ただの雑談室

たまに読んだ本や観た映画やドラマの感想も入ります
ほぼ身辺雑記です

浅田次郎著「パリわずらい江戸わずらい」(小学館文庫)

2017-05-05 20:18:11 | 本と雑誌
パリわずらい 江戸わずらい (小学館文庫)
浅田 次郎
小学館




庭に出たイノシシ

身長が伸びたが 娘には信じてもらえなかった話

ダイエット

家紋をいい加減に決めた父と兄のこと

大型ショッピングモール時代に思うこと

車をバックで車庫入れしたことに関する考察

日本語というもの


 「自分自身の心にうかんださまざまなことを 正直に 何となく 淡々と」「そこはかとなく」書かれたように読みながら感じる一冊です

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「オーシャンズ13」 (200... | トップ | 抜くほどに 増える気がする... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2017-05-06 10:37:46
エッセイ集なのかな?
浅田次郎さんって読んだことありません。
表題の「パリわずらい 江戸わずらい」って題名がなかなか興味そそります♪
けん様 有難うございます (夢見)
2017-05-06 13:12:44
こんにちは

はい^^エッセイ集です

浅田氏はパリに行かれると水が合わないのか
{パリに滞在すると必ず体調が悪くなるのである。
寒い時期は必ず風邪を引いて発熱し、夏ならば腹をこわす。
承知の上でよほど用心しても、毎度この「パリわずらい」は避けられぬ。
数日間はきまってホテルのベッドで過ごすのである}

東京には江戸時代「江戸わずらい」なる風土病があったとか
{江戸で暮らしているうちに体が怠くなり、手足がむくみ、食欲がなくなる。
症状が進むと心不全を起こして死ぬこともあったらしい}

しかし江戸を離れて故郷に帰るとたちまち治っていたそうで 正体は脚気とか
江戸での食生活が原因であったのだろうと書いておられます

浅田次郎氏の作品
一時期 本が出るのを追いかけるようにして買って読んでおりました
浅田次郎は (tacaQ)
2017-05-06 21:43:10
最近、小説はいけてない感がありますが
エッセーは、相変わらずの切れ味ですよね。
tacaQ様 こんばんは (夢見)
2017-05-06 22:22:12
有難うございます

多分またまとめて浅田次郎さんの小説が読みたくなる時が来るかなーとも思うのですが(^^ゞ

定期的に訪れます・笑


積み上げた未読本とにらめっこで 読む速度が落ちています

エッセイは少しずつ読めるので 車に積んで待ち時間に読んでおりました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL