中村 幸春 夢丸釣行記

遊漁船 夢丸での釣行記をお届けしております。
スズキ、太刀魚、メバル、スルメカ、甲烏賊、アオリイカ、キス 案内

夢イカ針 説明!!かめや釣り具総本店に少しだけあります。

2017年06月15日 | ブログ
夢イカ針説明
このイカ針は、マルキューの喰わせキビナゴにドンピシャサイズです。
号数は2号3号 6号

 あくまでも広島湾の鯣烏賊仕様です。
また、針が斜めに装着しています。
餌を持ち逃げする鯣烏賊が掛かりやすい角度です。

 アワセは聞き合わせ!!重たいと思ったら軽く竿先を起こす程度が良いはず
逃げても再び抱きつく感じです。
竿の穂先はSolidTypeがエエですよ

護岸からは、2号3号を使用
着底から、巻き上げながら誘います。

船釣りは 6号 大潮の潮流にも負けない重さ
そして針がかなり小型になりました。
この針は障泥烏賊針を装着しています。
前後の針は段違いで死角がほぼありません!!

小型にすることで、潮流に負けない水切れが可能になりました。

餌の喰わせキビナゴは、喰いが良いときは、1匹付け
喰いが悪いときは表裏に装着がエエと思う。

夢イカ針の特徴に、餌止め針が両面に装着しているTypeもあります。
私が使用するのはW餌止め仕様です。

この夢イカ針を考案したのは、アタリがあっても掛からない
悔しい思いから!そしてTension HALLさすためには、遠投が可能な重さ
5号では届かない?8号では重すぎる
ホンなら6号なら?と試行錯誤していると、TensionHALLのSPEEDが
GOSENのイカメタル0.4号 ホンテロンキススペシャル0.8号と合わせれば、イカの好むSPEEDと
ドンピシャになりました。
上下の釣りでは、よらない!掛からない!鯣烏賊が、夢イカ針のTensionHALLとswimmingならアタリはかなり倍増します。

コツのこつ!!
1.キビナゴの頭部は針の内側に入れる
2.キビナゴのシッポ 先端は最初に切断
3.キビナゴのエラをしっかり巻き止める
4.護岸からは着底からの巻き上げ
5.船からは17m程遠投、そしてTensionHALL
  60度付近からアタリが出ますよ!!
6.合わせ損なっら、Lineを1m程出します。かなりの確率で再アタリが出ますよ
7.餌は早めに交換します。表皮のギンギラが無くなれば交換
8,喰い上げの時は、群れが下にたくさんいます。巻きSPEEDを早くして浅めを釣ります。
9.横抱きの時は素早く水面から抜きあげてください
10.初めはアタリが無いときでも、Castingを繰り返すと集まります。
11.餌は3種類は必要!私はマルキューの喰わせキビナゴを使用しています。
必ず新品の再冷凍は使用しません!余り餌で良い思いはありません。
  喰わせキビナゴ、サヨリ、鶏ささみ、小イワシの内3種類を持参するのがエエかな
イワシでアタリが無いときでも、喰わせキビナゴや、ささみで入れ食いもあります!
12.水中ライトは GRIN点滅、RainbowのSingleTypeとWType
13.道糸は太くてもナイロンorエステルなら1号まで!!PEなら0.4号 LEADERは2号3号、1m必要
14. アワセは軽く!!強いアワセはゲソ切れが多発しますよ
15.GRIN点滅であたらないときは、素早くRainbow!!その逆も多々あります。

現在かめや釣具総本店で少しだけ(各種10本ほど)テスト販売しています。
今年のイカ釣りは、6月20日頃が最盛期です。
まだ小型が多いので7月後半まで持つと思いますが、最近奴がウロウロしています。
一気にいなくなるかも?
鯣烏賊が終われば太刀魚本番!夢天の出番だな!!


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 烏賊焼きが一番! | トップ | 瀬野川を楽しむ会 探索会 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。