メタボスパイラル

肥っているから運動不足+深夜の過食→肥る →運動不足→深夜の過食 どこまで行くんだ!メタボスパイラル!!

プライドと偏見

2006-01-20 02:22:45 | 映画
プライドと偏見

監督 ジョー・ライト


コーヒー & シガレッツ (初回限定生産スペシャル・パッケージ版)

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


18世紀のイギリス、貧しくはないが 大金持ちではないベネット家では
5人の娘達が リッチな王子様を 探していた。


リッチな王子様を探しているのは
今も昔も同じね。



次女のエリザベス(キーラ・ナイトレイ)は
ダーシー卿(マシュー・マクファディン)と 出会うが
彼の傲慢な態度に 腹を立てる・・・



ベネット家には 家や 農園を相続する男子がいない。
そこで 母親(ブレンダ・ブレッシング)は
娘を貴族と結婚させ、 一家の安泰を図ろうとする。


このシチュエイション 「タイタニック」でも
おなじだったわ。




それが当然の時代なので 娘達も 貴族の心をつかむために
努力する。


しかし、気丈なエリザベスは 高慢な貴族を許せない。


心の中では引かれながらも、ダーシー卿の求愛に素直に
答えられない。



当時は当人の気持ちよりも家族の幸せが大事だった。



エリザベスの愛も 本人の気持ち以外のものに
大きく左右される。



エリザベスの心情が、美しいイギリスの田園風景を背景に
描かれ、 ゴージャスな音楽とともに
けんらんたる 絵巻として 展開。



がけの上にたつ エリザベスの姿などが 圧巻。



現代社会とは全く違う背景とはいえ、 様々な難関を乗り越えて
愛をはぐくむ 行為は同じ。







『映画』 ジャンルのランキング
コメント (53)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白夜行 | トップ | プルーフ・オブ・マイ・ライフ »
最近の画像もっと見る

53 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (テクテク)
2006-01-20 12:33:02
こんにちは。

こちらからもTBを送らせて頂きました

この映画は、先に観た知人から、

あまりイイ感想を聞かなかったので、

期待せずに観に行きましたが、

私には、大ハマリの映画でした

実は、結構泣いてしまったのですが、

私の周囲で観てた人は、誰も泣いていませんでした・・・

人によって、好みの分かれる映画なのかもしれませんね
こんにちは (NAOKO)
2006-01-20 15:28:17
TBありがとうございました。エリザベスの価値観は、今の時代だったらあたり前なのに、当時は異色だったんでしょうね。オールイングランドロケによる映像は、旧き良き時代を彷彿させ、とても素敵でした。
はじめまして (のはら)
2006-01-20 19:30:00
「プライドと偏見」TBありがとうございました。

こちらからもTBさせていただきましたのでご挨拶に…<(_ _)>

今日は夕飯を作ったら、早速マシュー・マクファーディン出演の

「エニグマ」をレンタルしに出かけようかと(笑)
はじめまして (totoko)
2006-01-20 20:58:38
TBとコメント、ありがとうございました。

オールイングランドロケの映像、きれいでした。

エリザベスが佇んでいるあの景色に、ムアって

こういう所なのかしらと思いながら見入っていました。

こちらからもTBさせていただきますね。
のはらさんへ (あん)
2006-01-20 21:36:47
Tb有り難う御座います。わー、いいんだーあんも見たいゾ(^O^)。
totokoさんへ (あん)
2006-01-20 21:38:27
すごい景観でしたね。あの崖の上とか、行ってみたいなー。
TBありがとうございます (かの)
2006-01-20 22:18:11
本当に見てよかったと思いました。

景色もすごくすてきでしたし、建物や内装などもすてきでした。

キーラ・ナイトレイのきりっとした美人、好みのせいかハッピーエンドで一安心でした。

マシュー・マクファディンの感情を出さない情熱家、好きですね。

私も彼の出た映画もっと見たいです。
かのさんへ (あん)
2006-01-20 22:36:48
マシュー・マクファディン、渋くて素敵ですよね。笑顔が見たいわ(^O^)。現代劇が見たいです。
Unknown (Unknown)
2006-01-20 23:01:19
TBとコメントありがとうございました。テレビ版でダーシーをやったコリン・ファースのファンなんですけど、マシュー・マクファディンもよかったですね。出演作を借りてこようと思ってます。気が多いのかな(笑)
Unknownさんへ (あん)
2006-01-20 23:04:38
確かに気が多いよ(^O^)人の事いえないですけど。なんかだマシュー・マクファディンのファンが増えそうね。
TBありがとうございます (まつすけ)
2006-01-21 00:17:24
こちらからもTBさせていただいたので書き込みを。

いい映画でしたね。景色がキレイでしたし。

久しぶりに泣いてしまったような気がします…(汗)

私は、ドミノよりもパイレーツ・オブ・カリビアンとかスターウォーズのほうが印象に残ってたので、最初から大丈夫でした(笑)
まつすけさんへ (あん)
2006-01-21 08:51:58
Tb有り難う御座います。あの断崖絶壁の景観はすばらしかったですね。行ってみたいなー。
tb (がーこ)
2006-01-21 11:36:04
トラックバック、コメントありがとうございます。

もう一度原作も読みたいと思います。

でも、映画で見ると、時代雰囲気、風景など日本人には想像しにくい部分が見えて、良いですね。
Unknown (むた)
2006-01-21 12:41:26
tb有り難うございますww

『プライドと偏見』、このブログ読ませていただいてますます興味がでてきました☆

私、こーゆー時代背景の映画って好きなんです!!なにかお勧めがあれば是非教えていただきたいです(^^)
こんばんわ。 (銀杏)
2006-01-21 21:15:41
TBありがとうございます。

私も若草物語好きです。エリザベス・テイラー版ですが。^^;

では、よろしくお願い致します。
銀杏さんへ (あん)
2006-01-21 22:19:40
あんも見たよ、よかった、リズがすごっく可愛かったね。又、お邪魔しますね。
いい映画でしたね (アンちゃんパパ)
2006-01-22 14:46:47
コメント、TBありがとうございました。



こういう見ごたえのある作品が、他のジャンルでもたくさん観れたらいいですね。



こちらからもTB入れておきます。

アンちゃんパパさんへ (あん)
2006-01-22 20:34:02
Tb有り難う御座いました。又アンちゃんに会いに行きます。
大好き! (YUKKO)
2006-01-22 20:48:39
会話のセンスの良さに感激しました。一度、あんな邸宅に住んでみたいなあ。(無理かあ)原作に挑戦するつもりなんです。(日本語版ですが)
YUKKOさんへ (あん)
2006-01-22 21:11:00
素敵な作品でしたよね。あんは「高慢と偏見」という題名で学生時代に読みましたが今は「自負と偏見」だそうです。何か違和感あるなー。
コメント&TB ありがとうございました♪ (rudy1113)
2006-01-22 23:50:55
女性向けの文学作品という感じでしたねw

映像も美しかったし、

キーラ・ナイトレイが本当によかったです☆
美しかった。 (きょうこ)
2006-01-23 00:34:05
コメントありがとうございます。

映画の後で原作を読んだのですが、笑っちゃうくらい肝心の(?)シーンは遠回し~な表現で進んでゆくのですね。

時代を感じました。キスシーンすらないのも納得です。

そこがまた、恋愛の基本を表現出来るすばらしき時代なのでしょうね。
rudy1113さんへ (あん)
2006-01-23 09:06:17
ウッちゃん、じゃなかったダーシーの素顔が見たいわ(^O^)。
きょうこさんへ (あん)
2006-01-23 09:09:09
あの時代の価値観って興味深いですね。笑っちゃうくらいじゃ相当ね(^O^)。
コメント、TB有難うございます (キュブ零)
2006-01-23 20:48:23
キーラ・ナイトレイの出る映画って、恥ずかしいけど見たことなかったので、とても新鮮にこの映画に入り込めました。ロケ地行ってみたいです。
キュブ零さんへ (あん)
2006-01-23 20:58:57
オールイングランドロケ、魅力たっぷりでしたよね。あんも行きたいです。
TBありがとうです (popokaerukun)
2006-01-24 01:54:39
えー、何分にも気まぐれ更新でして申し訳ございません。久々にTBをしようと思ったら、すっかり方法を忘れていて、少し気が焦っちゃいました・・・。



何でもピシャッと言い放ってしまう次女という設定が効いてますよね。牧師からの求愛を心底から断るシーン、雨中での結婚を突っぱねてしまうシーンが、その顕著な例なんだけど、そういったシーンがあるからこそ、彼女の抱えている揺れ動く想い(強気と弱気)がよく伝わってくるんだろうなぁと。
popokaerukunさん (あん)
2006-01-24 08:28:19
あの時代、この様な自分の考えをしっかり持っていて行動する女性って少数派だったのでしょうね。
TB有難うございました (ちはる)
2006-01-26 17:35:30
ブログ初心者の為、トラックバックがどういうものか理解しておりませんで、反応が極めて遅く申し訳ございません。

それにしても良い映画でしたね。
ちはるさんへ (あん)
2006-01-26 19:38:29
とんでもないです。いらして頂き嬉しいです。又、お邪魔しますね。
綺麗な映画ですよね♪ (rinoa)
2006-01-29 18:30:35
トラックバックとコメントを初めて頂き、ありがとうございました!!

今日やっとトラックバックのやり方が分かって、こちらからも張らせて頂きました。

重ねて感謝いたします。



劇中のキーラが1人で崖っぷちで風に吹かれてるシーンがとても綺麗で大好きです!

あれは一体どこだったのでしょう?

パンフに写真は載っているものの、場所がわからないのが残念です。

では、また遊びに来ますね♪
rinoaさんへ (あん)
2006-01-29 20:45:47
あのシーン印象的でしたね。すごく素敵でした。

又こちらからも遊びに行くね。
はじめまして。 (にゃんちゅう)
2006-01-30 01:15:12
コメント&Tbありがとうございます。こちらもTbさせていただきました、初めての試みだったので、かなり四苦八苦しました(笑)

とても格調高い文学作品といった感じでしたよね。景観がとても美しく、行ってみたいと思いました。実際に見たらもっとすごいんだろうなぁw
にゃんちゅうさんへ (あん)
2006-01-30 09:05:50
早速のTb有り難う御座いました。あんもまだ新米だけど、すぐ慣れるから大丈夫。又お邪魔しますね。
いいですよね (スイ)
2006-02-01 09:18:40
TB、コメントありがとうございました^^



プライドと偏見よかったですよねw

建物とかってセットじゃなくて本物使ったらしいですね~

見てから知って^^;

もっとジックリ見ておけばって感じでしたw笑
すいません>< (スイ)
2006-02-01 09:19:51
URLのせ忘れちゃいました。

よかったらまた遊びいらしてくださいませ。
スイさんへ (あん)
2006-02-01 12:02:25
文芸作品らしい格調の高さは本物ならではではかもね。又お邪魔しますね。
最高でした (レモン)
2006-02-03 22:30:29
コメント・TBありがとうございました

久しぶりに観た映画!

「プライドと偏見」最高でした

時代背景の建物、風景の素晴らしさ、

もう一度観たいです

あの時代の女性の結婚って持参金も要るのかな?そのような話もありましたよね
レモンさんへ (あん)
2006-02-03 22:35:33
うん、あったあった、日本の結納金は男性からよね。何しろオールイングランドロケってのが見応えありましたね。
TBありがとうございます (しゃん)
2006-02-05 00:38:46
あんさんへ、TBとコメントありがとうございました!

お話は折り紙つきとしても、イギリスの風景なども美しく、素敵な映画でしたね。

こちらからもTBさせていただきました^^
遊びきました☆ (ハナ)
2006-02-06 22:35:52
TBありがとうございました。

ワタシもTBさせてもらいました~♪

あんさんいっぱい映画みてますね~

わたしの住むところに来ない映画もあると

思いますので参考にさせてもらいますぅ
TBありがとうございます (牛乳)
2006-02-07 08:41:00
音楽もすごく良かったですよね!

妹とイケメンのウィッカムさんが

行く末が気になります。

あの受け口が (groke)
2006-02-07 10:13:47
あんさん、

TBありがとうございました。

原作読み返してみようと思ってるところです。

BBCのドラマの方もなかなか面白かったですよ。(女優さんは可愛くないですが)

キーラはすごい美人なのにちょっと受け口なところがチャームポイントですよね。
こんばんは (みいみん)
2006-02-07 21:09:17
コメント、トラックバックありがとうございます。

原作、読まれているのですね。



あの時代の雰囲気が素敵な映画でしたよね。

英国風景に満足でした。
はじめまして。 (まさえ)
2006-02-12 04:35:17
TB&コメントありがとうございました。

古きよきイングランド、って感じでしたね。

キーラ・ナイトレイは初めて観たんですが、笑顔がすごくかわいらしくて。

私の中ではエリザベスのイメージは彼女で固まってしまいそうです。
TB&コメントありがとうございました! (just-like-honey)
2006-02-13 16:13:38
TBとコメント、どうもありがとうございました。

ロケに関しては、エリザベスが求婚を断ったあの場所が特に美しいと感じ、印象的でした。

キーラ・ナイトレイは、私もあの「ちょっぴり受け口」がとってもキュートに感じます。

今後も、ハリウッドの大作だけでなく、このような詩情あふれる母国の作品でも活躍を続けてほしいです。

またお邪魔させていただきます!
just-like-honeyさんへ (あん)
2006-02-14 08:55:45
いろんな役をこなせる才能豊かな女優さんですよね。活躍ぶり楽しみです。又遊びに行きマース。
TB&コメントありがとうございました (ばにー)
2006-02-14 19:24:45
こんにちは。

TB&コメントありがとうございました。

実はまだみてないんです。子供がまだ小さいので映画館にはどうも足が遠のいてますが、DVDがレンタルに出たらゆっくりみてみます。



キーラナイトレイは有名になる前にイギリスでドクトル・ジバゴのドラマ版に出てたので、私には結構古典物でもしっくり来ます。

あ、今調べたら日本でもDVD売ってるみたいです。こちらもお勧めですよ。
ウチのブログにコメントしてくれてどうも! (任務スペシャリスト)
2006-02-16 17:40:29
なかなか、いいブログですね。映画の感想に絞ったブログ構成になっているんですね。



プライドと偏見、面白い映画でした。ただ、ウチのブログで報告しているように情に訴えるような涙がこみ上げるような作品にならなかったのがちょい残念ですね。



でも、良い作品であることに変わりは無いです。いい俳優に、綺麗な映像…とても見ごたえがある映画ですね♪。
任務スペシャリストさんへ (あん)
2006-02-16 20:16:36
早速のお越しありがとう御座います。おっしゃる事よく解ります。ラストの父と娘の会話にジーンときた位だったわ。そんなにドラマティックな展開のお話でもないしね。又、お邪魔します。
次女 (美煌)
2006-02-16 23:14:04
コメント&TBありがとうございました!

次女の歯に衣着せぬ物言いが大好きですv

若草物語の次女もそうですよね~。

そして、CGを使用していない映像は、空気感がとても良く出ていてすぐに18世紀の世界に入り込めたような感じがします。

いつの時代でも恋話はドキドキしちゃいますね★
美煌さんへ (あん)
2006-02-17 08:29:36
次女について、ありがとうございます(^O^)。

オールロケがいいよね。イギリスのあの時代っていいですね。とっても素敵な作品でした。又、お邪魔しますね。
オールイングランドロケ! (tomozo)
2006-04-02 23:49:12
TB&コメント&ブックマークありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします

オールイングランドロケ、美しかったですね~。キーラ・ナイトレイもいろんな役のできる、良い女優さんですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プライドと偏見 (水泳小僧の映画日誌)
こういう映画もたまには 18世紀末のイギリスなんて、感情移入もしようがない世界。
捨てる事によって得る大切な事。『プライドと偏見』 (水曜日のシネマ日記)
18世紀のイギリスを舞台に、貧富の差のある男女の恋愛を描いた物語です。
『プライドと偏見』 (異国映画館)
2005年 イギリス 公開日:2006/01/14 劇場鑑賞06/01/19 &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; プライドと偏見 &nbsp; 監 督 :
第一印象って大切よね… (oneself)
昨日のレディースデー、「THE 有頂天ホテル」にしようかどうしようか…と、迷った挙句「プライドと偏見」を観た。 ディースデーなのに、映画館は空いてたよ、いらぬ心配しちゃうくら
「プライドと偏見」 (のはら 寄り道日和)
去年の秋からハイペースで映画のために劇場に通っている。11月から今日までで7本。もちろんもっとご覧になっている映画好きの方は沢山いらっしゃいますでしょう。でも私にとっては驚異的な数字なのだ。しかも1月に入ってから3本。どうかしてるぞオイ。 今日は「プライ
プライドと偏見 (bibliophage)
珍しくも、木曜日に映画に行った。観たのは「プライドと偏見」 キーラ・ナイトレイ、好きな女優さんだけど、最初のうちちょっとだけ違和感を覚えてしまった。澄ましてる時は確かにイメージ、でも、笑うとちょっと・
プライドと偏見 (typeM blog)
ジェーン・オースティンの代表作「自負と偏見(高慢と偏見)」の映画化。 原作は「ブリジット・ジョーンズの日記」の元ネタですよね。ドラマ化もされているとの事。 私は、原作は読
『プライドと偏見』を観ました (やっぱり邦画好き…)
 昨日は映画「プライドと偏見」を観てきました。18世紀のイギリスを舞台とした映画ですが、風景や建物など、オールロケということで、とても素敵な映画でした。会話もとても面白かったですよ。そして今までワイルドなキーラ・ナイトレイしか観たことなかったのですが、この
映画のハシゴ (M&M日記)
 今日は会社を午後休んで、映画を観て来ました。「プライドと偏見」と「キング・コング」です。「キング・コング」は3時間以上あって、2本目に観る映画としてどうかなーっと思いましたが、無事にちゃんと観られました。面白かったです。  それにしても、テストが終わった
プライドと偏見 (ginkgo)
【プライドと偏見】見てきました。(^^) お話の内容は有名な様なのであえて触れません!登場人物がみんないいです。 この映画、背景や服装、髪型、小道具、すっごく楽しめます。 DVDが出たら要チェックですね。{/hiyo_en2/} あっさりした書き込みですが、★4.5ですから。
プライドと偏見 (eclipse的な独り言)
 私の住む街の偽シネコンでは、当市在住の方に限り今週は1000円で映画が見れる
オードリーが好き[47]  プライドと偏見 後編 (赤毛のアンちゃん)
{/new_color/} 今も偏見はつきもののようですが この時代ならごくあたりまえの考え方。 でも、作品では悲愴感や暗さはなく、逆に軽妙に描くことで その背景がより強調されて見えてくる。 {/heart_pink/} 映画では、オールロケで描かれるイギリスの 美しい田舎町の風景が心
オードリーが好き[47] プライドと偏見 前編 (赤毛のアンちゃん)
{/new_color/} あまり期待もせずスクリーンに足を運んで 思わぬ掘り出し物に出会った気分になったことありますか? 今日ご紹介する映画がそれ。 『プライドと偏見』 「ブリジット・ジョーンズの日記」の基になった ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を 美しい田
「プライドと偏見」三番街シネマ (YUKKOのI LOVE MOVIES)
イギリスのジェーン・オースティン原作「高慢と偏見」の映画化です。ジェーン・オースティンの「Sense and Sensibility」の映画化「いつか晴れた日に」を見ていたので、一体どんな18世紀イギリスの恋愛物語が展開するか期待でいっぱいでした。Lov.
「プライドと偏見」ただひとつの恋 (soramove)
「プライドと偏見」★★★★ キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン主演 ジョー・ライト監督、2005年イギリス 18世紀末のイギリス、 階級社会が鮮明で 堅苦しい挨拶や言葉 そんな枠の中でも 生き生きと人物が描かれた秀作。 かんたんに男女が言葉...
「プライドと偏見」を観ました ★★★☆ (映画好きブログ)
「プライドと偏見」(IMDb) ↑のシーンにはぐっときました~~ やっぱり”女性向けの映画”って感じでしたね♪ キーラ・ナイトレイがとにかく良かった! 綺麗だし・・☆ あんど
プライドと偏見 (пролом чая)
                                  『プライドと偏見』 ●監督:ジョー・ライト ●出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ジュ
プライドと偏見 (気まぐれチャンプルー)
こんな映画が観たかったのよね・・・ 常日頃から思っている事なんですけど、恋愛映画における激しさ・・・お互いを求める情熱は、直接的な行動ではなく、相反する立場や感情の中での心理の揺れ動きでもって感じさせて欲しいなぁと。 だから、激しいキスシーンやベッドシー
はじめまして! (明日は明日の風が吹く)
今日は記念すべきブログデビューの日! 自分の日記が誰かに読まれるなんて、小学校の担任の先生と交換日記以来だなあ~。 早速、最近気になってる事からお話ししましょう。 まずは映画から・・・。 こないだの日曜日、友人と「プライドと偏見」を見に行ってきました。 見
プライドと偏見 (二度寝三度寝、日は沈む)
ツンデレキターな作品。 特に予備知識もなく観に行ったので、序盤は意味わかんなかったのですが、観終わったあとは、またじっくりと観たくなりました。 とは言っても、女性向けな映画であることにはまちがいなし。 しかし、僕は最後の方のシーンのお父さんに一番感動しま.
I don\'t belive calender... (Twinkle)
無事です管理人ですやっと年賀状手つけた。やったよ母さん、やっと年賀状に手をつけたよ。とはいっても印刷用なので企画の方の年賀は手つけてないです…! ぎゃー しかもまだ下書き。4月とかに年賀状ポストに入ってたらずびばぜん・・ 一般年賀(印刷均一絵)の絵が完成したら
プライドと偏見 (ハナ日和)
思ったより人が入ってましたね~ちょっとビックリ。主演は「ベッカムに恋して」で評価が高かったキーラ・ナイトレイ。その後、パイレツー・オブ・カリビアン、キング・アーサー、ラブ・アクチャリーなど人気急上昇中の旬な女優さんシャンプーのCM、Luxスーパーゥリーッチ!っ
プライドと偏見 (アニマルセラピー)
かれこれ一週間以上も前の話になっちゃうケド…。 予告編、駅・車内広告から「絶対見るぞ!」と思っていた。 「号泣」映画だった~~~。 「目が真っ赤なウサチャン状態」となり、すぐには電車に乗れない状態…。 クールダウンするのにちょこっと寄ったはずのビアホールで .
プライドと偏見 (毎朝牛乳マンション日記)
映画 「プライドと偏見」を観ました。 本屋で文庫本を買おうかなと思っていたら、 映画もある!とのだったのでレディーズデーに観に行きました。 中盤で震度4の地震があり、途中で映画が中断したらどうしよう!!って 感じだったけど、そのまま続行してくれて良かった
「プライドと偏見」 (grokeの部屋)
やっと見れました、「プライドと偏見」{/hikari_pink/} (ちょっとネタばれあり) ジェーン・オースティン原作のものは好きです!「いつか晴れた日に」とか「エマ」とか{/onpu/} BBC制作のドラマ「高慢と偏見」も見ました。コリン・ファースが出てるのですね。面白かったし
【review】プライドと偏見 (+α -プラスアルファ-)
【Official Site】18世紀末のイギリス上流社会。結婚が人生の全てとされ、いかに財力のある男性を捕まえられるかが女性の関心だった時代、タイトル通りプライドと偏見に惑わされつつ、真実の愛を見つける男女の物語。ってことで。ベタなラブストーリーっぽいわけですが。登場
ひさびさの大ヒット。 (食いしん坊日記)
今日は久々に映画館へ。別に予定してたわけじゃなかったけど、早めに帰れたので何か観ようかなー、と。なに観ようかなー。”プライドと偏見\"を選択。”オリバー・ツイスト”と迷ったけど、こっちは来週で上映終了になってたから、っていう理由で。この映画、”ブリジット・
プライドと偏見 (Pride & Prejudice) (Just Like Honey)
★★★☆☆(B’) プライドもいいけれど。。。 女性に財産相続の権利がなかった近代、 結婚なくして彼女らに幸せな将来はなかったという時代背景は、 鑑賞後パンフレットを読んで知った。 「それは女性にとって不幸だ(女が頑張らなきゃ)」と捉えるか、 「つまり男性の
ようやく映画鑑賞レポートだああ!! (任務スペシャリスト的ブログ)
皆さん、長~~くお待たせしました。 お待ちかねの映画鑑賞レポートです。本当は、バレンタインの日にめでたくアップする予定でしたが、この案は残念ながら失敗に終わりました…。くっそ~、同情するなら、チョコをくれ・・(←セコイやり方でチョコを巻き上げる腹黒管理人で
プライドと偏見 (MIND-BLOWING!な日々)
水曜日はレディースデーv なので、映画『プライドと偏見』を観てきました! 映画ダイスキです~♪ 有楽町の有楽座へ初めて行ってきました~。 施設はとっても落ち着いていて綺麗で気持ち良かったです! 今回観た映画の作風にも合っている感じ。 やっぱりレディースデーな
プライドと偏見 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
(英・米) [監督 : ジョー・ライト、主演 : キーラ・ナイトレイ] 視線のドラマ、カット割りの教科書にしたい
プライドと偏見 (tomozoのうれし★たのし★大好き)
ものすごく不純もしくは私らしい(^^;)動機だけど、チョコさんのレビューを読んで
プライドと偏見 (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ ジェーン・オースティン:1775年12月16日~1817年7月18日。1796年ごろに書いたといわれる「First Impressions」がのちに改題・出版され、イギリスで最も長く愛される恋愛小説と