ただの雑談室

たまに読んだ本や観た映画やドラマの感想も入ります
ほぼ身辺雑記です

「スコア」(2001年 アメリカ映画)

2016-11-05 22:22:40 | 映画
スコア [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


フランク・オズ監督

スコアとは泥棒の意とか

ニック・ウェルズ(ロバート・デニーロ)はクラブのオーナー
ですがそれは表向き
実は一匹狼の泥棒さん

25年来の友のマックス(マーロン・ブランド)から持ち込まれた仕事はー
それはニックの仕事の信条には反するものでしたが


地元モントリオールの税関の金庫にある秘宝の笏(実にフランスの国宝?!)
これを盗み出すという

マックスにはお金を必要とする事情がありました


ニックは夢をかなえる為にお金は必要

CAの恋人のダイアン(アンジェラ・バセット)と一緒になり ジャズクラブを買い取って もう泥棒稼業からは足を洗おうと考えていました
地元では仕事をしないとも決めていたのですがー


ジャック・テラー(エドワード・ノートン)はブライアンと名乗り障碍者のふりをして金庫のある場所に潜り込んでいます


相棒を必要としないニックですが いきがかり上ジャックと組むしかなくなりー

いよいよ計画実行

金庫を開けることにも成功します

ところがジャックは自分を若造扱いするニックとマックスに一泡吹かせてやろうとしておりました

銃でニックを狙い笏を渡すように迫ります

ニックから奪ったモノを持ち逃げるジャック


勝ち誇って ニックに電話するジャック

ところがージャックが渡されたモノは笏ではありませんでした

ニックはジャックの裏切りにも対応していたのです

面が割れているジャックは逃げるしかなく


お宝を手に入れたニックは 恋人のダイアンを空港へ迎えに行きます



エドワード・ノートンは脚本は気に入らなかったけど ロバート・デニーロとマーロン・ブランド
この二人と一緒に自分の名前がポスターにーってだけで このお仕事を受けたそうです


終盤 金庫破りの場面はハラハラします お約束ながら


マーロン・ブランドが生身で出演した最後の映画でもあります
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京極夏彦著「虚実(うそまこと... | トップ | 「キスキル」 (2010年 ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2016-11-06 01:47:59
ほとんど覚えてないけど観た!って記憶だけはあります(汗
マーロン・ブランドの遺作になったんだ。
そう思って観るとまた感慨深いんだろうな。
けん様 有難うございます (夢見)
2016-11-06 09:05:47
生身では出演してないけれどー的な「スーパーマン」
どちらを遺作とするかには説もあるようです

「ゴッド・ファーザー」で同じ人間を演じたこともあるデニーロさんとブランドさん


特にマーロン・ブランドさん
こういうおじい様になっておられたのだわと
お若い頃に出演された映画を思い出してーこういうお顔になられる方でもあったのかと
ブランド (まっき~)
2016-11-06 21:01:05
ブランドは、『ドン・サバティーニ』あたりからセルフパロディが多くなりましたよね、インパクト大の怪優でしたから、それも自然な流れなのかもしれません。

なんでも叩かれちゃうこの時代に、もしブランドの若いころが重なっていたら面白かったかもしれませんね、
監督のいうこと聞かないし、賞のセレモニーには参加しないし笑、でも許される。
すごい俳優さんだったんだな、、、って。
こんばんは♪ まっき~様 (夢見)
2016-11-06 21:18:14
有難うございます 
  
色悪というか 二枚目的な主役をはった若い時代から 随分容姿とかも変わりー「ラストタンゴ・イン・パリ」あたりの役どころでも驚かされたのでした 

こういう俳優さんになっていかれたのかと 淀川氏がこの映画の話をされた時に悲しいとか寂しいとか そんな意味の言葉を言われたのでした

ブランド氏 それぞれの役の選択や言動にも自身には意味のあることであったのでしょうけれど

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事