体験工房 夢工房みらい

つるかごづくり、竹細工、わら細工、きのこ、山菜、竹炭、挽物工芸、有機野菜など体験できます。

あれよあれよという間にモクレンの花

2017年03月31日 | 工房案内

 3/31         あれよあれよという間に 3月が終わる。寒いだの、暖かいだの、雪が降る、だのと騒いでいた天気予報。今日は雪が降るとのこと。午後から雨降りとなり 庭の紫のモクレンが咲出した。

 午前中は、4月中旬には水が入るので  田んぼの給水取り入れ口を補修した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春祭り前の神社の清掃

2017年03月30日 | 工房案内

 3/30           地区の神社の春祭りが来る4/2(日)に行なわれます。それに先立ち、今日8:30から20人ほどで枯葉や草取り、花木の整備などをして掃き清めます。石段はシュロ箒でも持っていき、きれいにしたい。

 20人ほどの神楽奉賛会員が当日、9:00〜神楽奉納しますが、雨や雪が降らないといいなぁー。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

机を並べた友

2017年03月29日 | 工房案内

 3/29          高校生の頃、机を並べた友が昨年逝去し、その墓参りを今日した。立派な墓であっても まさか数か月も経たないうちに入るとは本人も思っていなかったと思うが 急にご不幸なことになってしまった。

 帰りには後輩の墓参りと、同僚の墓参りをしてきた。どの方も彼岸明けても花さしに入りきれないほどの花がお供えしてあった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯医者さんの診察

2017年03月28日 | 工房案内

 3/28            一本の歯が割れたので 今日、補強してくれる予約日。何時も一番の9時で 今から出かける。半日はかかると思う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刺身コンニャク作り

2017年03月27日 | 工房案内

 3/27        昨日からの雨で、外仕事は不可のため 昨秋収穫したコンニャク芋を使って 刺身コンニャクを作った。作業準備から始まって あく抜きまでして、容器洗いをしたら昼過ぎまで時間が掛かった。空いた時間は玄米一袋を精米。

 農場から見た夕方の富士山

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなことって・・・・・

2017年03月26日 | 工房案内

3/26    生きてるってことは毎日充実してて、つかれてぐっすりねむれることだね!!
布団に入って2分でねれる♪

 あまり考えないさ。年老いても この調子で過ごせれば幸せだと思っている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頑張れ 今年の春

2017年03月25日 | 工房案内

3/25  キュウリの棚にネットを張ったり、トマトの棚に透明シートを張ったり、ジャガイモの植えつけを済ませた。明日は雨予報なので土が乾いているうちにしとけば、春祭りは安心して出掛けられるからね。

 いよいよ、明日は春祭りの取材に行く。雨降りの神楽は、菜の花は、ノボリ旗は、人出は? 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛犬のヘアーカット

2017年03月24日 | 工房案内

 3/24             数日前に予約しておいたケンケンさんに愛犬を9時に連れて行く。何時も夕方まで預けているので それまで七人の知人の墓参りをした。初めて伺った墓は四人様で大変な探し用だった。何とか 目標とした彼岸時の墓参りは予定通り済ますことができた。明日からは本来の自分の仕事に打ち込めることができる。16時に連れに行き、帰りは動物病院から緑内障の目薬や老犬治療のシロップを処方され、無事一日の活動を終えた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のお彼岸さん最終日

2017年03月23日 | 工房案内

 3/23          彼岸明けの今日。朝から 級友の訃報を数人に電話連絡する。連絡はがきが届いていた方や、元気がなさそうで病気と闘っている方もいたりで複雑な気持ち。

 一段落したら、すぐに 他地区の墓参りに出掛け夕方帰宅。何とバタバタな一日だったことか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

級友の死亡連絡

2017年03月22日 | 工房案内

 3/22          名古屋からのハガキが届く。中学時の同クラスの友の夫君から1月半ば過ぎに妻が不調を訴え、すぐに診察・病名もわかり治療していたが、残念ながら3月12日に亡くなったとのこと。手遅れだったようだがホスピスに入院し残された時間を静かにすごしたとの連絡だった。今年の年賀に「元気ですか」との問いかけがあったにもかかわらずこんな最期を迎えてしまった。ご冥福を祈りますと共に向こうへ行ってからも級友を見守ってくださいと心からお願いした。合掌

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加