本と映画と雑談室

右腕骨折によるギブスをしており キーボード打ちも思うに任せず コメント欄は閉じております
ごめんなさい

七尾与史著「山手線探偵 まわる各駅停車と消えたチワワの謎」 (ポプラ文庫)

2017-06-13 23:45:20 | 本と雑誌
山手線探偵 まわる各駅停車と消えたチワワの謎 (ポプラ文庫)
七尾 与史
ポプラ社



家賃が払えず事務所が無くなり 山手線の電車の中を事務所代わりにしている探偵がいるそうな
助手は小学生 ランドセル背負った女の子
そんな都市伝説のような・・・・

探偵の名前は霧村雨 35歳 どうやらいい男らしい

小学生の高山シホの判断だが

そして探偵の友人は 探偵よりも長身で自称ミステリ作家
三木幹夫という名前なのでシホはミキミキさんと呼んでいる


冤罪痴漢
小学生の自殺に見える死

いなくなったチワワの行方

急に勉強ができるようになった学生

ストーカー被害にあっているように見えた女性

ばらばらの事件は 妙にねじれて繋がってもいる

シリーズ第一作


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「壮烈第七騎兵隊」  -2- | トップ | まず 確保(^^♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL