メタボスパイラル

肥っているから運動不足+深夜の過食→肥る →運動不足→深夜の過食 どこまで行くんだ!メタボスパイラル!!

誰よりもママを愛す   第一回

2006-07-03 10:55:49 | テレビドラマ
正直 見るまでは 不安でした。


田村正和様は 正直コメディっぽいドラマには出て欲しくない。
今の若い人には 田村正和=古畑任三郎 という図式が
出来上がっていると 思うが


あの秋野暢子さんを もってして

「正和様」 と 以前は呼ばれていたほどの二枚目。


秋野さんが ある日恐る恐る楽屋の 正和様を訪ねると
正和様は ガウンを着て、高級な椅子に深く座り
楽屋でも 「田村正和様」 で あったと言うことだ。



なのでね、 不安げに 見たんです。



ところが



面白い!!!


名前が 一豊(田村正和)と 千代(伊藤蘭)というのが
気になるが、  携帯の待ちうけは ママの写真、
外での食事も ママといっしょじゃないとしない
いつも ママからの電話を待っている 専業主夫一豊。


今時専業主夫なんて めずらしくないけど パパの場合は
ママを今でも 一生懸命愛している。

一方のママ 千代はやり手の弁護士。
普通の家のお父さんのように 夜の帰りもいつも遅いし
子供にも 厳しく叱る。





玉鉄は モテモテの美容師だけど 優柔不断
元カノを 何人も引きずってる。

姉ちゃんの雪(内田有紀)は 
好きな男の前だと2オクターブくらい声が高くなるけど
言いたいことは はっきり言う ので
人間関係がうまくいかなくなり すぐに会社をやめてしまうOL。



そして、物語を進行してくれるのが末っ子の薫(長島弘宣)


薫は授業参観があるが、いつも 友達から パパのことを
からかわれていたため、 できれば ママに来て欲しいと
思っていたが ついにママに言い出せず
学校からの 案内のプリントを こっそり捨ててしまう。



それが ママに 見つかってしまって 薫は大目玉をくらう。
パパにも 授業参観に行かなくてもいい! と 命令し
一豊は 一応は ママの言うことを聞いたが 心配でたまらない。


こっそり 学校へ出かけることに。


学校では 「尊敬する人」の 作文を 朗読していた。


薫の場合は 「ママを尊敬している」と ただそれだけの内容だった。
一豊は それ自体にはショックを受けなかったが

他の父兄のこころない言葉に ママが侮辱されたと思い
薫の授業参観中にもかかわらず 他のお母さんに
猛然と抗議をしてしまう。



しかし 家に帰った  一豊は トイレにろう城。
ママが帰ってきて いかにパパの生活が大変なのかを
子供達に 諭し 一豊はトイレから出てきた。



でもさ、逆の場合、男性って こういう風に思ってくれていないでしょ。
食わしてやってるんだから 当たり前。
お前は いつも 休みでいいなあとさえ うちの夫はいいます。



これで こどもたちも 少しだけ勇気を貰い、
それぞれの 難関に立ち向かっていくが・・・・



面白いです。

これは毎週見るドラマになりそうです。

【CD】【10%OFF!】限>惑星タイマー【DVD付初回限定盤】 / 福耳
【CD】【10%OFF!】限>惑星タイマー【DVD付初回限定盤】 / 福耳






『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あんず大福  ラジかるッ ... | トップ | HERO  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
誰よりもママを愛す 「日本一の愛妻家あらわる!」 (平成エンタメ研究所)
 「誰よりもママを愛す」、チェックポイントは遊川和彦さんの脚本だ。  「女王の教室」もよかったけれど、「おとうさん」もよかった。  この作品は「おとうさん」の路線。  あのテンポのいいホームドラマが大好きだ。  第1回「日本一の愛妻家あらわる!」は ...