メタボスパイラル

肥っているから運動不足+深夜の過食→肥る →運動不足→深夜の過食 どこまで行くんだ!メタボスパイラル!!

天才志村動物園  パンくんとジェームズ 農業に挑戦!   青木は虎を抱きしめ 相葉君はジョウミチル?

2006-07-21 08:39:50 | 天才志村動物園 パン君とジェームス
天才志村動物園 過去・最新の放送はこちらから


ベッキーやスタッフさんのブログ情報、パンとジェームズ情報もあります!





    



一番最初は相葉君 ジャニーズの嵐のトップアイドルなのに
番組では おかまいなし。


今回は どんな動物を飼ってみるのでしょうか?



おそるおそる ドアをあける 相葉くん。



玄関あけたら イルカ


いつものように玄関を開けても なんの動物も
いなくて お茶のセットがあったので
お茶を飲みながら まったりしていた
相葉くん


すると おもむろに家の床が開いて
水槽が現れ 待っていたのは2頭のイルカちゃん。



おいで! おいで !  なんて 手を出して
イルカちゃんたちを 呼んでいた相葉くん。


そのとき、一頭のイルカちゃんが
相葉くんの 手を 「 ガブッ」 



危なっ!!



ジャニーズの事務所的に大丈夫なの?


相葉くん いっつもこんな危険なロケだけど
トップアイドルだよ。

しかもね、昔 まだ 嵐が こんなにブレイクしてなかったころ
ヒロミの番組で  嵐は 競演していたけど
当時は 松潤など 何もドラマやっていなくて
相葉くんだけが ドラマをやっていた。


ヒロミが いつも
「相葉くんは いいよ、やんなくて トップアイドルだからね!」って
特別待遇。

バラエティ担当は 松潤だった。


松潤も ものすごく大好き(っていうか一番好きなんだけど)
相葉くん がんばってるよね。

   

それで、 イルカちゃんの名前を考えることに。


相葉ちゃんは ジャニーズに入ったときにジャニーさんに
「ユーは 城みちるに 似てるね」 と
言われたのを思い出し


イルカちゃんの名前は ジョウ と ミチルに決定。


お魚屋さんへ行き、ジョウとミチルのえさを買い、
ジョウと ミチルにえさをあげながら
スキンシップを 図ります。


スキンシップには マニュアルがあって、
最初はうまく自分の意思が伝えられなかった
相葉くんでしたが、だんだんにできるようになりました。



    
次は 青木 青木は 他の番組で
オーストラリアを抱きしめる! というロケ中。
そこで 時間があるので ついでにオーストラリアの
動物も抱きしめてもらうことにしました。



まずは天敵 ウォンバット 過去にも青木は
ひどい目にあっていますが
こちらは 飼育員の方に ばっちり協力してもらって
なんとか 抱っこ。


次に待っていたのは なんとホワイトタイガー



無理!! 無理!!! 無理!!!! 


絶対無理だよね。


でも青木芸人根性だして がんばりますが・・・




さて 次は久々のぱんくんとジェームスです。


今日は農業に挑戦。


最初は取り立ての野菜を味わってみようと
大根や おねぎを 生でかじりますが・・・


まずい!!!!



次はたけのこ掘りに挑戦、

後ろにかごをしょって スコップを持ち
ジェームズの手を引いて 探しますが


無い!!



疲れて よっこらしょ! とかごを置き
ジェームズとともに 一休み。



そこには 大好きな 木が・・


パンくんは 殆ど人間と変わりませんが
やっぱりチンパンジー 

とことことこ と 木に登り始め
遊び始めますが


木が突然折れて・・・
危なかったです・・・



次は みかんの収穫
かごをしょって 木に登り
みかんを ポイポイとかごに入れますが


なにせ小さいパン君  みかんの重みに耐えられなくなって
また 木から おちそうになりました。


危ないよ! パン君。



それで 今度はかごを 下において
木からとってきては かごに入れ
もちろん、ジェームズの背中のバックにも入れて


いっぱい収穫できました。


いざ、かごを担いで・・また転びそうになったパン君。


今回は危なかったですね。


パンとジェームズ 情報


『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 均ちゃん球団 辞めないでとの声 | トップ | ハウルの動く城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。