体験工房 夢工房みらい

つるかごづくり、竹細工、わら細工、きのこ、山菜、竹炭、挽物工芸、有機野菜など体験できます。

木蓮が満開

2008年03月31日 | 工房案内
3/31 我が家の大木木蓮が満開。アッという間に水を吸い上げたことでしょう。白でなくてよかった。紫の木蓮を植えておいて後悔していない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野菜の管理

2008年03月30日 | 工房案内
3/30 午後雨降りとの予報を参考に、農場の野菜管理をする事になった。ジャガイモの追加植え付け(男爵)を行った後、コスレタスの移植、バジルの種まきなど。
農場の研究員3組の方々も野菜の管理で頑張った。予報どおり雨降りとなったのですだれ作りをした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EMボカシを使った農業利用の基礎講座

2008年03月29日 | 工房案内
3/29 EMボカシを使った農業利用の基礎講座「EM生ゴミ堆肥の活用」について研修。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臨時開催 布ぞうり作り体験教室 

2008年03月28日 | 工房案内
3/28 休業日。臨時開催 布ぞうり作り体験教室。
本日は笛吹市、南アルプス市の人達が参加した。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すだれ の ひご作り

2008年03月27日 | 工房案内
3/27 事務所南側へ吊すため、すだれ の ひご作りをした。
4/2のテレビ局取材には間に合うかな?
 明日は臨時の布ぞうり作り体験教室があるから編み込みが出来ない。残念
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田圃へ豚肥4台搬入

2008年03月26日 | 工房案内
3/26 挽物工芸開催を延期。
天気予報を判断して、急遽豚肥を田圃へ入れることになった。トラック4台入れ散布、耕運した。いよいよ周囲が苗間作り(田植え1ヶ月前に苗を作る)の為、水路へ水を入れ込む。こうなると、水が田の入水口からしみ込みトラックの自由がきかず種々不便だからだ。これで一安心。
 豚肥のお米はうまいし、甘いよ。後で竹炭や竹酢液をふんだんに入れるからなお一層おいしい。工房の竹炭玄米は30キロ入れで10,000円で販売しています。良かったらご連絡下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山菜採り体験教室「自然の恵みを味合う」開催

2008年03月25日 | 工房案内
3/25 平日だったが、参加者が多く、里山や野原を歩きながら身近な山菜を採って、その品名や料理方法などを勉強し自然の恵みを味合った。お浸しのもの、天ぷらのもの、草餅にしたものなど、を参加者との共同作業で料理し昼食を兼ねて味わった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹炭アート教室「壁掛けを作る」

2008年03月25日 | 工房案内
3/24 竹炭アート教室「壁掛けを作る」開催。本日は主婦が大勢で、主婦の教室のようであった。すごーく描けてオリジナルな壁掛けができ、喜んでもらえた。次回は竹炭の形をも選択して挑戦したいとのこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忙しい一日だった

2008年03月23日 | 工房案内
3/23 布ぞうり作りを研修のため28日に延期し、五風十雨農場の植樹祭とコンサートに参加した。私の記念植樹の木はコブシと桜の木各一本と、ぞうり作りのデモストレーションなど。コンサートもあり、記憶に残る一日だった。向山代表さんはじめスタッフの方々大変お世話になりました。
 一方、工房においては竹細工の背負びくかご(大)のひご作りを実施してお留守番をしてくれた工房のスタッフさんありがとうございました。
 彼岸で墓参りに来て下さいました親戚の方 すまなかったね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ人事異動が掲載

2008年03月22日 | 工房案内
3/22 新聞紙上に、恒例の人事異動が掲載され、新転地又はご栄転で 新年度よりスタートしていきますね。皆さん頑張って下さい。私も長い間、このわくわく、ドキドキ、不安、喜び、抱負などの経歴を歩みましたから心境がわかります。本工房のキャッチフレーズは「出会い、ふれ合い、きずな」で 体験者や見学者に接し運営しています。
どんな門出にも この こころ で接していれば きっと よい人に恵まれると思うよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加