中村 幸春 夢丸釣行記

遊漁船 夢丸での釣行記をお届けしております。
スズキ、太刀魚、メバル、スルメカ、甲烏賊、アオリイカ、キス 案内

烏賊の準備もセンとイケンゾ

2017年04月20日 | ブログ
そろそろこいつの準備をしないとイケン
ヒロミ産業社の水中ライト Rainbowと餌巻きテーラー
ホンで昼間はOvalテンヤとアクラバリグ!!

実はシリヤケの群れは確認しています。
しかし、いつものように出船できない状態
その分けはナイショ!!

ではなく、まじめに未来の広島県=海田町=瀬野川を素晴らしく!!を考えています。

 私が活動できなくなっても軸がぶれないようにしたいと考えています。
人一人では何もできないけど、伝えていく術が実直なら残るはず

瀬野川をこれからの人々のためにどのようにすれば良いか
瀬野川を有効利用するにはどのような事ができるか
瀬野川の生き物を残し増やすためにはなのが必要か
瀬野川が人々に取って一番良い事は何か

4月22日広島県の県政知事懇談会が22日にあります。
これまで模索活動してきた事をきっちり説明したいと思います。
何も難しくは無い!少しずつ一歩ずつ歩めばエエだけ!

花を咲かせる事も一歩
ゴミを拾うことも一歩
魚を増やす事も一歩
今の生き物を図鑑にする事も必要
水族館やアサリ海浜も必要
カブトムシやクワガタムシも残さないとイケン

そー 山=川=海 =人全部が調和しないとイケン

 2000年の頃の瀬野川と2017年の瀬野川雲泥の差が出てきた。
生き物は増え、人々はWalkingやJoggingで健康になり、治水工事も生物多様性を考慮した工法が取られ
そして沢山の児童が瀬野川で貴重な体験をしている

 さらに飲料水もドンドン綺麗になり、塩素も少なくて体にも良い素晴らしい水が飲めるようになった。
このまま行けば、あともう少しで瀬野川で淡水浴場ができて、夏休みは海田の子供達や周辺の子供達が
水中メガネや網で魚を追いかけ回し、花火やキャンプができて瀬野川で楽しめるようになるはず。

犬の好きな人は、瀬野川に一緒に入り、大喜びできる場所になればエエ
DockLANとは少し違う
犬種にもよるが、水が大好きなsetterやLab、pointerなど水鳥を追い込む犬が瀬野川で遊べる環境を造れば
多くの愛犬がが集まる。
日本にはこんな犬と遊べる川はないゾ

 そして、河川敷には沢山のテントが張られ、カラフルな光景が夏休みの恒例行事になる。
そして一年中、野草が咲き、子供達が花を摘み食卓に飾る
河川敷には、テラスがたくさんできて和める場所があり 
フリーマーケットや朝市、コンサート、画廊が建ち並び賑やかになる。
テーマパークとは意味合いが違う
お金が無くても楽しめて和める瀬野川が理想

広島県は今、大きな商業施設がたくさんできている。
それはそれでエエが、オイラの想いはそんなのでは無く
好きなとき好きなように自然に身を置ける、そんな環境こそ今必要と思う

そんな環境が少しずつでもエエから、築いて行ければホンマエエと思う



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北別府 ファームと上弦の月 | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。