体験工房 夢工房みらい

つるかごづくり、竹細工、わら細工、きのこ、山菜、竹炭、挽物工芸、有機野菜など体験できます。

大雨はいやだぁー

2011年05月30日 | 工房案内

 5/30 昨夜の雨で、農場の一部分から 地下水が湧き出ていました。勿論、高い方からの浸透ですが、ブクブクと噴き上げるような感じで 温泉が湧き出しているようで これまで見たことがない光景。夕方は止まりましたが・・・・・。

 一方、風が強く吹き、もろこし、タマネギの葉がなぎ倒されていましたが、ぬかるんでいるので 中に入るのを止め、明日手入れするつもりです。

 田圃の水もフラフラに入っていて水の調整と、浮き苗が畦に流れていて これ又、よく仕事があるものです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな旅 の 神保町書店

2011年05月29日 | 工房案内

 5/29 今朝、8時からのNHKの放送(小さな旅)、神保町の書店街をテレビで見ていながら、以前よくお邪魔した古本屋の様子をうかべながら よく探し回ったり、疲れ果てたり、購入し重い書物を持ち歩き、電車で帰り、駅から自宅に運び込んだ一連のくたびれた様子など思い出したよ。今は懐かしい。それらの本は捨てられない欲しい本でした。

 朝から、雨降りです。昨日、田植えが無事終わったことが神様の恵みと思っています。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田植え終わる

2011年05月28日 | 工房案内

 5/28  台風が来る前に、田植えが終わり植え直しも終わり、ホッとしました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つばめの働きをカラスさんが見守るか

2011年05月27日 | 工房案内

 5/27 自宅の二階に、一週間前より つばめさんが巣作りをし始めました。カラスが見守るか?、つばめが逃げるか?、興味を持ちながら人間が見守っています。昨年は防湿壁のため、ツバメが泥をつけられず、あきらめたか?、カラスに追われたか?、は定かではないが・・・・。 壁に泥が点々と残った程度で、今年を迎えたです。さて今年は子孫を残せるかなぁー?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛烈な台風2号の前に

2011年05月27日 | 工房案内

 5/27  明日は田植えです。雨が70㌫の予報ですが終わらないと厄介です。直ぐ猛烈な台風2号が来るとのこと。その前に田植えが終われば、やれやれです。被害がなければいいが・・・・?。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宅用の甲州小梅もぎ

2011年05月25日 | 工房案内

 5/25  田の方も水加減が順調だったので、急遽、自宅用の甲州小梅もぎをして15㎏漬けることにした。結構、いい粒だったです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

採りたてキャベツは美味しい

2011年05月23日 | 工房案内

 5/23  露地栽培の野菜が、次から次へと収穫ができるようになり、その収穫後の作付けで忙しかったが、昨日、その目途がたったので今日の雨降りはよろしい。

 明日からは田起こしスタートです。田のゴミとり、水加減、田植え、植え直し、水調整と進めば、本来の体験コースのスケジュールに突入です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田に給水順調に

2011年05月22日 | 工房案内

 5/22 昨日より田に給水を開始し夕方点検に行ったところ、順調だった。水さえまわれば田起こしを当然するつもり。午後からは雨降り予想だよ。どうなるのやら?。

 今年は梅落としは人頼みなのでそちらは心配しなく、田圃に集中できるからいい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山の中は涼しかった

2011年05月20日 | 工房案内

 5/20 定期休業日

 明日から、田圃へ集中しますので、朝方の涼しいうちに、べんり菜の種まきをしました。思っていたとおり日中は暑くて大変だったです。午後からワラビ採りに行って気分転換。山の中は涼しかったでーす。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米粉の製粉とわらび

2011年05月19日 | 工房案内

 5/19 自家生産の梨北三等米(コシヒカリ)を、精米してから 米粉に製粉しました。間に合わなく、直売所での要請に応えられなく、もうこうなったら人手が必要と思いつつも、手が空いたら、集中して一気に袋入れまでしておき、明日持参する事にしました。営業部長も大変だよ。生産部長も楽ではないけど・・・・。

 他生産者がいるのに、こちらの甘みと、なめらかな舌触りのいい 米粉をご指名とのことです。ありがたいことです。

 一方、今日は山菜料理をお客様に出したいので、早急にワラビを出荷してほしいとのホテルからの電話要請があり、これ又、山菜栽培コースで栽培しているワラビを畑地から収穫し、早速直売所へ持参。何と喜ばれたことか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加