ただの雑談室

たまに読んだ本や観た映画やドラマの感想も入ります
ほぼ身辺雑記です

神永学(かみなが まなぶ)著「怪盗探偵 山猫  月下の三猿」 (角川書店)

2016-11-06 23:55:12 | 本と雑誌
怪盗探偵山猫 月下の三猿
神永 学
KADOKAWA




亡くなった父親が暴力団の組長だったみのりは猿の面をつけた男達に囲まれてる少女を助けようとした

みのりが戦っている間に姿を消した少女が気がかりで 山猫に相談しようとするみのり


山猫は古い知り合いの訪問を受けていた


殺された父親から山猫の話を聞いていた少女ー猿の面をつけた男達に追われるサツキは 山猫を捜して山猫の店に飛び込んできた

客として居合わせ 少女を助けようとする勝村
だがー勝村に抱き着きお礼を言ったサツキは猿の面をつけた男達に連れていかれた


サツキを助けたい勝村だが 山猫は素直じゃない



残酷な殺され方をした男の死体がある
その事件について単身調べていた犬井は罠にはまり捕らえられる


サツキの救助とひきかえに捕えられてしまった勝村が連れていかれたのはー犬井が監禁されている場所だった


力を合わせ脱出を試みるも散々痛めつけられていた犬井にはいつもの力がなくーあと一歩でまた捕えられてしまう


犬井は自分の父親のことが絡み冷静ではいられなかった

犬井の父親は伝説の泥棒「三猿」の一人



犬井の行方と事件を追う刑事のさくらは関本と共に謎の人物からの情報で事件の核心に迫りつつあった


山猫は警察が押収した品の中に サツキの父親を殺した一味が欲しがる品があると見抜く


犬井を救いたい男は山猫とも協力し事態を操る



山猫の歌う音程を無視した歌も好調

細田の正体・過去も分かる作品
里佳子さんもできるいい女です


相変わらず災難に飛び込み体質の勝村さん


安心して読める一冊
山猫ワールドを楽しんで下さい
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売り切れて 無いと余計に ... | トップ | 松岡圭祐著「探偵の鑑定I」... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2016-11-07 09:39:36
ドラマ化の主演って確か亀梨和也くんでしたよね?
俺はドラマも原作も読んでいないんだけど、夢見さんの概要と感想を読んでいるとちょっと亀梨和也くんのイメージとは違う気が・・・。
観ると案外ハマるのかな~☆
けん様 こんにちは^^ (夢見)
2016-11-07 14:58:40
有難うございます

はい亀梨さんです

ドラマと原作とだいぶ違う部分も出てきました

ドラマはドラマで面白かったです

もう原作とは別物でいいんじゃないかなってー^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL