ただの雑談室

たまに読んだ本や観た映画やドラマの感想も入ります
ほぼ身辺雑記です

「ゴースト&ダークネス」(1997年 アメリカ映画)

2017-01-04 22:25:14 | 映画
ゴースト&ダークネス [DVD]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



19世紀末 ジョン・パターソン大佐(ヴァル・キルマー)はロバート・ボーモンからのアフリカの鉄道の橋を作る仕事を受ける
半年後には子供が生まれる予定のジョンだが アフリカは彼にとって憧れの地であったのだ
ロバートは自分のことを怪物だと言うが ジョンはたじろがない

半年後には英国に帰る自信があるからだ

ビクトリア駅で妻のヘレナ(エミリー・モティマー)の見送りを受けて いざアフリカへ!

アンガス・スターリング(ブライアン・マカーディー)の出迎えを受けて現地の人間を紹介される

人望あつくフランス語も話せる現場監督のサミュエル(ジョン・カニ)

ロバート・ボーモンの事は嫌いながらも病院で医師をしているデビッド・ホーソン(バーナード・ヒル)
いわく象牙を運ぶのに金持ちが利用する鉄道


現地の問題は作業員同士が仲が悪いこと
アフリカ人 インド人 いがみあっていると言う

病院にはライオンに襲われた人間がいた

早速  狩りに出るというジョン
インドで虎狩りの経験があるそうだ

一発でライオンを仕留め 同行したアンガスを感心させる
作業員達も安心し仕事ははかどった 予定より早く進んでいると妻へ手紙を書くジョン

だがー7週間後
ジョンが頼りにしているライオンを素手で倒したこともある力自慢のマヒナ(ヘンリー・セレ)が夜なすすべもなくライオンに襲われ連れ去られる
マヒナがライオンに食われたことは作業員達に恐怖を引き起こした

ジョンは樹の上で夜の張り番をするがー眠ってしまう

そうしてジョンが居る場所より遠くの場所が襲われて人が死んだ


もう働かない 怖いから
逃げる作業員

インドで虎相手に試した罠を仕掛けたり ジョンも工夫をするのだがー被害は増えるばかり

キリスト教も広めたいージョンの片腕だったアンガスも白昼襲ってきたライオンに殺される

ゴースト&ダークネスと呼ばれるようになったライオン
そうライオンは二頭いたのだ


死んだ呪い師の魂がこの世に戻ったー悪魔が訪れる
二頭のライオンは恐怖を持って呼ばれるようになる

その呪いをジョンが連れてきたのだと作業員は言う

その場所の名はサーボ 「殺戮の土地」という意味がある
悪魔が歩くのに相応しい土地


工事が遅れているとロバートがはっぱをかけにやってくる

予定通りに仕事できないと ジョンについての悪口をふりまくと話す

そしてレミントン(マイケル・ダグラス)を雇おうとも言う
狩りの名人レミントン

ジョンが作業員達に囲まれ 責めたてられていると レミントンが現れた
実はサミュエルと友人だったレミントン

マサイ族の戦士を連れたレミントンは牛10頭を要求する

病院の建て替えも
レミントンが言うには病院に沁みついた血の匂いがライオンたちを引き寄せている
病院の周囲の足跡に気付かないかライオンたちは病院を襲うつもりだと

既に40人が襲われている

ライオンを呼ぶ計画を立ててレミントンは言う「おふくろが人には親切にしろとー」
この言葉にむせるサミュエル
レミントンにおふくろがいたとはなーと

医師のデビッドもいてのどかな時間が流れる
デビッドは自分の銃のほうが良い銃だから取り換えようとジョンに申し出る

サミュエルはジョンに教える
国の争いでレミントンは土地も家族もー年寄りも赤ん坊も全部が死んだ 失ったのだと
だから国を捨て銃で生活している


レミントンはジョンに高い場所で飛び出してきたライオンを撃てと言って自身はマサイ族たちと居つけた藪の中のライオンを囲むがー
医師と取り換えた銃は不発で 引き金を引いても弾丸が出ない

ライオンは逃げてしまう


あれは魔物ーとマサイ族の戦士達は引き上げてしまう
ライオンじゃないーと

レミントンは言う「ただのライオンさ」


ジョンがかつてライオンに仕掛けた罠は自分も試したことがあるーともレミントンは言う
やはりうまくいかなかったらしいが


そうして前の病院の周囲に血をまいて囮の動物も置き ライオン達が襲ってくるのを待つが
一度はやってくるも それはひっかけ
ライオン達の真の目的は病院の患者達

離れた場所にいた医師も「わたしの病院なんだ」と止めるサミュエルを振り切り戻る
病院の中は血みどろ 地獄図絵
人々の悲鳴とライオンの咆哮


ジョンとレミントンが駆け付けた時には生きている者は残っていなかった 誰一人
医師も嚙み殺されたのだ


ライン達は空腹で人間を襲うのではない
人を殺すことを楽しんでいるのだ


汽車に競うように乗って作業員は皆いなくなる
励ますようにサミュエルはジョンに言う「大佐 誰かが勇気を出さないと」

レミントンも言う「きっと素晴らしい橋になるぞ 実にいい設計だ 形が綺麗だよ」

ジョンと見事にやられた(裏をかかれた)
だがライオンだーと言い合うジョンとレミントン

レミントン「なめられたまますませるもんか」

ジョンのやる気に嬉しそうでもあるレミントン「やる気だな」

ライオンの足跡を追いながらレミントンは町にいたワルの兄弟の話をする
どちらかが刑務所に入っている間はいい しかし二人揃うと手がつけられんー
成り行きを尋ねるジョンにレミントン「俺が片付けた」

洞窟のような場所にはいっぱいの骨 人間の頭蓋骨もある
レミントンは言う
普通のライオンはこんな巣は作らない

囮にヒヒを捕まえてきて上の台にはジョンが乗る
そんな仕掛けをシジョンが作る

お守りを渡しながらサミュエル「幸運を」

レミントン「奴等 人食いライオンにとっちゃ君は絶好の獲物に見えると思うぜ」

ジョン「どれくらい(人間を)殺しているんだろ」

レミントン「100人か もっと多いかもー」通りすぎながら見張り台の上のジョンにレミントン
「あ メリークリスマス 今12月だろ」


夜 ライオンは騒ぐヒヒを殺した
そして焦ったジョンは台から落ちる

レミントンがジョンを庇って撃つ

逃げるライオン
追うレミントンとジョン

襲ってきたライオン一頭を殺す

一頭を殺して祝杯を上げるジョンとレミントンとサミュエル

思い出に乾杯する三人
サミュエル「忘れたくないのは鉄道の仕事 鉄の蛇」

レミントン「いい思い出といったらー死んだ家族のことだけだ」

ジョンは子供のことを話す

自分のテントに眠りに入る前にレミントン「ジョン 息子が生まれたら・・・大事にしてやれよ」

レミントンは一頭になってしまったライオンが今頃 途方にくれているんじゃないかとタカをくくっていたが

ジョンは悪夢を見る
アフリカに息子を連れてきた妻が 人食いライオンに襲われるという夢

起きて顔を洗うジョンはレミントンのテントの異変に気付く
血塗れの中・・・・・

では もう一頭のライオンは彼等が寝静まってからかたき討ちに来たのか

ジョンとサミュエルは草原でレミントンの遺体を発見した

サミュエルはレミントンの遺体に毛布をかけてやる

草原に火をつけて火葬にする

夜 怒りに燃えるジョン 銃を空に向けて撃ちながら「カタをつける!」

ところが橋の上で銃を取り落としてしまう


サミュエルが離れた場所から撃とうするも撃てない

襲ってくるライオンから幾度も身をかわしながら逃げるジョンは樹に上る
登っておいかけてくるライオン

別の樹の上からサミュエルがジョンに銃を投げてくれるが ジョンは受けるのに失敗し銃は下に落ちてしまう

しかし地面に飛び降りて銃を拾い後じさりしながら構えると ライオンはもう目の前

一発 二発 喰われる寸前のところでやっと仕留めるジョン


現場に平和が戻り逃げていた作業員達も戻ってくる
工事は順調に進むことになる
アンガスの後任の助手ナイジェルも到着した
銃の名人だそうですね 一緒に狩りをしたいーなどと話すナイジェルに良い返事はしないジョン

駅に妻がいる 息子を抱いて

夢と同じに
思わずライオンが隠れていないか草原を見回すジョン


駅で妻と笑顔で向き合う

サミュエルの声での語りが入る「大佐は待望の男の子を抱き上げた 
みんなも戻った
そして橋も完成
計画通りだった

いま 例のライオンの姿を見たい人はアメリカへ行くといい イリノイ州 シカゴの博物館にいる
たとえ博物館ででも このライオンと向き合えば 誰しも恐怖を感じるはずだ」



スティーブ・ホプキンス監督
マイケル・ダグラス制作 総指揮)

この人食いライオンの話は実話だそうです
「ツァボの人食いライオン」「ツァボ川」「ウガンダ鉄道」に関連項目があります

そして同じ題材を映画化したものには「ブワナの悪魔」(1951年 アメリカ映画)があります




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三が日も終わったら | トップ | 2016年 紅白歌合戦 曲順 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2017-01-05 00:45:43
最初題名を見た時、ホラー映画かと思っちゃいました。
でもライオンの名前だったんですね(笑

けん様 おはようございます (夢見)
2017-01-05 09:18:01
有難うございます

はい^^ライオンです

これ 割と好きな映画なのでテレビで放送あると録画して繰り返し観てしまいます

レミントンの死に方は呆気なくてーえ ここで死んでるんだーと観るたびに思います^^;
秘境映画 (まっき~)
2017-01-05 22:33:47
20年前の映画ですが、当時、劇場で観たときから、あぁなんか懐かしい、かつての秘境映画みたいなものを目指したんだろうなぁ~、、、と。
まっき~様 有難うございます (夢見)
2017-01-05 23:54:02
そう もう20年前になるのですね

レミントン役のマイケル・ダグラスが初登場シーンでは場をさらっているなとか

こういう役柄をとても楽しんで演じているようにも見えるのでした

アフリカ 猛獣 未開の地の人々
確かに 幾つかの昔の映画が浮かびます

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL