江東奇譚

中年男の果てしない思い入れを綴っております

ヒトは自分に、百回ぐらいは嘘をつく。

2017年06月30日 16時53分51秒 | 日記


最近、駅近くのラーメン屋さんで、興趣覚える店頭看板を見つける。つけ麺の
麺1kgまで無料。普通の袋麺で80~100gくらいか。なんとも、凄みの
ある麺量である。己の食欲最盛期を振り返っても、せいぜい200g辺りが限
界だったか。もともと食は細かったとは言え、その時点ですら、土俵にも上が
っとらん。



TVの大食い番組と言わずとも。日常の市井の昼飯時に、名も無き食の猛者連は、
猛食を奮っておるわけである。ただただ、羨ましいと思った次第。いまや、三つ
葉だ、ワサビだ、お新香だ、やっぱ茶漬けだわ、と枯れすすき食系にたなびく、
ヤワヤワ喉チンコなワタクシ。この先、いきなりステーキのドアをノックする機
会など、ありえようか。



せめて、四分の一でも良い。食の太さが欲しいと、切に思う。が、若かりし頃か
らの度重なる暴飲暴食、乱れ散らかした生活態度、未来予測への甘き展望など
のツケが、ドーンとやって来た。食品包装の裏ラベル成分表をしかと見る、塩分
やら野菜やらへの絶え間ない思い入れなど。まずもってそのような性格ではなか
った気もするが。お医者さんからのお達しが頭から離れず。いまごろになって感
も引きずりつつ、そのストレスの容赦なさをしみじみ痛感している、今日この頃
です。



そんなこんなで、ダイエット花盛りのご時世では、ありますが。太ろうが、痩せ
ようが。どのような食時代が来てもよいように、いつも楽しく、おいしく、お米
はひと粒残さないよう食べましょう。またもムリクリ結論で、すんません。













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お腹いっぱいだけど、ひもじい | トップ | 終わった恋に、ガタガタ言うな。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。