ただの雑談室

たまに読んだ本や観た映画やドラマの感想も入ります
ほぼ身辺雑記です

懸念

2017-05-11 10:31:20 | 子供のこと身辺雑記
勉強した内容なんざ すっかり忘れて(あかんやん・笑)久しいけれど 高校の公民で少しと大学時代の一般教養で「憲法」の講義を受けた

テキストの憲法の本と関連して買った六法全書(重くて読みにくい文章で書かれてるシロモノ)など少し齧る程度には読んだ


少し前のニュースとして関西弁で憲法について書かれた本があることが扱われていました
いわく関西弁は吉本新喜劇などでも全国区として いまや馴染みある言葉
もっと日本国憲法を身近なものとして知ってもらう為に書いたーと著者さん方は話されてました

ただ不安に思うのは そうした解説本みたいなものは書いた人の思想が少なからず反映されます
著者さんの解釈 考え方
それによりの洗脳も可能ということ
人は影響されやすい生き物です

本に書かれていることは全て正しいと思い込む人も多いです

みんなに日本の憲法ってこうなんだよ
難しいもんじゃないよーという それはそれ
良いことだとは思います

でも どうなんだろ
危ないなあ
とも思うのです

基本で間違うと どんな良い物も時に悪用されることもありますから

面白い わかりやすいが全てでは無いでしょうと
ジャンル:
我が家
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偶然 | トップ | 「恋する魔法使い」-24- »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人が洗脳されやすいこと、怖いですよね (くちかずこ)
2017-05-11 11:24:03
未だ少年のような兵隊や、自爆テロも・・・
韓国も北朝鮮も中国も、みんなそれぞれ自国の思惑に洗脳されているような?
日本も?
何が正しいのか?
もっと解りようが無いのが、何が真実だったのか?
自分のモノサシ、これをいつも持っていたいし、
人はそれぞれの考えがあることも認めて生きたいきたいです。

山紫陽花、紅、咲くのが楽しみですね。
こちらは、十数年で絶えてしまいました。
純白から紅への変化、その意志の固さが好きな花でした。
Unknown (けん)
2017-05-11 12:57:12
憲法の講義ですか。
ホント、学生時代に勉強したことはもうすっかり頭から抜けています。
たまにこういった講義を聞くのもいいかもしれませんね。

テレビでニュースになったり新聞などで活字になるともうそれが真実だと思いこんでしまう節が俺にもあります。
「うのみにしてはいけない」という心構えぐらいは必要かもしれませんね。
くちかずこ様 こんにちは (夢見)
2017-05-11 15:28:54
有難うございます

TVに出演されたりする著名人の影響は特に大きいのでー案じられます

TV番組で話すこととツイッターや御自分のブログでそれぞれの場所で異なる内容を言われている矛盾多き不思議な思想の方もおられるので^^;

その時代に生きていた人の言葉の方が物事の本質をついていてーおお!と後になって思うこともあったりします

善悪を判断する根底の立つところが間違っていたら これはもう話にならなかったりしますものね

山紫陽花
独特の雰囲気があり色づき始めると目が離せなくなります
色の変化 とても楽しみです

けん様 有難うございます (夢見)
2017-05-11 15:32:07
同じことについてのニュースなのに 別物と思うほど報道の仕方が違うこともあったりして^^;

どっちが真実ーと思うことも

憲法・・・たまにクイズで扱った問題が出るとー言葉が出てこなくてーああ忘れてるーって自分の頭を残念に思います(TT)
今晩は (oyajisann)
2017-05-11 20:38:56
人の意見に左右されやすいのは皆同じ。
それでも自分の物差しは持っていたい。
信念貫くにも限界あるし、人の多様な意見に耳
傾けるのも大事な事だと思います。
それ故報道は大事な使命あるはず。
でも今のマスコミは・・・?
何時もありがとうございます。
こんばんは(^o^) (つかさ)
2017-05-11 23:18:38
分かりやすさ、に危うきを見るなら、分かりにくさ、にも同等の危うきを見るべきではないか?、と私は考えます。

分かりやすさの主義主張に思考停止・洗脳の可能性を見るなら、分からにくさの主義主張にもそれ故の煩雑さに由来する思考停止による洗脳の可能性があると見るべきではないか、と。

失礼、理屈っぽい発言でした(^^ゞ
oyajisann様 こんばんは (夢見)
2017-05-12 01:06:50
有難うございます

基盤の自分の物差しを持ってない人間の危うさ
善悪の善の部分を破壊したいのか?と思うマスコミさんの活動も時に見られますしね^^;
困ったものです

まず相手を理解したうえでの 視点ならいいのですけれど
変わってさえいれば個性的と喧伝する見境なさとか いささか狂ってると感じることも

{信念貫くにも限界あるし、人の多様な意見に耳
傾けるのも大事な事だと思います}

同感です
つかさ様 こんばんは (夢見)
2017-05-12 01:15:11
有難うございます

分かりにくい本を手に取る人間は それが必要で読む人が多く
数の問題となりますがー「わかりやすい 面白い」とNHKやテレビが取り上げると 読みやすい面白い本として印象づけられ手に取る人も多いでしょうから

こと日本の憲法に関する内容の本だけに危険性を覚えました

何を信じるか基盤にするかで 各々受け取り方も異なりましょう

感性も信条も 人それぞれーですから
そうそう・・・ (くちかずこ)
2017-05-13 09:03:21
娘は、大学が哲学倫理、院が、法学部の政治学研究だったんです。
プラハの春の失敗が国民に及ぼした影響だとかに興味が?
まあ、娘が卒業してしばらく経ってから、院が法学部だったこと等を知ったのんびりした母親でしたが、
娘の思想、サメ氏の思想、くちこの思想、
本当に、三人三様です。
長男、次男まで入れたらもっとです。
それでも、どれか一つだけが完璧な正解と言う生き方はしていないです。
そんな生き方、考え方、その全てが一本のりんごの木になったりんごってイメージです。
いろんなりんごがなって、一本のりんごの木。
それが社会なんだと思っています。
ただ、くちこ的に嫌いなのは、その考え思いを全く口にせず、ブログ上だけで、自分が決して特定できない場だけで、この世の皮肉を言い続ける人です。
ずるい生き方だなあ・・・って、人には厳しい・・・
あ、くちこがずるい、か。
くちかずこ様 有難うございます (夢見)
2017-05-13 12:31:29
{大学が哲学倫理、院が、法学部の政治学研究}
わあ!お嬢様 素晴らしいですね

私は「プラハの春」という言葉すら 最初は少女漫画(確か木原敏江先生の作品でした)で知りました
それから宝塚歌劇の舞台や原作となった小説などから興味を持って少しだけ 読み齧り また詳しいことは忘れてしまっているーという^^;

社会問題や政治的なことは あんまりブログの話題にはしたくないなーと思っておりますが

でも時折 どうなんだろうとーと思うことは吐き出さずにいられない そうしないと自分の中にどんどん溜まってしまってーなんてね・・・・あります

自分の子供にさえ これが絶対正しいよーなんて言えませんもの

こういう見方 捉え方もあるって話すくらいです
恐ろしくって 導くーなんてできません・笑


コメントを投稿

子供のこと身辺雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL