本と映画と雑談室

読んだ本 好きな映画 俳優さん  そして身近な出来事 おりに触れて  読んでいただければ 嬉しいです

吉田修一著「怒り」上下(中公文庫)

2016-10-19 00:57:34 | 本と雑誌
怒り(上) (中公文庫)
吉田 修一
中央公論新社



怒り(下) (中公文庫)
吉田 修一
中央公論新社



その家の住人を殺し逃亡した山神一也 その行方は知れず それでも刑事たちは捜査を続けていた


母親の事情で沖縄に移り住んだ少女・泉は島の少年・辰哉に案内された星島で田中と名乗る男と知り合う

優馬は知り合った直人を信じきれず 彼がいなくなってから行方を捜した


洋平は娘の愛子が一緒に暮らすようになった男・田代の前歴が気になる


山神を追う刑事の北見には気になる女性がいたがー


泉の身の上に起きた悲劇 
田中の裏切りと嘘を知った辰哉の行動

直人が優馬に言わなかった事


逃げるしかなかった田代は 洋平の知人たちや愛子によって生きる道を見つける



人を信じることのむずかしさ

殺人現場に残された赤い怒りの文字

山神の書いた赤い怒の文字は醜い

ただのカッコつけ 
殺してみた 逃げてみた 不自由な生活 全部自分が招いた不幸だ

捕まるのが嫌で逃げた

卑劣な男


この山神かもしれないー自分の愛する者が人殺しかもしれないと疑う者達は辛い 悲しい

山神一也などは どうでもいい人間だがー

殺されようが野垂れ死のうが

山神かもしれないー疑心暗鬼に囚われ信じきれないー
もしも あの人が 彼が人殺しだったらと

疑う人間は自分をも信じ切れていない 自分に自信が無いからなのか


傷ついて 取返しのつかないことをしたと思い


薄氷の上にある幸せ

勇気を出して一歩踏み出して


勇気を出す者にも出さない者にも 明日は公平にやってくる
『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無理のない言葉でした | トップ | なんとなく・・・・ぐたっ!... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2016-10-19 02:15:35
俺も読みました~。
これも「悪人」同様、不幸の連鎖っていうか優しさの連鎖というか・・・。
ウルウルきました。
映画もDVDになったら観たいな~♪
けん様 有難うございます (夢見)
2016-10-19 10:30:33
映画だと泉役が広瀬すずさんで ああなるほど!合ってるなと思いました

宮﨑あおいさんの愛子役は原作よりも美人すぎるかな^^;

映画化されてから読むと ついついこの役はこの俳優さんが演じているからと 場面場面に俳優さんの画を入れながらー読んでしまいます
会心の出来でした (まっき~)
2016-10-19 21:49:42
今年は総じて、日本映画のほうが良作多いです。
『怒り』は監督や原作の力もありますが、演者の熱演によって、ある高みに達しているような傑作に仕上がっています。

あおいちゃんも熱演、しかし、すずちゃんがいちばん頑張っていて、役柄的にも得をしたかなと。
一皮、剥けました。
映画見たかったなぁ・・・ (alpstakibe)
2016-10-19 23:00:22
公開から時間がたつと、朝1とか夕刻とか、およそ行かれない時間にシフトしてしまってダメなんですよね・・・
ちなみに今「怒り」は夕方の18時台に一回だけの上映になってます。
本も読みたいんだけどなぁ・・・
あ~~~、時間の使い方が下手なのか~?
まっき~様 有難うございます! (夢見)
2016-10-20 00:22:51
こんばんは

随分早くから騒がれていた妻夫木さんと綾野さんの男同士の濡れ場さん

ああ これだったのかと

別れはいつだっていいものではないけれどーこれは相手が死んでしまって後から事情を知るのは 「気付かなかった自分」と幾重にもつらいだろうなと

広瀬すずさん 今の年頃にもあったいい役柄に巡り会えるのもこの方の持つ強運さーなのかしらと
alpstakibe様 こんばんは (夢見)
2016-10-20 00:27:38
有難うございます

映画は映画館の上映時間に合わせないといけないし 読書も時間がかかるし
かねあいが難しいですね

今日は読もうと横に置いた本すら読めずにおります^^;


家で録画している映画もたまる一方で


「怒り」かあ 
ずっと怒っているのもしんどいしー怒りを持ち続けられるのも若いうちかなーなんて
何をしても「しんどい」が先に立ってしまっております(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL