果てしない思い入れを綴っております

不在証明としてのワタシ

2017年08月09日 15時19分34秒 | 日記



中学生の頃、ある女性を好きになった。


だが、その頃、どうでも良かった奴に


テニスコートに連れていかれ


彼女の身体的な、ある種の特長を揶揄され、


一気に、恋心を失い


無視するような態度をとりました。


彼女とは、一言も話をしなかったけど、


彼女の友達から手紙を渡されました。

























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羊の目 | トップ | どこへ逃げるか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事